FC2ブログ

プロフィール

河童

Author:河童
コメントをお待ちしています!

カテゴリ

あなたは何人目?

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

さもしい国

昨日、衝撃の総理「要請」を、
元M県知事とかいうえらそうな人が、
まるでタイコ持ちみたいに持ち上げていた。

なんじゃこいつ?

今は国難なんだから、
誰かが我慢しなければならないときだって?

誰が我慢するん?
誰が犠牲になるん?
政府の要人たちは何も我慢しないだろうが!
おまえもな。

我慢するのは、
犠牲になるのは、
下っ端国民じゃないか!

「国難」なんて言葉を持ち出すこと自体が怖いし、
国難って、
あんたたちのような人がいることじゃないのか?

ま、こういうしたり顔の下らないヤツもいるけど、
さすがに下っ端庶国民たちも反発したねぇ。
地方自治体の首長たちも。

ホッとした。

そう、誰でも彼でも忖度するわけじゃないんだよぉ!
少なくとも自分の身に降りかかってきたらね。

知らなかったけど政権の要人たちは、
パートの月収やカップラーメンの単価を訊かれて、
25万、400円くらいかと答えていたそうだ。

要人たちは当然のこと、
例えばあの品のかけらもない誰かの奥さんだって、
チラシを見て安いスーパーを探したことなんてないわな。

乱暴な言い方だし、
到底それどころじゃないんだろうけど、
要人たちの感覚は下っ端国民の金銭感覚の少なくとも4倍ってとこか。

子どもが家にいて休まなければならない親はどうなるの?
休んだ分の賃金はどう保障されるの?
そんなことしたらクビ切られますけど!
なんぼなんでも黙ってられへんわぁ!

うん、この国にもまだ救いがあった。

と思ってたら、
サッペから画像が送られてきた。

IMG_8330.jpg

うーむ・・・・

あの要人にしてこの国民あり、か。
ちなみにサッペが住んでるのは、
あの総理の地元だけど・・・・。
スポンサーサイト



雪不足だというのに

チケットもらってたんで、
明日、プリンちゃんたちとひらパーへ行くことになってた。

ところがチッペ母さんが体調崩し、
プリン、てんちゃんも鼻水垂らしてるってことで、
大事をとって中止。

チケットは友人にもらってもらうことになった。

午前中、届けて帰ってきたら、
TDL休園のニュース。

あらま、USJも追随するだろうし、
ひらパーも危ないかな?

さまざまな分野でこの国特有の雪崩現象が起こるだろう。
いや、もう数日前から起こってるか。


届ける道すがらに見た学校や幼稚園は、
外から見る限りではいつもどおりの姿だったけど、
先生たちはとんでもないてんてこ舞いなのだろう。

銀行が取付騒ぎみたいに異様に混んでいた。

とんでもないことになり始めている・・・・。

な・だ・れ。

千葉市長に一票

あらま、日本中の学校が休校になっちゃった。
一体どうなるのぉ?

完全にパニックだよね。

こわいなぁ。

自分の頭で考えられない、
自分のことしか考えない国民が多いから。

オイルショック、前天皇の死去、
果ては大政翼賛会なんて言葉まで頭に浮かんでしまう。

コロナに対する危機感なんてぼくにはないんだけど、
この、ヒステリックで付和雷同の日本人たちが、
この先どんなふうに転がっていくのかがこわい。


そんな中で、
千葉市長は首相の要請に歯向かって、
全面休校はしないと表明したって。

「社会が崩壊しかねません。
 医療関係職種の親はどうするのか」

どんな人か知らないし、
何を考えてるのかもわからないけど、

少なくとも、
感染が拡がっても言い訳が立つ、
治まったらお手柄にする、
どう転んでも負けのない大阪市長や日本国首長とちがって、
千葉市長の意見表明には勇気がいるよね。

その一点だけでも、
大阪市長や日本国首長よりも、
千葉市長に一票。

忖度ばやりのご時世に、
千葉市民はうらやましいなと思う。

ただし、
こういう伝聞を人に伝えるときに、
大阪人が必ず付け加える逃げの一言も添えておく。

「よう知らんけどぉ」

痛くもかゆくもないでしょ

大阪市立の幼稚園、小中学校が、
明日から2週間休校だって。

とんでもないことになったなぁ。

現場に長くいただけに、
先生たちの悲鳴が聞こえてくるようだ。

学年末評価や卒業式準備などなどの予定が、
すべて吹っ飛んでしまう。
それだけじゃないよね。

インフルエンザの流行で何日か休校するだけでも、
先生たちは大変なのだ。

もちろん働く親御さんたちも。

2週間の休校なんて、
もちろんぼくは経験したことがない。
前代未聞だろう。

感染を未然に防ぐためだそうで、
その判断がいいのかどうか、
ぼくなんかには判断できない。

でもなぁ・・・・。

すぐに現場の友人に、
お見舞いのメールを送ったら、

「現場には何の情報も下りてきていません。
 またまた報道先行です」

それはないよなぁ。

あの政党が大阪を席捲して以来、
こういう現場を無視した頭越しの決定が横行するようになった。

北海道の休校とは事情が違うし、
したり顔で発表する市長の顔を見てたら、
これまた目立ちたがりパフォーマンスじゃないのかと、
思ってしまうのは果たしてぼくの思い過ごしなんだろうか?

市長にしたら負ける可能性のない賭けだもんねぇ。

きれい好き きれい過ぎ

イベント中止だ何だと、
コロナ騒ぎをとどまるところを知らない。

花粉症のシーズンにも入って、
マスク不足は深刻なようだ。

ぼくは教育現場にいたときからずっと、
あまりにも清潔志向の強いこの国は危ういと思ってきた。
親御さんがどんどん神経質になっていってたから。

洗浄されたお盆の上に落とした給食さえ食べてはいけないとか、
遠足で草笛なんか鳴らしてはいけないとか。


昨日テレビで言ってた。

子どもの花粉症が急増してるって。

花粉症を食い止める細胞は、
ばい菌ともつきあわないと体内に生じないんだって。

やっぱりねぇ。

ま、清潔な環境でいいことももちろんあるんだろうけど、
何ごとも行き過ぎちゃダメなのよ。

ヒステリックなこの国のことだから、
これからどうなっていくのか、
ちょっと不安だね。

お届け物です

朝早く、カッペに起こされた。

てんちゃんが高熱を出して、
病院に連れていきたいので明日レスキューを頼めないか?
という連絡が夜中に入ったのだそうだ。

おお、望むところだ。
勇んで連絡したら、
熱が下がってきたので、
できればこのご時世に病院へは行きたくないし、
様子を見るので急がなくていいと。

それならとのんびり家を出て、
いつもの時間に着いたけど、
幸いてんちゃんは落ち着いており、
病院へは行かないと。

それはよかった。
てんちゃんの熱のおかげでプリンちゃんに会えたし、
バレンタインに卒業生三姉妹からいただいた、
ふたりへのプレゼントも届けることができた。

IMG_8309.jpg

そら、うれしいわなぁ、プリンちゃん。
まだちょっと大きいけどさぁ。

IMG_8312.jpg

てんちゃんもお気に召したようで、
さっそくガシガシとムキになってかじってた。

もうすぐ歯が生えそうなので、
正に今が旬のプレゼント。

IMG_8314.jpg

プリンちゃんとたっぷりくっついて遊び、
4時前にはさよならしたけど、
そのころにはてんちゃんも平熱に下がっていて、
よかったよかった。


それにしても、
京都行の京阪特急はいつもすごく混んでるのに、
今日はガラガラだったよぉ。

ぼくは座って行けたからよかったけど、
コロナ騒ぎ、早くおさまるといいねぇ。


時よとまれ

プリンちゃんがホッキョクグマ描いたんだって。

A76F7731-799F-4DA3-A96C-06D9443FEDD7.jpg

おぉ!

正にホッキョクグマ。
んで、かわいー!

でも、もう一度描いてってお母さんが言ったら、
どう描いていいかわからなかったそうだ。

そっか、ちっちゃな子って、
頭で描いてるんじゃないもんね。
きっとインスピレーションが舞い降りたんだろう。

だからこそちっちゃい子って、
一瞬一瞬が貴重だ。

続・続なっちゃんの酒じゃなくて紙

那覇の美栄橋に行きつけのスナックがある。

若いママさんがもっと若いころ、
お母さんの居酒屋でバイトしてたころからのおつきあい。
そのママさんからメールが届いた。

なっちゃんの個展会場は近くなので、
「是非伺わせていただきますねー♫」って。

ありがとー!

美栄橋の「DEAI」は、
どんだけ飲んでも歌っても3000円ぽっきり。
メッチャいいお店なんで是非!

ぼくの紹介だと言ってもらったらもれなく、
「まぁ、うれしい!」と言ってもらえます。


さっきは宮里榮光さんご夫妻からお電話いただいた。
メールをいただいたけど、
返信するより声を聴きたかったのでと。

宮里さんって、
映画やNHKの大河ドラマにも出演してた大物芸能人だよぉ。

ただいま足を傷めて療養中とのことで(お大事に!)、
個展に行けるかどうかはわからないけど、
那覇の友だちにはあちこち電話しておきます、と。

ありがとうございます!


なっちゃんの個展のために、
少しでも役に立ちたいと思って友人たちに連絡し、
最低数名の動員は確保した。

でも、そんなことより、
なっちゃんの個展のおかげで、
普段ご無沙汰してる人たちと久々にコンタクトすることができて、
こっちの方がいい思いをさせてもらったよ。

なっちゃん、ありがとー!

既にもう、
個展は大成功だぁ。

メダカ異変

お子様水槽で卵か孵化しなくなってかなりたった。

あれだけ賑やかだった水槽に、
今は「小学生」に育った3尾が泳ぐのみである。

原因究明のためというか、
最初の方法に戻り、
小さな容器の中に卵を入れて孵化させてみることにした。

ところが一昨日採った卵30個ほどが、
今日見ると全部腐ってた。

ええーーーっ!

IMG_8305.jpg

そんなことありえないでしょ。
ご覧のようにエアレーションまでしてたのに。

水槽の中には小学生が元気に泳いでいるのだし、
水質のせいではないことは明らか。

やっぱり卵の方に問題があるのだろうか?

これはさらに調べてみなければならないが、
さて、何をどうしてみたらいいのやら・・・・。

続・なっちゃんの酒じゃなくて紙

なっちゃんの個展のこと、
沖縄の友人何人かにメールで知らせた。

「できたら行ってあげてぇ」

IMG_8302.jpg

そしたら那覇に住む友人からすぐに電話が入った。

なっちゃんとは鳩間で出会ったけど、
そのもっと前に、鳩間で出会ったおじさん。

鳩間小中学校で先生してた人だ。

今は那覇で先生してるけど、
ものづくりや和紙に興味があるんだって。

ということで、
ぼくの名代として個展に参加してもらうことになった。

ぼくが行けないのは残念だけど、
こうして人がつながるのってうれしい!

とっても幸せな気分。

ホッとライン

2日続けてプリンちゃんの夢を見た。

しばらくテレビ電話もかかってこなかったから、
もう1週間以上顔を見てなかったんだよね。

欠乏症にかかってたかな?

今日久しぶりにライン電話がかかってきた!

ぼくの顔を見て、
プリンちゃんとってもうれしそう。

ふたりで季節外れの、
クリスマスごっこをした。

IMG_8301.png

今さらながらに、
便利な世の中になったもんだと思うけど、
あぁ、でも、会いたいなぁ・・・・。

なっちゃんの酒じゃなくて紙

鳩間島でなっちゃんと会ったのは、
2011年の夏だった。

まだあどけなさも残る大学生だったよね。
メグと3人、とってもなかよくなった。

我が家にも遊びに来てくれたっけ。

それから月日が流れ、
彼女は消滅の危機にあった琉球和紙と出会い、
その再興を夢見て沖縄に渡った。

でもまるで何かのドラマのように、
絵にかいたような苦闘が続いたよね。

最後に会ったのは、
一昨年、那覇で飲んだときだったかな。

そのなっちゃんから葉書が届いた。

IMG_8293_20200222110720aee.jpg

わぁ!
すごい!
うれしい!

最初から、その辺の若い女の子とは違うって感じてたけど、
こんなに芯の強い女性だとは思ってなかったよぉ。

夢に向かって着実に歩いて行くなっちゃんの姿は、
まぶしい。

うーん、残念ながらぼくは見に行けないけど、
誰か代わりに行ってくれませんか?

きっととっても素敵な個展だと思いますよ!

大阪嫌い

おもろかったな、これ。

IMG_8291.jpg

作者の名前も全く知らなかったけど、
図書館の「大阪を舞台にした書籍」コーナーで目に付いた。

見るからに人情もので、
その通り、
新世界の外れを舞台にした人情物語だったけど、
ええもん読んだなぁ、という読後感。

ぼくは大阪嫌いをいつも吹聴してるけど、
やっぱり大阪が好きやねんなぁ。

しみじみそう思た。

そうか、
今の大阪が嫌いなだけなんや!



My sunshine

あまりにも天気がよかったから、
しょぼくれていたベンケイソウを日向に置いた。
しっかり太陽を吸収しな。

ついでにテラスにデッキチェアをひっぱり出した。
今年初めての日光浴読書。

全身に光を浴びて、
気持ちいいーーーっ!

何もかも吹っ飛んで幸せな気分になる。

すごいな、太陽って。

すぐに半袖姿になった。

南の島が恋しいね

1月下旬、
暖冬のおかげで野外のベンケイソウが元気がと書いた。

IMG_7913.jpg

でも、それから急激に冷え込んで、
雪が降ったりしたよね。

で、かわいそうに、
こんなふうに痛んできた。

IMG_8282.jpg

屋内に入れてあげたらいいんだけど、
がんばってひと冬越してほしいという思いもあって、
そのままにしている。

3月もそこまで来てるよ。
もうすぐあったかくなる、
がんばってー!



風評命

とある自治体に務める知人から愚痴メール。

新型コロナ感染者が出た自治体とだけ言っておくね。

ふるさと納税の返礼品を拒否する動きがあることは報じられてたけど、
その拒否の仕方がひどいのだそうだ。

これも差しさわりがあるといけないので、
具体的な話は書かないでおくけど、
とにかくあきれるほどひどいのだ。

まぁ、お好きになさればいいけれど、
ふるさと納税が得だと知れば我先にと殺到し、
コロナ騒ぎが起これば返礼品からも飛んで逃げる。

ホントに自分のことしか考えてないんだね。
考える頭もなく、
恥も外聞もなく、付和雷同。

下品としかいいようがない。

下品な政権をいただいてるから、
こんなことになっちゃうのかな・・・・。


続続・罰ゲームか!

先ほど聞いた、うれしい話。

孫のそーちゃん(小3)のクラスでは、
しゃべり過ぎて時間内に食べ終わらないので、
無言ではないけれど、
全員が前を向いて(授業時と同じ形かな)
給食を食べることになっていたそうだ。

けれども、
しゃべる子は後ろを向いてでもしゃべる。
今はインフルエンザもはやってないからと、
そーちゃんは単身、先生に交渉を繰り返し、
机をグループにして食べるという、
元の形を取り戻したそうだ。

そのとき、クラス中から喝さいが起こったとか。

そーちゃん、すごーーーーい!

さすが我が孫。
なんて言うつもりはないけど、
ただの「じじバカ」じゃないよね?

ぼくが元教員として求めるのは、
こういう子なのだ。

そうした子どもの意見を受け止める先生も、
本来それが当たり前のことだけど、
だんだんレッドデータになってきてるから、
素敵だと思う。

そーちゃんは決してリーダー格にある子ではないと思うけど、
これまでにも何度か、
自分の思いをしっかり先生に伝える努力をしてきた。

それは何よりすごいことで、
まぁ、忘れ物が多かったり
授業への集中が十分でなかったりはするみたいだけど、
そんなことより何より、
自分の思いを発言していく姿勢が素晴らしい。

この国の物言わぬ人たちに見習ってもらいたいほどだ。

どんなことであれ、
自らの思いをきちんと発言していくこと、
それこそが戦争への道を断ち切る、
一番の方策なのだから。


そーちゃん、
あなたはぼくの自慢です!
メッチャ、誇らしいです!

続・罰ゲームか!

このブログ書いたらツイッターとかインスタに、
自動的にアップされる設定にしてるけど、
このブログだってそっちだって大して読まれてるわけじゃない。

ほとんど反応もない。

そんなことはあんまりどっちでもいいんだけど、
反応が大きかったらうれしいよね。

無言給食、掃除がおかしくないか?って記事に、
あろうことか12も「いいね」がついた。

そんな数字をあんまり気にしてないからわからないけど、
多分、河童のひとりごと史上最多じゃないかな?

それに後押しされたわけじゃないけど
(いや、思い切りされてるやろ)
もうちょっと書く。


車が通るはずもない狭い交差点の、
赤信号で立ちすくんでいる中高生をよく見かける。

それはまちがいなく正しい行為なんだけど、
でもなぁ・・・・と思う。

それなりに判断することがあってもいい歳なんじゃない?

ルールや規則にただただ従う若者って、
不道徳なことを言うようでお叱りをうけるかもしれないけど、
それでいいのかなぁ?と思ってしまう。

それは、
従順さを求める学校教育の結果なんじゃないか?

昨日、
元同僚の若い先生たちが集まったけど、
無言給食や無言掃除は
その方が先生が楽だからだとみんな言ってた。

同感である。

そんな教育現場で従順に育てられた子たちは、
一体どんな「個」を育んでいくんだろう?

ブルース・リーの
「考えるな。感じろ」という有名なセリフがあるけど、
今の教育はうたい文句とは裏腹に、
「考えるな。感じるな」と言っているみたいだ。

そして考えない、感じない人間というのは、
権力者にとって最も都合のいい国民の姿なんだよね・・・・。

永遠のメグ

今日は静岡に流出するメグの、
歓送会「晴れやかに大阪を出ていかん会」を
我が家で行った。

メグは家族3人で参加の予定だったんだけど、
残念なことに、
みーちゃんの体調不良でメグひとりの登場。

でも、メグとの別れを惜しむ、
10人が集まって、

IMG_8263.jpg

みんなかつての同僚だけど、
数年ぶりだったりする人も多かったんで、
これはメグがつないでくれた再会だよね。

河童家初めての人は、
泡盛博物館の見学ツアー。

おおーーーつ!

みんなびっくり感動してくれて、
中には30度から60度まで4種飲んだ人もいました。

IMG_8264.jpg

泡盛たちも、
珍しく若い女性たちの訪問に度数上がってた。


さて、近況報告やら何やらのうちに、
記念の色紙も仕上がって、
贈呈式。

IMG_8266.jpg

帰りのバスの中で、
メグは何回も読み返したという。

IMG_8270.jpg

ついでに言えばこれはiPhoneのライブカメラで撮ってたんだけど、
散会したあと、その画像を贈ったら、
とっても古いiPhoneを使い続けているメグは、
動く画像にびっくりして感動してた。

昔のiPhoneにはその機能はなかったんだ。
けど、動く画像は見れるんだ。


中盤は唯一参加のお子様、
4歳の鈴木はるくんが盛り上げ、

IMG_8273.jpg

全員が教員だから教育現場の現状に熱い議論もあり、
終盤はギターや三味線、ピアノのぐだぐだコラボで盛り上がり、

終わった。

決してこれが最後じゃないけど、
メグとはながーいハグ。

メグってどこのどんな境遇でも誰にでも愛されるから、
心配はしてないんだけど、
静岡は鳩間の廣子さんの地元だし、
ぼくの敬愛する同業者のヒロくんもいる。

狭い日本、
どこに行ったって必ず誰かとつながるもんさぁ。


古い歌をまた思い出した。

♫さよならは別れの言葉じゃなくて
 再び会うまでの長い約束・・・・

だよね。

メグ、しゅんくん、汀ちゃん、
とりあえず元気で!

そのうち旅の途中で会いに行くさぁ。

罰ゲームか!

給食を無言で食べる、
という学校があることは知ってたけど、
近頃、
掃除を無言でする学校が増えているという記事を読んだ。

もちろんいろんな考えや理論があって、
そういうことが行われているんだろうけど、
個人的には、
元教員として想像するだに不気味である。


授業中もワイワイガヤガヤ、
それが河童組の日常だった。

子どもたちをしばるようなルールや規則はできるかぎりつくらない。

学校って、
楽しい場所であるべきだと思うから。

それでも締まるときはちゃんと締まってたよ。


無言の食事、
無言の清掃、

それで何かが得られるとしても、
楽しくはないんじゃないかなぁ?
子どもたちの顔は生きてるのかなぁ?

人気のおかずのじゃんけん争奪戦で盛り上がるとか、
牛乳の早飲み競争をして吹き出すヤツがいたりとか、
大嫌いな野菜をひと口食べた子に喝さいが起こるとか、
ほうきでちゃんばらしてる悪がきをコラーッ!って追いかけまわすとか、
体育館の床拭きレースで大騒ぎしたりとか、
そんなとき、
子どもってホントにいい顔するんだよねぇ。

どんなことでも遊びにしてしまう天才の子どもたち、
給食や掃除なんかその才能が発揮される最高の場なんだけどなぁ。


無言の食事、
無言の清掃、

ふと刑務所や軍隊を思い浮かべてしまうのは、
きっとぼくだけじゃないよねぇ?

どうもこの国はおかしな方向に走っている気がしてならないな。

わたしはあせらないの

プリンちゃんは今日、
1日遅れのバレンタインスイーツづくりをしたそうな。

DCBAD413-2EA8-484A-899E-EF36EC3C3B85.jpg

さて、どんなのができたのかな?

617E076C-4763-4947-8B9B-9AE6D29B9F37.jpeg

おじーちゃんもいただきたかったです。

ひと粒で三度おいしいバレンタイン

またプリンちゃんは甘い思い出を残して帰って行った。

例によって未練たらたら、
テンションだだ下がりでボーっとしてたら、
あぁ、全く忘れてたよ。
隠遁生活のじじいには無縁のバレンタインデイ。

でも、ドーンとでっかいプレゼントが、
今年も卒業生三姉妹から届いたよ!

IMG_8250.jpg

コーヒーカップを添えたんで、
デカさがわかるでしょ。

何ごとだ?
そそくさと開けてみたら、

まずはてんちゃんに、
あぁもうすぐ買ってやらないとと思ってた、
こんなプレゼント。

IMG_8254.jpg

さらにプリンちゃんには、

IMG_8252.jpg

おぉ、ど真ん中。
いろんなプリンセスをめぐりめぐって一周回り、
今はエルサ命のプリンちゃん。

常に連絡をとり合ってるわけでもないのに、
熱心にブログを読んでくれてはるから、
こんなどストライクが投げ込めるんだよね。

そしてぼくには、

IMG_8253_20200214161131bc4.jpg

河童の本名を知ってる人はニヤリだろうけど、
これまた、これしかない!のプレゼント。

せっかくのプレゼントが、
プリンちゃんたちとすれちがいになってしまったのは
何とも残念だったけど、
枚方を訪ねる口実をもらっちゃったかな?


いつもぼくなんかのことを
心の隅っこに置いてくれてはるからこそのプレゼント、
プリンロスでぽっかり空いた心の穴を、
余るほど埋めてもらいました。

ホントにホントにありがとう、三姉妹!!!

妹ふたりはまだ飲めないけど、
長女さんとは久々に飲みたいなぁ。
遊びに来て!

勧誘失敗

ねぇ、うちの子にならない?

どうしても離れがたく、
プリンちゃんを勧誘してみた。

お母さんに制限を受けている動画も見放題、
同じく制約されているグミとラムネも食べ放題、
ご飯のときに叱られる好き嫌いもし放題、
大好きなイチゴも毎日食べさせてあげる。

と、破格の条件提示をしたんだけど、

「おかあさんといっしょだったら」

って、
おかあさんはもともとぼくの子ですからぁ。

結局色よい返事はいただけず、
勧誘失敗。


夜、ぼくに抱き着いて寝ようとするプリンちゃんを、
またしつこくくどいたけど、

「でも、やっぱりそれは無理よ。
 わたしもおじーちゃん大好きだからこまるけど、
 また来るから、
 おじーちゃんも私が枚方のおうちにいる間がんばってね!」

はい、すみません、
そうします・・・。

IMG_8221.jpg
 

早すぎる夏

昨日、プリンちゃんたちがやってきた。

「おじーちゃん、来たよー!」

IMG_8179_20200213171553e52.jpg

わぁ、会いたかったよー!
ハグハグハグ!


今日は部屋で水遊びしたり、

IMG_8184_202002131715544e5.jpg

屋上でお母さんに水鉄砲攻撃したり。

IMG_8199_20200213171556bd8.jpg

2月だってのに夏の風情。

日向は暑いくらいだったもんねぇ。





酔狂な人?

一昨日は「建国記念の日」だった。

マスコミ情報では、
保守反動派が主催したイベントに1200人、
この祝日に反対するイベントには200人(いずれも主催者発表)
が集まったという。

単純計算で、
この祝日を問題視する勢力は賛成する勢力の6分の1しかいない。

でも2月11日って、旧「紀元節」、
軍国主義の支柱となった国家神道で、
初代神武天皇が即位したとされる日である。

だから軍国主義を排除しようとしたGHQは、
戦後、この「紀元節」の祝日を廃止させている。

その後、国粋主義者たちが「紀元節」の復活に動き、
それを危険な動きだとした反戦民主勢力が激しく抵抗した。

結局紆余曲折を経て「建国記念日」は
「の」を入れて「建国記念の日」にするという妥協案で成立し、
現在に至る。

もうそんな古い論戦など知る人も少なくなった。
高齢者社会だが、高齢者たちは無責任に忘れている。

大阪の教育現場は、
「建国記念の日」制定以来ずっと、
この祝日が戦争につながるものだと反対し続け、
この2月11日には人権教育の研究大会をぶつけていた。

けれども時は流れ、
教員の意識もどんどん低下、保守化、
あるいは無関心化し、
勤務が休みの日に1日中研究大会に参加するなどという、
「酔狂」な教職員は激減した。

今は大阪市でも極めて安易な形での開催となり、
それでも人権教育をテーマにした大会の参加者は、
「そういうのが好きな人」たちの集まりになり下がっている。

職員会議でもかつてあった議論は姿を消し、
上からの伝達・指示に物言わず従うというのが常態になっているのだそうだ。


この国の現状を見ると、
右傾化が進み、無関心層や諦め組、すりより組が
国民をバカにした政権を支えている。

現状追認が大好きな国民たちは、
おかしなことに対して声を挙げることも、
政治的な議論をすることもしなくなった。

そんなことをするのは「酔狂」な変人たちだけである。

先日、
アウシュビッツ強制収容所の解放75年の式典で、
生き延びた元収容者が、
「アウシュビッツは突然空から降ってくる」
と警鐘を鳴らした。

声を挙げる人、
真剣に考え、憂慮し、議論する人を、
「酔狂」な人にしているこの国にも、
そのうちアウシュビッツは降ってくるかもしれない。

少なくとも暗雲は立ち込めている。

と、ぼくは感じている。

注;この記述は極めて個人的な感覚・認識によるもので、
  正確さを欠いている可能性があることは告知しておきます。

多部未華子いい!

ちょっと調べたいことがあってyoutubeで検索かけてた。

そしたら何のつながりだったのか、
多部未華子の動画がリストにあがった。

多部未華子っていわゆる美人女優ではないんだろうけど、
ぼくは、ファンとは言わないけど、結構好きだ。

しかも「悲しくてやりきれない」を歌ってるという動画。

「悲しくてやりきれない」は、
中学生時代の淡い恋愛の思い出とともに心に残っている、
フォーククルセダーズの曲なんだよね。

興味をひかれて見てみた。

https://www.youtube.com/watch?v=VftX7xhae8I

ま、決してうまいとは言わないけど、
多少の身びいきもあってか、
透き通った耳に心地よい声、
音程もしっかりしてる。

つい釣り込まれて、
さらに彼女の歌う「見上げてごらん夜の星を」
「真っ赤な太陽」「帰り道」も聞いてそう思った。

女優さんだと思ってたら歌手もやってたんだ。
そう思ったけど、
違った。

「怪しい彼女」という映画の中で歌うために、
ボイトレして初挑戦したのだとか。

いやいやそれにしたら大したもんだわ。

役者さんってすごいね。
多部ちゃんのファンになったかも。

春の日

立春を過ぎたとは言え、
とても2月だとは思えない。
まるで4月だよね。

IMG_1263.jpg

今日もメジロとスズメはなかよしなかよし。

メダカ異変

6尾の親魚で
毎日50個ほどの卵を産んでいたメダカたち、
近頃は20ほどしか産まなくなった。

また、
採取した卵をひと粒ずつに分離するため、
紙の上でコロコロ転がす作業をするんだけど、
それで簡単につぶれる卵がふえてきた。
そんなことまずなかったのにな。

さらに、
採取した卵を入れているお子様水槽では、
小さな幼児の姿がほとんど見えなくなった。
つまり孵化していない。

どうなったんだろう?

春になったら元の池に放流するつもりだけど、
その分は十分過ぎるほど確保できてるし、
むしろこれ以上殖えたらどうしましょう、
って感じだからかまわないんだけど、

この異変、
ちょっと気になるなぁ。

なごり雪

レスキュー最終日。

午前中は近くの公園に行ったんだけど、
さっむーーっ!

この冬初めて震え上がったよ。
ほら、雪が降って来た。

IMG_8168.jpg

枚方は2回目らしいけど、
ぼくはこの冬初めて雪を見たよ。

IMG_8173.jpg

でも、なりきりエルサの熱唱に雪はうってつけ。

IMG_8169.jpg


さて、4時前になり、
プリンちゃんのお父さんも出張から早く帰ってきたので、
晩ご飯もプリンちゃんと食べて帰る予定だったけど、
ぼくのお役目は終わりかな。

そんなことを思ったとたん、

「帰っちゃダメ。はなれたくないの!」

って、
プリンセスドラマの影響で言い回しはいつも芝居がかってるけど、
思い切り決意がぐらつくよねぇ。

でも、あとはどうぞ家族水入らずで。

2日間、お母さんもいっしょに寝てるのに、
ぼくにしがみついて寝てくれたプリンちゃん、
それだけで大満足ですよぉ。

「大阪にまた来てね」
「うん、来る!」

最後は笑顔で見送ってくれました。

どうかプリンスの方も

今日は午前中、
てんちゃんとふたりでお留守番。

IMG_8152.jpg

「よくわらうようになったでしょ?
 でも、プリンおねえちゃんのファンはいても、
 まだぼくのファンはいないの。
 よろしくねぇ!」

一方、
プリンお姉ちゃんは、
新しい「リュック」がお気に入りです。

IMG_8153.jpg

なかよし姉弟です!

IMG_8157.jpg

涙はどこ?

枚方まで子守りレスキューに来てます。

今日はプリンちゃんと市民の森公園で遊びました。

IMG_8144_20200207182933b5a.jpg

この公園はよく手がかけられてるけど、
梅もきれいだねぇ。

IMG_8147.jpg

展示室にはお雛様がいっぱい。

IMG_8146.jpg

プリンちゃんは
「泣いてるのはうれしいからよ。おじーちゃんが大好きだから」だって。

もちろん、
何かのセリフの転用で、
涙なんか出ておりません。

でも、相変わらず大歓迎のべったりです。

日経平均

コロナ騒ぎは世界中に拡がり、
一時は株価も下がり続けてた。

ところが一転上がり始めたね。

一体何がどうなってるのか、
ど素人のぼくには全く読めないけど、
ニューヨークでもEUでも、
上海でまで上がって、
今日は日経平均も予想外に跳ね上がった。

コロナ騒ぎで下がったおかげだから、
亡くなった方や困っている方々には申し訳ないけど、
ありがたいお小遣いゲット。

まだデビュー2か月だけど、
無収入のはずのぼくが、
先月は黒字、
今月もそうなるよ。

引きずり込んでくれたぴがしに感謝だけど、
よかったらあなたもやってみます?

何の知識もいりませんよぉ。

プリンちゃんの絵

これは昨日、
プリンちゃんが描いた絵。

IMG_8134.jpg

それなりの形で描いた初めての絵かも。

恐竜好きのプリンちゃんは、
エラスモサウルスを描いたという。

エラスモサウルスって、

Elasmosaurus2[1]

こういう形の首長竜だから、
全く写実的ではない。

でも、
何とも言えない線じゃない?

ぼくは以前、
黒田征太郎さんとお会いすることがあって、
彼が目の前で壁にササっと
クレパスで描いた絵を目の当たりにしたことがあったんだけど、
それに感動したことを思い出した。

いえ、
プリンちゃんがすごいとか言いたいわけじゃない。
幼児の描く線ってすごいなと思っただけ。

もう一度、拡大したのを見てね。

IMG_8135.jpg

心があったまるような、
何とも魅力的な線描じゃない?

子どもはほっといたらみんな天才なんだ。

そんな才能を大人たちがつぶしてしまうんだけど、
逆に考えたら、
天才的な幼児の線画を描ける黒田さんって、
それこそ天才なんだねぇ。

コロナよ去れ!

横浜港沖で豪華客船が立ち往生してるんだね。
感染が確認され、
14日間の足止めだって。

ぼくなんかはそんな旅など頼まれてもしたくないし、
したくても縁のない話だけど、
下司な貧乏人としては正直なところ、
あまりお気の毒感がつのってこない。

でも、
ぼくも常に服用している薬が切れかかって、
長旅を終えたことがある。
予定外の延長で命に関わる人も出てくるだろうな。

爪に火を点すようにして貯めたお金で、
ついに念願かなって船に乗った人もいるかもしれない。

まぁ当然医療スタッフも乗ってるだろうし、
食料なども保証されてるんだろうけど、
2週間も船室に閉じ込められるって、
それだけできついわなぁ。

あれこれ想像してみると、
やっぱりお気の毒。

大小とりまぜ、
これ以上悲劇が拡がらないうちに、
コロナ騒ぎ、
早く終息してほしいですよね。

とっても素敵な島だったから

昨年6月にお邪魔して心惹かれた、
口永良部島で噴火があったんだね。

ぼくが行ったときも、火口が赤く燃えてたけど、
7000メートルまで噴煙が上がったって。

幸い集落に被害はなかったみたいだけど、
それなら在島して、この目で見たかったなぁ。

って、
島の人たちはそんな気楽なこと言ってられないよね。

届けてくれるほどのものでもなかったぼくの忘れ物を、
わざわざ出航前の船まで届けてくれた民宿のおばさんや
秘湯まで車で送ってくれた銭湯のお兄さん、
いっぱいお話を聞かせてくれた酒屋のご夫婦、
みんなとってもやさしかった。

ご無事を祈ります。
どうか静かにおさまりますように。

やればできるじゃない

好き嫌いするならパンはあげないよ!

お豆を無視するスズメたちを、
ぼくも無視してやった。

そしたら、お!
渋々って感じでお豆に近づいてきたぞ。

IMG_8128.jpg

スマホかまえてたら、
ずいぶん思案したあとに、

つついた!

IMG_8130.jpg

そしてしばらくしたら、
お豆はきれいになくなっていた。

よしよし、いい子だ。

パンをいっぱいまいてあげました。

スズメに豆鉄砲?

スズメたちが食べるかなと思ったけど、
プリンちゃんがまいたお豆、

IMG_8126.jpg

スズメたちは全く無視だ。

硬いからかな?

でも、つついてもみないからわからないよね。

下手にハトなんかきたら困るから、
片付けてほしいんだけどな。

豆まき

昨日は節分。

晩ご飯のあと、

「おじーちゃーん、豆まきしよー!」

IMG_8104.jpg

プリンちゃんは鬼がとっても怖いので、

IMG_8109.jpg

家じゅうの窓を回って、
ひと粒ずつ入念にまきました。

IMG_8113_20200204115231d5f.jpg

右手にマスを持ってるから、
サウスポーですな。

まごまごする

プリンちゃんたちが帰り、
「孫未練」なんて書いたのは一昨日のことだったけど、
昨日もう、
またプリンちゃんがやって来た。

お母さんの身体に気になることが見つかり、
今日府立病院へ行くからだそうで、
診察が終わったらまたすぐ帰っちゃうんだけど。

家が近くなったからちょくちょくやってきてくれる。

7日から3日間は、
ぼくが枚方へレスキューに行くことも依頼されている。

しょっちゅう会えるのはうれしいし、
またすぐ会えると思うとロスの痛みは小さいけどさ、
逆に言うと、
軽いロスが何度も繰り返されるってことで、
なかなか気持ちの落ち着く暇がないんだよね。

複雑なじーちゃん感情、
困ったもんだ・・・・。

ウィルスよりタチの悪いもの

そういうことになるんだろうなぁと懸念してたけど、
やっぱり出たね。

新型肺炎をめぐって
中国人やアジア人に対する差別的な言動が。

ぼくはこうした感染症には無頓着な方だけど、
先日動物園へ行ったとき、
園内はマスク姿の中国人だらけで、
プリンちゃんを連れてるし、
さすがにちょっと気になった。

狭い室内展示場でご一緒したくはなかった。

だから昨今の状況をとやかく言う資格はないんだけど、
この中国人やアジア人に対する騒ぎの根底には、
ウィルスだけじゃなくてもっと根深いものが、
あるよね?

正直、自分の中にもないとは言えないかも。

でもそういうのと、
闘っていかないとダメだよね。

せめてこの国の人たちが、
冷静でいてくれることを願う。

無用の長物

どこにでもある標識だけど、

IMG_8097.jpg

これ、長居公園の外周道路にあったんだよ。
車両進入禁止の。

たまに公園事務所の車や業者の車は見かけるけど、
最徐行。

事故が起こったなんて話は聞かないんだけど、
これ、いりますかねぇ?

孫未練

未練がましく、
孫たちのスナップを。

IMG_8071.jpg

そーこーのお父さん、
乳飲み子は懐かしいのかな?

IMG_8059_20200202171833f82.jpg

そーこーのお母さんも同じくらしい。

IMG_8079.jpg

こーにーちゃんは変わらずにやさしい。

IMG_8080.jpg

そーにーちゃんはさりげなく気配りするようになった。

IMG_8093.jpg

けどふたりの遊びが白熱すると、

IMG_8083.jpg

なかまに入れてもらえず、
お得意の「すねパンダ」ポーズ。

あぁ、早く春休みにならないかなぁ・・・・。

祭りが終わったあと

お義父さんが与えてくれた楽しいお祭りもおしまい。

総勢10人でにぎやかにお昼を食べ、
3時過ぎにそーこーたちは
「また春休みにねぇ」と言いながら山口へ。

夕方早くにプリンちゃんたちは、
「おじーちゃん、また来てね」と枚方へ。

カッペとふたりきりになって、
一気に火が消えたような我が家。

さびしいなぁ・・・・。

例によって、
何もする気にならないよ。

ギリギリGUYS

さて、法要が終わって帰宅したら、
そーこーやプリンちゃんたちと遊んで、

もうひとつの楽しみは、
ギリギリGUYSの飲み会。

ギリギリGUYSというのは、
婿殿ふたりとぼくと3人で結成した、
義理の関係のグループだけど、
めったに3人がそろうことはない。

孫たちとの遊びも楽しいが、
この飲み会も楽しいんだよねぇ。

ただ昨日は昼からずっと飲んでたし、
ぼくは最後までつきあうことができず、
一足お先におやすみなさい。

歳をとったなと思いながら眠った。

一周忌

昨日は義父の1周忌。

失礼ながらぼくはこういうのが大の苦手だけど、
そーこーやプリンちゃん、てんちゃんも一緒だからいいさ。

プリンちゃんのおじーちゃんブームは続いているようで、
ぼくに引っ付き回ってくれてたしな。

お義父さん、
空の上でもカメラを構えておられますか?

ゆっくり楽しんでくださいね。
そして、孫やひ孫たちを見守ってやってくださいな。

| ホーム |


 BLOG TOP