FC2ブログ

プロフィール

河童

Author:河童
コメントをお待ちしています!

カテゴリ

あなたは何人目?

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

まさか・・・・

朝、起きたらチッペが、

「首里城が燃えてる!」

衝撃だった・・・・。

首里城

言葉が出ない。


ノートルダム大聖堂の炎上は春のことだったか?

あのときは正直よそ事だったんだけど、
首里城は・・・・。

最後に訪ねたのは昨年、
のぶりんとぴがしと3人だったっけ。
雨の中。

あぁ、あの雨が今日降ってくれていたら・・・・・。

・・・・・・・。

・・・・・・・。
スポンサーサイト



わらわら

こんなお店に行ってきた。

IMG_6917.jpg

ぴがしの家なんだけど、
玄関に「本日貸し切り 河童様」のお札も。

ぼくは21年ものの「どなん」を持ち込み、
彼は得意の手料理でもてなしてくれた。

仁淀川以来のさし飲み。

彼は急展開していた。

仕事を辞めると決めた彼の、
そこに至るまでの話を聞きながら、
のんびりと飲んだ。

彼は画家として生きていくことを決意し、
すべてがそれを祝福するかのように、
偶然とは言えないようなつながりができ、
次から次へとサポートの手が差し伸べられたとか。

いいねぇ。

無芸大飲のぼくとちがって、
才能があるって。

正直、危うさを感じなかったわけじゃない。

でも、とことん自分を肯定的にとらえられるって、
悪くないじゃない。

「流れに乗ったらいいよ」って言った。

もう、いや今は、
ぼくなんかにサポートできることはないだろう。

まぁ、また、もし、
わらにでもすがるような事態に陥ったら、
ぬぼっとぼくが登場するよ。

ぼくにはそんなことしかできないけど、
ぼくはあなたの「わら」です。

ご馳走様!

対馬ふたたび

もともと達人はぼくの旅話に興味を持って対馬に向かってくれたんだけど、
島に入った達人からライン。

IMG_6916.jpg

「どこかわかります?」って、

もしや。

IMG_6914.jpg

やっぱりぃ!

ぼくがお店のご主人と酌み交わしながら、
対馬のお話をいっぱい聞いた飯や。

またも達人が、
凡人の「聖地巡礼」をしてくれたぁ!

ありがとうございます!

達人が酔狂にもぼくなんかの足跡をたどってくれるなんて、
メッチャうれしいよねぇ。

達人の今宵の宿はお寺の宿坊だとか。
しぶすぎる!

IMG_6915.jpg

ぼくは東横インだったよ。
そこが達人と凡人の大きな違いだね。

アメニモキュウカンニモマケズ

今日はプリンちゃんとふたり、
久々の遠いおでかけ。

雨でもルンルン。
昆虫館にちょうちょを見に行こう!

電車3本、バス1本、

IMG_6879.jpg

途中で買い出ししてたら、
たっぷり2時間の行程だよ。

あぁ、それなのにそれなのに、
なんと、無情の、

IMG_6881.jpg

仕方なく昆陽(こや)池のほとりを散策し、
公園の四阿(あずまや)を探したが、ない。

雨は上がってたけど、
ベンチはみんなずぶ濡れだよぉ。

あ、あそこなら!

IMG_6883.jpg

伊丹市役所の食事スペース。
枝豆はぼくのビールのおつまみじゃなくて、
プリンちゃんの大好物なの。

のんびりできて、
だれでもトイレもあったのでおしっこも済ませ、
前の広場で遊びました。

IMG_6890.jpg

「携帯貸してください!」

ちゃんと被写体をフレームに入れられるようになったね。

IMG_6891.jpg

飛び回るちょうちょを見ることはできず、
1500円使って市役所でご飯を食べに行ったようなもの。

それでも、
ふたりの世界。

水入らずで幸せいっぱいの半日でした。


旅日記から

旅日記の愛読者である友人が、
山陰の旅から帰ってきたとメールを。

友人は自分が半分朝鮮人であることを、
ずっと大人になってから知ったそうだが、
今回の旅はそのルーツをたどる旅でもあったようだ。

とても仲がよかったのに、
あるとき突然疎遠になってしまった親戚一家。
それは自分たちとのつながりが発覚しないようにという、
親戚一家の気遣いだった。

国境などというくびきをつくり、
そこに優劣や偏見をまで与してきた、
愚かな歴史に埋もれた真実。

ヘイトスピーチがまかり通る卑しいこの国で、
その真実は友人だけのものでなく、
私たち全員が心にとどめておくべき真実なのだと思った。

奇しくも今、
同じく旅日記の愛読者である、
久留米の達人はフェリーで壱岐・対馬に向かっている。

対馬、2年前の長旅で深く心に残った島。
朝鮮に一番近い島。
年に一度の、
朝鮮通信使のパレードを再現した韓日合同のお祭りに遭遇した島。

達人は、ぼくが出会った気のいいおじさんたちに巡り合うことができるかな?


愚かな為政者たちは反目を繰り返しているが、
踊らされる愚民は反韓を叫んでいるが、
心ある民の思いはつながっている。

そう信じたい。

ぼくの「教え子」や友人には、
在日朝鮮人がたくさんいるから。


知らない町を歩いてみたい

もの思う秋。

プリンちゃんがいるからもの思ってる暇もないんだけど、
ふと時間ができたとき、
旅に出たいなと思う。

ぼくは旅人じゃないけれど、
久留米の達人とか旅仲間は、
精力的にあっちこっちに旅をしている。

そういうのに刺激されるタチではないし、、
どこか行きたいところがあるわけでもないけど、
「遠くへ行きたい」じゃないけど、
無性に知らない町の何もない裏町を歩きたい衝動。

ま、諸般の事情で今年中は無理みたいだけど、
秋が誘うのか、
旅の欠乏症なのか。

ふらっと、旅に出たい・・・・。

思い切り引きこもりのくせに、

各停に乗って、
どこかへ行きたい・・。

アヒルの進化

プリンちゃんがインフルエンザの予防接種で大泣きした小児科では、
診察に行くたびにお土産をくれる。

いろんなお子様向けグッズの入った箱から、
自由に選ぶことができるのだ。

子どもにとってはとても不愉快なことをされるのだから、
少しでも印象をよくして再来院を促したいというところだろうか。

インフルエンザの日にプリンちゃんがもらってきたのは、

IMG_6866.jpg

よくわからないかもしれないけど、
お風呂に浮かべるアヒルだ。

黄色い体に赤っぽいくちばしというのが通り相場だったアヒルも、
色とりどりの光を発する電飾アヒルに進化していたのだ。

A00607CF-93D6-4EF7-B5B2-7394B291DD01.jpg

怖がりのプリンちゃん、
浴室を真っ暗にしてウキウキだ。

IMG_6868.jpg

ま、幻想的というかシュールというか、
ぼくも結構楽しませていただきましたとさ。

私に無礼は許さない!

プリンちゃん、
今朝は
うちの近所の小児科でインフルエンザの予防接種を受けたんだけど、
診察室の中を逃げ回って抵抗したそうだ。

お昼ご飯を食べたあと、
116日ぶりに枚方のおうちに一時帰宅。
明日はもどってくるんだけど、
何だかプリンちゃんのいない我が家はうらさびしくて。

「すぐに帰ってきて、またこっちで暮らすからね。
 大丈夫よ。待っててね」

プリンちゃんになぐさめられてしまった。

そのプリンちゃん、
あちらでは歯医者さんに検診に。

今度はおうちの中を逃げ回り、
靴もはかずにお父さんに抱きかかえられ、
強制連行されたんだって。

少し前まではまだわけがわかってなかったから、
注射されても泣かなかったりしたんだけど、
もういろんなことがわかっちゃったからなぁ。

プリンちゃん、
今日はご難の1日でしたねぇ。

連日の至福

昨日のライブで、
リサのお母ちゃんからいただいた水鉄砲に大喜び。

IMG_6813.jpg

リサママはブログの愛読者で、
プリンちゃんのファンなのだ。

すてきなプレゼント。

かわいい!

IMG_6812.jpg

今日は7年前の卒業生、
プリンセスセーナとプリンセスアミが来てくれた。

プリンちゃん、待ちわびてた。

プリンセス3人のお遊び。
アミはプロ並みのアニメーターなのだ。

IMG_6827_20191022173535ba0.jpg

マロンパイのマロンはふたりからちゃっかり横取り。
ふたりはパイ皮だけを食べていた。

IMG_6834.jpg

リサママにいただいた水鉄砲も早速屋上で。

IMG_6833_201910221735375aa.jpg

セーナ、アミ、
長時間のお相手ありがとう!
おじーちゃんなんか見向きもしない。
あんな笑顔、めったに見せないよ。

リサママも、
改めてありがとうございました!

役得

昨日は加治工ご夫妻の、
40回目の結婚記念日だったんだって。

お店からのサプライズ。

IMG_6809.jpg

さて、十ウン年前の卒業生リサは、

ライブの途中に踊りにひっぱり出され、
ためらってたけど、ぼくが背中を押す。
元担任の「行けっ!」

IMG_6790.jpg

さすが元河童組。
アドリブで大いに客席をわかせ、

IMG_6806.jpg

まだ見ぬ鳩間を思いながら、
「鳩間の港」を踊る。

IMG_6795_201910221702149e9.jpg

最後に加治工さんから「鳩間の港」手ぬぐいをプレゼントされ、
またも元担任の指示。

「サインももらっておいで」

IMG_6799.jpg


大満足でお店を出たんだけど、
もうちょっと飲もうよぉ。

最後はリサとふたり、
終電で帰ったけど、
妙齢の女性がずっと腕を組んでくれていた。

あは、幸せ!
年の差カップル。

けどきっと周囲の人たちは、
介護老人だと思っただろうなぁ・・・・。

やっぱり加治工ライブ!

加治工ライブ!

IMG_6784_20191022004647f08.jpg

もう昨日だね。

すでに書いたように十数年前の「教え子」親子から、
古い友だち、
この6月に鳩間で知り合ったおふたりまで、
総勢13名で参加。

沖縄の、八重山のメロディーに体をゆだねるのはもちろん、
加治工さんからいっぱいお土産をいただいたり、
「鳩間の素晴らしい海は河童さんが詳しい」と、
舞台からいじってもらったり、
「教え子」と一緒に「鳩間の港」を踊ったり・・・・

お初の人たちもすごく楽しんでくれたみたいで、
よかったぁ!

ぼくも、いつにも増して楽しかった。

ほかにもプリンちゃんへのお土産やら、
泡盛やら、
いっぱいいただいて、
みなさん、ありがとう!

久々に終電での帰宅。

すっかり酔っぱらってるんで、
また明日(今日)、
プリンちゃんの攻撃をかわして書くね。

あなたはだーれ?

今はスズメの羽毛が生え変わる時期だって、
先日博物館の人が教えてくれたけど、

うん、ずいぶんきれいになってきた。

IMG_6759.jpg

ほらね。

IMG_6758.jpg

でもさ、羽根の模様だけが、
唯一個体を見分ける方法だと思ってたのに、
生えかわるんだったらどうしようもないね。

ヤシガニ語

鳩間にはヤシガニが多い。
行くたびに毎晩遊んでもらっているが、

IMG_1074.jpg

ヤシガニがブツブツ言ってるのはよく耳にしている。

泡でも吹いてるのかと思ってたけど、

このブツブツやカタカタという音が、
ヤシガニの「言葉」であるという研究成果が出てきたそうだ。

経験上、ヤシガニってすごいパワーだし、
忍者みたいな能力を感じさせることもあるんだけど、
きわめて原始的な生物だというイメージを持っていた。

コミュニケーションとってるんだぁ。

まだ生態には未知な部分が多く、
ミステリアスで大好きなんだけど、
いよいよ魅力的な存在に見えてきたな。



続・島ちゃび

ブログを読んでくださった鳩間の廣子さんから、
「私も驚きました」とメール。

急病で倒れた西表診療所の先生、
やさしい先生だったんだって。
そんないい先生だから倒れちゃうんだ。

月1回、鳩間にも診療に来ておられたとか。

それが2か月に1度になったんだって。

廣子さんのお話を聞いて、
琉球新報(沖縄タイムスだったかな)の記事で知ったお医者さんが
急に身近に感じられた。

どうぞお大事になさってください。


それにしても・・・・

持病の多いぼくは数か月に1度、
歯医者に検診に行ったり内科や皮膚科に薬をもらいに行くけど、
徒歩か自転車。

先ごろはプリンちゃんを毎日小児科に連れて行ってたし、
気に入らなければ医院は好きに選ぶことができる。

鳩間では虫歯でも西表まで。
それも少し前までは石垣までだった。

西表や鳩間の医療事情はうまく想像できないな。

ちなみに沖縄では、
97歳になるとカジマヤー(風車)のお祝いを大々的にやるんだけど、
鳩間ではまだカジマヤーを迎えた人はいないんだって。
それも医療事情はじめ「島ちゃび」にかかわっているんだろうか?

数えで喜寿になる、
大好きなカツおじい夫妻が現在最高齢で、
期待がかかっている。

おじい、おばあ、
がんばってねー!

おふたりのいない鳩間なんてイメージできませんから。

島ちゃび

西表島西部診療所の常勤医が急病で倒れたと。

時間外診療年間300件以上という過重負担が原因と見られている。

西表の西部と言えば、
鳩間の人たちもお世話になってたんだろうな。

かわりの常勤医の配置は不可能だそうだ。

鳩間に通って20年の間に知り合った方が、
たくさん亡くなっている。
通院のために石垣や那覇に移り住んだ人も多い。

離島の苦しみを表す「島ちゃび」という言葉があるけど、
こんなニュースに接すると改めてそのことを思う。

行政は高額な武器に金を出しても、
医療には予算を割かない。

政権にとっては孤軍奮闘する医師や、
そこにすがるしかない人たちのことなど、
全く見えてないんだろうな。

いや、見えていても、無視か。
大した票にならんからな。




うれしいっ! けど・・・・

カッペはてんちゃんを迎えに病院へ。
朝の寝床からプリンちゃんとふたりきりの至福の時間。

ふたりでしかできないことを(内緒だけど)いっぱいした。

朝ご飯のあと、おやつをいっぱい持って、
長居の博物館へ恐竜の骨を見に。

自分で行きたいって言ったくせに、
なんや、このひき方。

IMG_6714_20191016231125a16.jpg

だって、これが怖い!

IMG_6715.jpg

いつも歌ってるプリンちゃんだけど、
骨の前だとちょっとぎごちない♫ありのままに~

IMG_6718.jpg

それでも予想外にいっぱい博物館を楽しんで、
植物園に出たら全開。

IMG_6729.jpg

♫ありの~ままに~

でももうすぐお母さんとプリンちゃんが帰ってくるよ。

てんちゃんの退院を祝うようなこの空。

IMG_6733.jpg

おかえりー!
おかーさーん!

IMG_6741.jpg

てんちゃん、よくがんばったねぇ~

でもホントはちょっと複雑なんだ。

お母さんやてんちゃんと会えて最高にうれしいけど、

枚方のおうちにかえらないといけないから・・・・。

小さな胸の中で

絵本を何冊も読まされて、
プリンちゃんを寝かしつけるのはぼくの役目。

さっきプリンちゃんは眠りに落ちたけど、
ひっつき虫しながらの、寝る前の会話。

「明日はお母さんとお父さんとてんちゃんに会えるね。
 早く寝た方が早く会えるよ」

そしたらプリンちゃん、泣き出した。

「え? どうしたの?」

すすり上げながら小さな声で何か言っている。

「なに? 明日はお母さんと寝られるんだよ」

「てんちゃんが帰ってきたら、枚方のおうちに帰らなければいけないの?」

ようやく聞き取れたプリンちゃんの言葉に、
あっ!!!

あせった。

「そうだね。すぐにじゃないけどさ・・・・」

プリンちゃんは泣きながら言った。

「お母さんと寝たいの」
「大丈夫、明日寝られるよ」
「枚方のおうちに帰りたくないの。
 お母さんとてんちゃんと大阪のおうちにいたいの。
 おじーちゃんと・・・・」

やばい!

ぼくはとっさに怪獣ごっこの真似をしてふざけて見せた。

幼いプリンちゃんはそれに乗って来て、
ひとしきり怪獣ごっこで遊んだあと、
コトンと落ちた。

ふぅ。


プリンちゃん・・・・
ぼくと同じ複雑な気持ちなんだ。

お母さんやてんちゃんが戻ってくることはうれしい。
でも、それは枚方のおうちに帰ることを意味している。
寂しい・・・・。

心はひとつだけど、
ぼくみたいな汚れ切ったじじいと違って小さな無垢なプリンちゃんの心。

スヤスヤと寝息を立てるプリンちゃんのほっぺにチューをして、
ぼくは部屋に逃げてきた。


ダメだなこれは。
こんなことじゃ別れの日は大雨になってしまう・・・・。




うれしさとさびしさと

てんちゃんの隊員が、明日に決まった!

D8F58262-4418-475A-9AA8-9015D24A5F5F.jpeg

まだ通院は必要だし、
10年20年たってから合併症が出ることもあるって、
そんなに引きずるのかとため息が出るけど、

でも、
とりあえず当面のクライシスは脱したってことで、

てんちゃん、
退院決定おめでとーーーっ!

チッペも2週間余りの病院看病生活、
心身共にお疲れ様!

そしてプリンちゃんも、
お母さんのいない寂しさに耐えてよくがんばったね!

みんなおめでとう!

それはホントによかったんだけど、

てんちゃんが退院してくるってことは、
早晩プリンちゃんも、
枚方に帰ってしまうってこと。

うう・・・・。

ここまで3か月半、
ずっと一緒に生活してきた。

もうプリンちゃんがいない生活は想像できなくなっている。

もう、こんな風に一緒に暮らすことは二度とない。

このプリンロスに、
ぼくは耐えられるのだろうか?
つぶれちゃったりしないだろうか?

ひたすら、怖い・・・・。

それでも、とにかく今日は、
てんちゃん、おめでとー!!!
明日、待ってるよー!

東京万歳!

台風19号、
東日本の方では大変なことになりましたね。
被災された方のことを思うと、
いつものことだけど月並みな言葉しか浮かびません。

何もできないけど、
どうか1日も早く平穏な日常が戻りますように。


ところで、
今回の被害状況を見て、
北関東一帯が、
東京に水害が起こらないための遊水地になっていることを知った。

その遊水地がなかったら、
東京が水没してたかもしれないんだね。

命を失われた方や被災された方のことを思うと、
湧き上がってくる思いを打ち消すことができない。

東京ってそんなにえらいのか?
東京に住む人の命だけが、
そんなに尊いのか!

・・・・・。

東京に住む人は、
北関東の被災をどう思っているのだろう?

誰か何か言ってみな!

少なくとも東京のマスコミは、
何も言っていない・・・・。

行け、色とりどりのサクラ!

いやぁ、力入ったねぇ。

視聴率はどこまで行くか。

おめでとう、さくら!

いろんな国の人が集まってできた、サクラ!

このチームって、
島国ニッポンを脱却して、
この先のこの国の未来を象徴してるんじゃないか?

おめでとう。
楽しませてもらった。

次もよろしく!

おじいのレガシー

今日はクマおじさん・マサシに誘われて、
反核フェスティバルへ。

IMG_6652.jpg

差し入れするつもりだったのに、
逆にお昼をごちそうになってしまった。

IMG_6650.jpg

プリンちゃん、人生初ボールすくい。

IMG_6644.jpg

ポイの紙が2枚張りなのでいくらでもすくえる!

IMG_6661.jpg

人生初玉入れは、
まだかごに玉を届かせることはできず。

IMG_6666_201910131754208cb.jpg

人生初ミルクせんべいに、
人生初ダーツも。

全部無料なのでありがたい。

昨日デートするはずだったセーナも合流してくれた。

IMG_6671.jpg

クマおじさん、がんばれーっ!

IMG_6674.jpg

フェスティバルが終わったあとは、
セーナがウチに来てくれて、

IMG_6678.jpg

大好きなセーナとおやつを食べながら、
まるでタメみたいにゆんたくしたり、

IMG_6680_20191013175443015.jpg

さんざん遊んでもらって、

IMG_6684_201910131754451a6.jpg

セーナが帰るときにはグスングスン。
大好きなんだもんねぇ。
もっと一緒にいたいーーっ!


かつての同僚だったマサシと、
6年生までぼくの膝に座ってたセーナに、
いっぱいお世話になって、
プリンちゃん、とっても楽しい1日でした。

台風の夜に

今年最大と言われる19号、
あなたの方で被害はありませんか?
千葉では地震まで「併発」したそうで、
どうしようもないとは言え、
何か日常化してしまった自然災害に、
この先一体どうなってしまうのだろうと。

それでも原発は動き続ける。

関電スキャンダル。

腹は立つけど驚きはしないよね。
東電がこれでもかっていうほどやってくれてるからねぇ。

何が起こっても原発企業は不滅。

だって、この国の行政権も司法権も味方につけてるんだから。
とんでもないことが起こってるのに、
国民みんなの税金で守ってもらえるんだから。

自分のことしか考えない政権と、
自分さえよければいい愚民とに守られて、
この国の原発はのうのうと生き続ける。

そしていつか、
この国は滅びてしまうのだろう。

こんな汚らしい国、
滅びても全然かまわないけど、
あなたの子どもや孫に未来はないんだよ!

博物館より

スズメたちの羽がきれいじゃないことについて、
博物館に問い合わせをしてみたら、
迅速に変身をいただいた。


和田@大阪市立自然史博物館です。
質問のメールをありがとうございます。
私の方から答えさせていただきます。

添付頂いた画像だけでは判断しにくいのですが、繁殖期が終わって、夏の終わり
から秋は、鳥の羽根が生え換わる時期に当たります。成鳥も今年生まれの幼鳥
も、1ヶ月以上かけて、徐々に羽根を入れ替えていきます。具体的な生え替わり
のタイミングは、成鳥と幼鳥で違ってきます。添付頂いた画像で、アップで写っ
ている2羽は、今年生まれの幼鳥に見えます。ちょうど幼鳥の換羽のタイミング
なんだろうと思います。


ぼくの推測は両方当たってたんだ。

でも、親鳥たちはどこへ行ってしまったんだろ?


それにしても、
博物館、いつも丁寧にスズメ観察につきあってくれる。

ありがとうございます!

台風には勝てない

プリンちゃん、1週間ぶりにお母さんと。

そしててんちゃんとは11日ぶりに再会。

IMG_6628.jpg

てんちゃん、ひと回り小さくなっちゃったねぇ。
元気になってまた大きくなろう!


さて、台風接近中。

列車が運休したり、
3連休に予定されていた行事が続々中止になったり。

気の毒なのはラグビーだね。
試合の延期はなく、中止。
引き分けで終わりって、
最終戦を待たずに敗退が決まったチームもあるとか。

もし13日の試合も中止になったら、
逆に日本は決勝トーナメントに進めるってことだけど、
なんだかねぇ。
全てのゲームをやらせてあげたいよ。

ぼくは明日、
女子大生とデートの約束があったんだけど、
これは延期かな。


久々にスズメ

プリンちゃんがいると、
スズメたちの方はおろそかになるんだけど、

IMG_6610_201910101616475c4.jpg

近頃、やたらに数がふえたな。

IMG_6611_20191010161648f57.jpg

多いときは20羽近くやってくる。

IMG_6617_201910101624108bf.jpg

そしてみんながこんな風に、

IMG_6616.jpg

羽がきれいじゃないでしょ?
個体差はあるんだけど、
きれいなスズメの羽って、
よく見るとうっとりするくらい美しいんだけど。

まだ羽が生えそろってない子どもたちが来てるってこと?

それともスズメにも冬毛への生え変わりってあるのかな?

てんちゃんの笑顔

てんちゃん、大手術から8日目。
今日、身体につながれてた全ての管が取り外されたんだって。

0560F903-6BD6-4496-90B7-7921DC3A423A.jpeg

もう絶飲も解けて好きなだけおっぱい飲んでるから、

DC4A8A10-4B33-4F93-AAFA-88FF3FA3FB98.jpeg

ご機嫌みたい。

術後1週間がヤマだっていう話だったけど、
おなかに刺さってた管もとれたということは、
あとは経過観察ってことかな?

まれに2週間後クライシスってこともあるらしいから、
まだ手放しってわけにはいかないけど、
この笑顔見てたら、
もう大丈夫だよね?!

海堂ワールド

海堂尊にはまっている。

デビュー作ともいえる「チーム・バチスタの栄光」から、
田口・白鳥シリーズを5作読み、
6作目に入っているが、
この人、とんでもないな。

とにかく面白いし、
一流のエンターテインメントでありながら、
医療をめぐるこの国の現状を鋭く告発している。

しかも、
例えば第1作でちらっと登場した人物が、
その後の物語のキーマンになったり、
全ての作品がみごとなまでに絡み合っている。

最初から全作品の構想ができあがっていたとしか思えない。

現役の勤務医でありながら、
数えきれないほどの多作。

とても人間業とは思えない。

あなたもまだなら是非。
そしてこれからお読みになるなら、
必ず出版順にお読みになることをおすすめします。

その方が、
海堂ワールドにどっぷり浸かることができますよ。

ただ、海堂さん、
けったいな大阪弁とか土佐弁とか、
無意味な方言のセリフだけはやめてほしいなぁ。

おじーちゃんのお休み

今日、プリンちゃんは幼稚園の面接で、
ぼくは久々の休暇。

ぴがしの家に遊びに行った。
メグとみーちゃんも来た。

おおさかのおじーちゃんってなついてくれてたのに、
久々の、1歳8か月のみーちゃんには泣かれてしまったけど、
こんなお出迎え、
楽しいね。

IMG_6578.jpg

言わずとしれた料理人ぴがし。

IMG_6579.jpg

うまかったです。
掛け値なしに。

本日のハイライトは、
ぴがしの心に残る映画「4分間のピアニスト」を見ること。

ひとしきり飲み食いした後、
3人(プラスみーちゃん)で見たんだけど、
ごめん。

ショパンってあんまり聞いてないんだよ。

間違いなくいい映画だったと思うけど、
何か「君の名は。」と同じで、
「アマデウス」や「奇跡の人」や「ダンサー・イン・ザ・ダーク」や「フラッシュダンス」や、
いろんな映画のモザイクみたいに見えた。

ピアニストのぴがしほど感じることができなかったな。

でもさ、
映画は映画館で見るものという古いぼくだけど、
なんかワクワクして見てた。

こんな風に、
おうちの大きなテレビで照明を落としてビデオを見るのもいいもんだな


ぴがしの家は京橋なもんで、
枚方で面接を終えて戻るプリンちゃんと合流して、
夕方帰ってきた。

楽しかったよ。
ありがと、ごちそうさま。

いい泡盛も飲ませてもらった。

じーちゃんはがんばらなかったからなぁ

今朝もプリンちゃんとふたりお医者さんへ。

おもちゃ買いにく約束で、
大嫌いな鼻の吸引にもがんばって耐えたので、
ごほうびを買いに百均へ。

近頃、街角におもちゃ屋さんってないもんね。

プリンちゃんが選んだのは、
乳ボーロとパズル。

公園で乳ボーロを食べ、

IMG_6561.jpg

帰ってパズルを自力で完成させてた。

IMG_6566.jpg

パズル110円。
乳ボーロ108円。
そっか、食料品は8パーなんだ。
合計218円。
安いもんさぁ。


一方、山口のそーちゃんは、
J2山口レノファの下部組織のセレクションを受けてたんだけど、
残念ながら二次選考で落ちちゃったって。

悔し泣きしてたみたい。

かわいそうだけど、
上には上がたくさんいるってことだね。

でもあなたはとっても貴重な経験をしたし、
一生懸命やったことはあなたに大切なものを残したよ。

それはきっといつか大きな実を結ぶ。

よくやったね、そーちゃん。

IMG_6569.jpg

おっさんの聖地

6月10日に長崎の駅裏で食べた、
人生最高の皿うどん。

IMG_4588_2019100715292385f.jpg

おでんも美味かったよぉって、書いたなぁ。

IMG_4589_20191007152924150.jpg

ぼくの旅日記を読んで、
「聖地巡礼」をしてくれる久留米の達人が、
今日、そのお店を訪ねてくれたって。

IMG_6568.jpg

あは、ぼくが座ったのと同じ席だよ!

「食べればまずは舌や歯や喉がとにかく心地よくて、
 しばらくしてからうまいと気づく。
 まるでいいお酒やコーヒーのよう。
 美味しいお店を教えていただきありがとうございます」

達人も大八の皿うどんがお気に召したよう。
うれしいなぁ。

とにかく絶品なんだから、
ぼくももう一度食べたくなったぁ。

あなたも長崎駅前を訪ねたときは、
市電通りを超えて陸橋を渡り、
吉野家の角を左へ。

大八ですよぉ!


今気づいたけど、
3か月前とお鍋の向きが変わってない!

あのときも出汁を注ぎ足してはったけど、
お鍋は不動なのかな?

みんなで踊ろう!

「先生、お久しぶりです。
 いつも河童の独り言、拝見しています。
 プリンちゃんのファンです♫
 21日のライブですが、
 リサと二人で参加するのって可能でしょうか?」

うわ!
15年くらい前の卒業生のお母ちゃんからFB。

うれしい!
リサとも3年くらい会ってないかな。

「教え子」と一緒に加治工ライブで「鳩間の港」踊るなんて、
これはたまりませんなぁ。

21日、
総勢11名に増えて、
いよいよ楽しみになってきたぁ!

会いたかったー!

わくわく大はしゃぎのプリンちゃん、
お昼過ぎ、
5日ぶりにお母さんとの再会です。

IMG_6549.jpg

残念ながら大人しか病棟に入れないので、
てんちゃんと会うことはできなかったけれど、
てんちゃんもここまでのところは順調です。

C4F41E69-D386-4F3F-9E0C-320FACA1E528.jpeg

手術から1週間後がもうひとつのヤマだとかで、
安心はできないんだけど。


夕方早く、
寂しいのを我慢してお母さんと別れ、
帰ってきました。

かしこかったね。
もう少しの間、がんばってね!

忙中再会あり

今日からプロ野球のクライマックスシリーズだね。
生き返ったタイガースにちょっとだけ期待してみようか。

そしてラグビーはサモア戦。
3勝でも決勝トーナメントに行けないかもしれないから、
4トライでボーナスポイントも欲しいよねぇ。

それに強くなった男子バレー。
フィギュアもあるのぉ?

そこに世陸と、
いやぁ、スポーツファンには忙しい1日だねぇ。


でも今日は・・・・、

プリンちゃんは珍しく早起きし、
朝のうちにふたりでお医者さんに行って吸入もすませ、

IMG_6548.jpg

もうすぐお母さんに会いに、
てんちゃんががんばっている病院へ。

じーちゃんとしては、
こっちが優先だわねぇ。

台風のせいってことで

先日の台風のとき、
石垣島などで11時間にも及ぶ通信障害が起こった。

石垣空港の発着も全てストップしたそうで、
大変だったらしい。

石垣に住む友人は、
Wi-Fiがつながらなかったくらいで実害は被らなかったらしいけど、
復旧後にルーターの再設定をしたり、
いろいろ面倒だったようだ。

でも、緊急通信とかもストップしてたから、
表に出てこないピンチはいっぱいあったんだろうね。

これが東京での事故ならマスコミも大騒ぎしてたんだろうけど。

改めて、
現代社会の危うさを思う。

ところで、
この事故の原因が台風じゃなかったって?

なんでも、
与那国島の工事で重機がケーブルを切断してたとか。

ことの真相はよくわからないけど、
あれだけの事故になったんだから、
賠償問題に発展したら、
これまた大変なことだろうねぇ。

プリンちゃんも闘っている

プリンちゃんはお母さんがいない寂しさに耐え、
おじーちゃんをしもべにしながら元気に過ごしてるんだけど、
まだ鼻と喉がすっきりしない。

これではてんちゃんに面会に行けないねぇ、
ってことでもう一度お医者さんへ。

それからおばーちゃんと3人で、
長居の植物園に行きました。

IMG_6536.jpg

蒸し暑い日が続いているけれど、
すっきりと晴れてるし、
木陰には心地よい風が吹いている。

IMG_6537.jpg

ベンチでお昼を食べたあとは、
博物館で大好きな恐竜のお勉強をしました。

IMG_6540.jpg

明日はお母さんとてんちゃんに、
会いに行けるかなぁ。

てんちゃん The day after

昨日、大手術を闘い抜いたてんちゃん。

137C2B3A-3CF1-4DA0-87CD-CBEB85586BDE.jpeg

痛々しくて、
これはICUの画像なんだけど、
今日、早くも一般病棟に移ることができたんだって!

まだ油断はできないんだけど、
とりあえずは順調に回復してるって。

よかったぁ。


さて、お礼が遅くなりました。

てんちゃんのために、
たくさんの友だちが祈ってくれていたそうです。

スズメたちも祈ってくれたかな?

赤ちゃんって超能力持ってるから、
きっとそんな多くの思いを受け取って、
てんちゃんはがんばれたのだと思う。

エールを送ってくださった皆さんに、
てんちゃんになりかわり、
心からお礼を申し上げます。

ありがとうございました!!!

てんちゃんの闘い その4

報せを受けて飛んで行ったけど、
まだ手術室から出てきていなかったとチッペから。

それから続報が届くまでに1時間半待った。

その長さが、
手術室から生還はしたけれど、
何か深刻、重大な告知がなされている時間なのではないかと、
重苦しい時間は去らなかった。

でも、手術は想定通りに終了し、
まだ麻酔もきれず、
人工呼吸器もついたままだけど、
ICUに運ばれて、
自力呼吸もすぐに回復するだろうとのこと。

初めてみんな胸をなでおろした。

晩ご飯のとき、
プリンちゃんにはまだ理解することはできてなかっただろうけど、
乾杯した。


まだ5キロそこそこの小さな小さな体で、
8時間もよくがんばったね、てんちゃん。

そしてお母さん、お父さん、
お疲れ様!
その精神的消耗はいかばかりだっただろう・・・・。

まだ合併症のおそれとかがあり、
ICU生活が続く。
何もなくても退院まで最低2週間とか。

祈り続ける日々が続きそうだ。

でも、山は越えた。
てんちゃん、
君はきっと強くてやさしい男の子になるよ!

いつまで見守っていられるかわからないけど、
きっと。

てんちゃんの闘い その3

昨日の午前9時、
予定通りてんちゃんは手術室に入ったという報せ。

カッペとプリンちゃんは仏壇に手を合わせ、
ぼくはぼくの父母が眠るお寺まで歩いて手を合わせた。

手術室を出るのは17時ごろだろうという話。
8時間も?
5時間ていう話じゃなかったのか?

チッペにとっては人生で一番長い日になるのかもしれない。

ぼくはお寺からラインを送った。

ずっと向き合っていなくていい。
できるかぎり気持ちをそらしてまぎらわせて、
長い時間を少しでも短くしな。
それを責めるようなヤツがいたらぼくが許さないから。

婿殿にもお願いのラインをした。

娘を外に連れ出して、
少しでも気持ちをそらしてやってくださいと。

それから何度か、
プリンちゃんのおもしろいネタや、
くだらない話をチッペに送った。
チッペは気丈に、
おどけたレスを返して来ていた。


長い1日。

ぼくはテラスに集うスズメたちにも、
てんちゃんのために祈ってやってほしいと、
いつもよりいっぱいエサをまいた。


一体何度時計を見たことだろう、
16時52分、

「終わったって連絡きた。
 会ってくる」

ほーーーーーーーっ。

だれもがそのことは乱暴に頭から振り払っていたけれど、
何が起こったって不思議のない大手術だったのだ。

合併症などのおそれがあり、
まだまだ予断は許さない。
いつ予断が許されるのか、
たくさんの管につながれたまま、
これからICUでの生活が続く。

でも、8時間かかって、
てんちゃんは生きて手術室から出てきた。

よかった。
よかった・・・・。

よくがんばったね。
よくがんばってくれたね。

てんちゃんの闘い その2

1日の朝、
てんちゃんは入院したけど、
お腹がすいたらおっぱいよこせー!と泣き叫ぶてんちゃんが、
ずっと何日も絶飲なのだそうだ。

それだけでも哀れなのに、
まだ血管が細くて点滴の針がなかなか入らず、
それだけで1時間もかかったんだって。

1日の夜、
チッペはテレビ電話で笑顔を見せていたけれど、
目は腫れあがってた。

だよね。
冷たいぼくだって心を痛めてるのに、
母親だもん、見てられないよ。

そして5時間を超える大手術を乗り越えても、
当分はICUって、
生後たった70日の乳飲み子に、
どうしてそんな試練が与えられなくてはいけないんだろう?

チッペだって、
父親のぼくと違って全く悪意のない、
何も悪いことをしない子なのに、
こんなつらい思いを何故しなければならないのか?

もちろん、
もっともっと理不尽な苦しみや絶望を抱えた
乳飲み子や母親はたくさんいるんだけど、
やりきれない。

ぼくなんかの忍耐や命でいいのならいくらでも差し出すけど、
そんなこともできず、
ただ祈るしかないという身が何ともじれったい。


てんちゃん、がんばって!
あなたを産んでくれたお母さんのためにも、
がんばってあげて!



てんちゃんの闘い その1

4人目の孫、てんちゃんは、
胆のうに異状を持って、
7月22日に生まれてきた。

大ざっぱに言えば、
胆のうが肥大して破裂するおそれがあるとかで、
ヘタをしたら生誕即手術という可能性もあったんだけど、
それは回避できた。

でも、放置するとそのうちに破裂してしまう。
胆のう除去手術は避けられないんだけど、
それは5時間を超えるような大手術なんだって。

だから体力的なことを考えて、
できれば生後6か月以降にと医師は言い、
ぼくたちもそうなることを願った。

けれども、
てんちゃんの胆のうの肥大はおさまらなかった。

この状態では6か月まで待っていられない。
破裂して緊急手術になるよりは準備を整えて・・・・。

そんな判断が出たのは先週後半のこと。

てんちゃんはわずか生後2か月余りで、
大きな手術を受けることになったのだ。

強いタイガース?

タイガースは最後の6試合に全勝して、
5位から3位に躍進し、
クライマックスシリーズ進出を決めた。

ぼくは5連勝して最後の1試合を落とすと予想してたんだけど、
勝ち切るなんて阪神らしくなかったねぇ。

ところで6連勝が始まる前に、
あるテレビ番組でやってたんだけど、

タイガースが前回、前々回に優勝したその前年は、
どちらも4位で66勝だったんだって。

その時点で63勝だったから、
来年のことを考えたらあと3勝でいいんです、なんて。

要するに、
ラグビーのアイルランド戦じゃないけど、
タイガースが6連勝してCSに進出するなんて、
誰も期待してなかったから、
明るいネタがなかったんだろう。

ところが予想を裏切って6連勝、
勝ちを69まで伸ばしてしまった。

さて、来年のタイガース・・・・

やっぱり優勝は無理なんでしょうねぇ。

早熟プリンセス

数日前から鼻水を垂らしてたけど、
一昨日の夜、
プリンちゃんは高熱を出した。

翌日からてんちゃんが入院するので
お母さんも付きそうことになっていた。

お母さんを引き留めたいという無意識の叫びでもあったのかな?

昨日は朝から大泣きしながらベビーカーに乗せられ診察に。
道路に出た途端、ピタッと泣き止むあたりは、
外面良し子さんの面目躍如かな。

朝から辛い鼻の吸引とかにもよくがんばったし、
お母さんはてんちゃんと病院へ行っちゃったし、
今日は特別だよと、
好きなだけビデオを見せてあげることにした。

例によってプリンセスもの三昧だけど、
ん?
まさかだよね?

近頃、ビデオを見るプリンちゃんにつきあっていて、
何度か同じように感じたことがあった。

ん?
まさかだよね?


今日はかなり元気になって、
お母さんのいない寂しさにも健気に耐えてるんだけど、
久々に「アナ雪」を見てた。

その様子を見ていて、
そのまさかだったことを確信した。

プリンセスソフィアやエレナには出てこないキスシーンが、
アナ雪には出てくるけど、
まちがいなくプリンちゃんは、
それに大きく反応した!

キスシーンに限らず、
男女のいい雰囲気のシーンになると、
何だかとってもうれしそうに、
照れ笑いして画面から視線をそらすのだ。

プリンちゃん3歳5か月、
早すぎませーん?
それとも今はそんなもんなのか?!

しかもプリンちゃんの照れ笑いって、
プリンセスの恥じらいには程遠く、
まるでやらしいオヤジみたいに卑猥なんだよぉ。

プリンちゃん、
あなたは一体おいくつなんですか?

再び加治工ライブのおしらせ

IMG_6489.jpg

加治工さんが送ってくださいましたので、
再度、加治工ライブのおしらせを。

今のところ8名で参加することになっていますが、
追加乱入歓迎です。

一緒に行こうという方はご連絡くださいな。

我が家の嵐

もう10月になっちゃいましたね。

またも八重山を大嵐が襲ってます。
家が飛ばされそう、と加治工さんがレポートしてはります。

どうかご無事で・・・・。

ところで、我が家も嵐に襲われています。

また落ち着いたら書くけど、
孫たちが大変です!

| ホーム |


 BLOG TOP