FC2ブログ

プロフィール

河童

Author:河童
コメントをお待ちしています!

カテゴリ

あなたは何人目?

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

オキナワと少年

先日、大城立裕の私小説「あなた」について書いたが、
今日は伊佐千尋の「オキナワと少年」を読了した。

これも伊佐本人を主人公にした私小説、
というより、
東京生まれではあるが沖縄人の父を持ち、
戦前、敗戦直後の沖縄を生き抜いた伊佐が
実体験を描いたドキュメンタリーと言ったほうがいい。

内地に疎開していたので沖縄戦を直接経験はしていないが、
あまりにも苛烈な沖縄の履歴と状況を読めば、
普通の神経の持ち主なら、
米軍基地を押し付け続けて開き直ることなどできないだろう。

アメリカに沖縄を領有する気などなかった。
しかしヤマトの権力者たちが、
天皇制の継続と引き換えに沖縄を差し出したのだ。

最初から最後まで、
ヤマトの権力は沖縄を捨て石にすることしか考えていなかった。
もちろん、21世紀になった今も・・・・。

無関心、無責任なヤマトの人間たちに、
是非とも読んでもらいたい1冊である。


読み進めているうちに、
びっくりしたことがあった。

鳩間島出身の青年のことが詳しく書かれていたのだ。

彼は上級士官の命令により、
石垣島事件と呼ばれる捕虜虐殺事件に連座し、
東京裁判で死刑判決を受けている。

減刑されて何年もあと、無事島に帰ったそうだが、

この青年は
A級戦犯として死刑に処された東条英機などとも拘置所内で接しており、
「この人たちが本当に戦争を指導したのだろうか」
という疑問を持ったという。

そう、
沖縄と引き換えに生き残った最高責任者は裁きの場に出ることさえなく、
その後40年も国を「象徴」したのである。

あまりにも大きな矛盾に改めて茫然とする。

戦争は決して終わっていない。
ただ風化し忘れ去られているだけなのだと、
しみじみ思った。
スポンサーサイト



大阪は冬

大したことないと言えば大したことなんだろうけど、
美しかった長居公園の紅葉も、
もうピークを過ぎた。

IMG_0962.jpg

話は違うけど、
万博が大阪に決まって無邪気に喜んでる。大阪人が多い。

もちろんぼくはオリンピック同様、
反対である。

たった半年のイベントのために地下鉄走らせたり、
どんだけお金を使うつもり?
他に使うべきところがあるでしょ!
生活に困窮している人がいっぱいいるのに。

2兆円の経済効果って言ってるけど、
ほんまかいな?
もしホントだとしても決して弱者には流れないよね。

だいたいオリンピックにしても万博にしても、
政財界が言い出したことで、
その思惑に大衆が踊らされてるだけだと感じる。

夢よもう一度って期待してるのかもしれないけど、
もう時代は変わってるよ。

だいたい1970年の万博も東京主導で、
「大阪万博」という名前が付けてもらえず、
「日本万博」だったことさえ大阪人は覚えてないのかな?

大阪ももうとっくにピークを過ぎて、
落葉しちゃってるよなぁ。


ネタは舞い降りた

突然、年賀状のネタが舞い降りてきた。
天啓のように。

って、大げさだけど、
思わずパソコンに向かい、
試作品をつくってみた。

さて、受けるかどうかはわからないけど、
わりとぼく好みのネタではある。

これで少なくとも、
もう焦る必要はなくなった。

ゆっくりと試作品を練り上げていきましょう。

パソコンの反乱収束

パソコンを使っている人なら、
できればリカバリー(初期化)なんてしたくないよね。

何かデータを失わないかと不安だし、
一からまたカスタマイズするのも面倒だ。

でも、
ぼくの反乱パソコンとの闘いは泥沼にはまり込み、
事態はあがけばあがくほどひどくなっていったので、
16日の初期化に続いて、
昨日、もう一度初期化した。

そしてまた奮闘していたのだが、
今日、すべての問題が解決し、
ほぼ元通りに復旧した。

ホームページ問題も解決したので、
また運営を続けることができるようになった。
(ちょっとは更新しないとな)

そしてパソコンの動作はとても快適になった。

あーすっきりした。
ホントよく頑張ったねぇ。
自分で自分をほめてやることにします。

ウォーキングお出かけ

金曜の夜にそーこーたちが来ていた。

朝、3人で散歩に出て歩いてたら、
遠くにあべのハルカスが見えた。

「あそこまで歩きたい」

2年生のそーちゃんが頼もしいことを言い、
年長さんのこーちゃんも行くというので、歩いた。

小一時間で到着。



こーちゃん 「大阪で一番高いの?」
ぼく 「今は日本一高いよ」

するとそーちゃん、
「どうせまた東京がもっと高いのを建てるんやろ」

おぉ、その通り。
よくわかっておられる。

ハルカスのおもちゃ売り場で遊ぶ。

IMG_0956.jpg

いつになく譲り合う兄弟ふたり。

IMG_0955.jpg

ちょうどプリンちゃんからスカイプの呼び出しがあったので、
大好きなそーこー兄ちゃんの遊ぶ姿を中継。

うれしそうにしてた。
ぼくが映っても喜ばないのにさぁ。


本屋さんで1冊ずつ買わされたあと、
太陽を浴びにてんしばへ。

IMG_0960.jpg

初めて使ったiPhoneⅩのポートレートモードです。

なるほど、背景がぼけるんだ。

近所の散歩のつもりだったんだけど、
ちょっとしたお出かけになった。


帰ってお昼を食べた後、
山口へ帰っていったけど、
来月また来るんだよね。

待ってるよ!

あなたは?

ぼくが11歳だったとき、
沖縄県民として初の芥川賞を受賞した当年93歳、
大城立裕さんの近著「あなた」を読んだ。

一気に読み終えた。

文章はお世辞にも上手だとは言えない。
ときどきその価値観に首をひねるところもあった。

それでも朴訥な私小説に、
いや、私小説というより、
回想録、交遊録、そんな言葉が浮かんでくるので、
私的記録と言った方がいい気もするのに、
これほど魅了されたのはなぜなんだろう?

大好きな沖縄の長い歴史を踏まえ、
そこでの生き方、あり様、暮らしを垣間見ることができるからだろうか?

確かにそれはあるんだろうけど、
読んでいる間中、
何かもっと大きなものに包まれている感じがした。

ぼくのような芸術のわからない人間の感想なんかでは失礼なので、
書評を紹介しておく。

朝日。
IMG_0949 1

毎日。
IMG_0950.jpg

そう、全国紙2紙に相次いで書評が載ったのだ。

ぼくはそれを読んで図書館にリクエストしたんだけど、
通常書評に載ったような書籍は長い間待たされる。

東野圭吾だったりしたら1年以上。

ところが大城さんの「あなた」は、
予約したらすぐに「用意できました」のメールが来た。
今年の8月末に発行されたばかりなのに。

しかも受け取った「あなた」は新品同様で、
ページ紐も使用されていないままだった。

ありがたいことだけど、
これってどういうこと?

読書好き、書評好きの人たちに、
「あなた」は無視されてしまったってこと?

大城さんも触れておられたが、
これがヤマトの沖縄へのスタンス?

大城ワールドに魅了されながら、
まっさらなハードカバーを手にしながら、
ぼくはまたガシガシしたものを飲み込んだ気分になったのだった。

900日目

今日は雨がやんでから歩き始めた。

ちょっと記念すべき日である。

連続1万歩以上歩行記録、
今日で900日目!

我ながらよく続いたとは思う。
こんなに続くとは思わなかったな。

長く続けてるのがすごいと
周囲の人からもよくほめてもらうけど、
ぼくは自分に甘くて弱い人間なんで、
連続記録とかで自分を縛らないと続かないんだよね。

とりあえず1000日までは続けましょうか。

今日は11月22日、いい夫婦の日。
帰り道でカッペの好きなケーキを買った。

ApplePay

携帯にSuicaを入れて改札で使っている。

ネット環境さえあればいつでもどこでもチャージできるので便利である。
Suicaは関西のICOCAよりずっと利用できる地域が広いし。

他にクレジットカードも何枚か携帯に入れているが、
こっちは全く使ったことがない。

現金派である。

でも、その是非はおくとして、
消費税が上がったらカード決済がお得になるんだよね?

ぼくも時流に乗って、
カード派に転向しようかな?

そんなことを思って、
今日、コンビニで買い物をしたとき、
初めてApplePayで支払いをしてみた。

おお、これまたスマートで便利である。

顔認証だから、
カードより安全かもしれない。

って、この便利さの裏に、
また落とし穴が潜んでたりするのかな?



正にサポート

「パソコンの反乱」に対処するため、
サポートの手を借りる。

ぼくはHP社のデスクトップを使っているが、
ここの電話サポートは待たされず、
丁寧なので気軽に利用できる。

昨日、
懸命に闘ったが手に負えず、
復旧できないふたつのソフトについて相談してみた。

どちらも自社製品ではないので、
「サポート対象外なんですけどやってみます。
 できなかったら申し訳ないのですが」

と、前置きしながらモート操作に入って、
延々3時間以上やってくれてたよ。

ぼくはお任せしてその間、読書したり筋トレしたり。

サポート義務はないんだろうに、
あれこれ調べて対処してくれて、
ひとつは完全に解決してくれた。

もうひとつに関しても、
解決には至らなかったんだけど、
何とかしようと長時間ぼくの代わりに闘ってくれて、
解決への仮説を導き出してくれた。

頭が下がったなぁ。
ありがとうございました!

たいてい若い女性の声なんだけど、
しかもたいてい韓国人、中国人。

PCトラブルのオペレーションなんかマニュアルでは対処できないだろうから、
コンピューターにすごく精通してるんだろうし、
その上、多少聞きづらいときはあるけど、
日本語もびっくりするほど流暢。

その辺の若い日本人よりちゃんとしてるくらいだ。

それで親身になって相談に対処してくれるんだから、
感謝だけじゃなくて、尊敬してしまうわ。

ぼくなんかパソコンもわからなければ外国語もしゃべれない。


でも、どうしてみんな外国人なんだろう?

日本にはそういう人材が少ないのか、
あるいは日本人だと高いのか?

ちょっと気になるところである。

スズメの癒し

設置した巣箱は相変わらず無視されてるけど、
テラスには足しげく通ってくれているスズメたち。

以前から、
ぼくがパソコンの前に座ってたら、
足元のガラス戸のサッシまで餌をおねだりに来てたけど、
近頃、
ぼくが気づかずにいたら、
ガラス戸をコツコツくちばしでつついて、
催促するようになっている。

前の記事に書いたように、
ただいまパソコンと格闘中なので、
今日は催促に気づいてたけど、
「ちょっと待ってぇ」と
パソコンに向いたままだった。

するとどうだ、
ボサノバくんったら、
ぼくの目の高さまで飛び上がってホバリング。

ものすごいアピールだ。

思わず格闘を中断して、
餌をまいた。

ここ数日ずっと無機的なパソコンに苦戦を強いられてきたから、
そんなボサノバくんのアピールに、
心がほっこりした。

やっぱ生きてるものの方がいいよねぇ。

パソコンの反乱

パソコンに著しい不具合が生じて、
やむなく初期化することになった。

もちろんバックアップはとってあったから
データを失うことはなかったけど、
システムイメージのバックアップにこれまた不具合があり、
復元できないという不幸にめぐりあった。

つまり、
パソコンが工場出荷時の状態に戻ってしまったので、
また一からソフトをインストールし、
カスタマイズしなければならないということだ。

とっても面倒だ。

面倒だけなら気長にやるだけだけど、
復旧できないものがいくつか残ってるんだよねぇ。

ひとつはホームページ。

このブログは更新できるんだけど、
今のところ、ホームページの更新をすることができなくなっている。

ま、ほとんど訪れる人もないHPだし、
近頃はブログ以外の更新をしてないから、
大勢に影響はないんだけど、
何か気分悪いよねぇ。


コンピューターなんて、
ぼくなんかのおつむとは全く次元の違うところでできてるから、
何かあっても手の施しようがない。

もう何十年もつきあってるし、
それなりに使いこなしてきたつもりなんだけどね。
昔から進化した分だけよけいに訳がわからなくなった。

ぼくだけじゃなくてそういう人が多いんじゃないかな?

自省も込め、改めて思う。
そういう訳のわからない機会に頼り切ってる現代って、
とってもこわいよね~。


大阪自然史フェスティバル

スタジアムの近辺がにぎわうことは多いけど、
植物園や博物館近辺がにぎやかなことはあまりない。

でも今日は関西文化の日とかで、
長居公園では大阪自然史フェスティバル開催中。

IMG_0926 - コピー

植物園も自然史博物館も無料開放で、
100以上ものブースが並んでいる。

結構なにぎわいだ。

IMG_0927 - コピー

このブースではもちろん、署名をした。

久々に植物園を歩いてみる。
のどかだ。

IMG_0932 - コピー

でも、

IMG_0929 - コピー

園内のあちこちに台風21号の爪痕。
一体何本の木が倒れたんだろう。
ため息が出る。

IMG_0925 - コピー

博物館もお久しぶり。
のんびり楽しませてもらいました。


大阪自然史フェスティバルは明日もやってます。
ただし、博物館は無料だけど植物園の無料は今日だけ。

何か中途半端やな。

醒ヶ井!!! その6

とってもいい旅にめぐりあったなと、
養鱒場から駅に戻ったけど、
(帰りは下りなので電動アシスト電源オフ)
時刻表見たらまだ次の電車までに時間ある。

レンタル自転車は5時までって言われてるし、
駅でボーっとしてるのももったいない。

どっか行こう。

あ、そうだ、
最初に地蔵川を歩いたとき、
カッペのお土産にとってもぴったりそうな甘味を見つけてたのに、
帰りに買って帰るの忘れてた。

もう一度あっちへ行ってみよう。

歩いてたら電車に遅れるけど自転車ならね。

で、買いました。
名水まんじゅう。

なんかホンマに名水まんじゅうみたいだったんで。

女将さんの話では、
梅花藻が盛りのころには平日でもすごい人なんだとか。

IMG_0920_201811160007443dc.jpg

お土産もゲットして、
この旅はホント素晴らしかったなと、
勧めてくれた浜路さんに感謝しつつ、

IMG_0919_201811160007438b1.jpg

帰ってきました。

帰って、
晩ご飯前だったけどカッペと名水饅頭食べました。

IMG_0921_20181116000746e81.jpg

甘い物、特に和菓子は苦手なんだけど、
今日の余韻もあったのかな、
とってものど越しがよく、控えめな甘さで、
なかなか美味しかったです。


さてさて、
醒ヶ井はびっくりするほど魅力的です。
サイコーです。

これはホントに、マジ、ぶっちゃけ、
掛け値なしに、
絶対行った方がいいと思います。

琴乃さん、行きなさい!
あなたなら絶対幸せになれます。



醒ヶ井!!! その5

走っていると正に爽快という言葉がぴったりで、
散ってくる紅葉などを浴びながら、
苦も無く醒ヶ井養鱒場に着いた。

入場料500円ってネットにあったけど、
入り口の受付は無人。
「正面玄関でお支払いください」って貼り紙あったけど、
ここが正面でしょ?

結局支払う場所はどこにもなく、無料だった。

この素晴らしい施設が無料かい!


入っていくともちろん、養鱒場だけにマスの池がいっぱいある。

IMG_0892.jpg

こんな色のマスは初めて見た。

IMG_0894.jpg

場内はとっても広々と開放感があって、
林に囲まれていて、
研究、商業、観光を兼ねた施設なんだけど、
ここはすてきだー!

養殖池だけじゃなくて、
場内を流れる川にもマスが泳いでいて、
チョウザメのいる展示館もあって、

IMG_0900.jpg

飲食店もあちこちに。

廃屋になってる潰れた食堂もあったりして、
これはまた、元経営者には悪いけど、
味わいあるわー。

いつも日帰りにせよ長旅にせよ、
旅に出ると食欲がなくなるぼくなんだけど、
今日は、マス食うぞー!て食欲ハイ。

やたらに雰囲気のある小さなお店の、
やたらにいい感じのおばあさんと店頭で相談して、
マスの握りずしとアマゴの塩焼きをオーダー。

店内に入ろうとしたら、
外の方が今日はあったかいよぉと、
広いお庭(場内施設)のベンチを勧めてくれた。

そだねー!

ぼくはお店から結構離れたベンチに陣取り、
心地よい秋の日差しを浴びつつこんな景色を見ながら、

IMG_0903.jpg

こんな昼食をした。

IMG_0911.jpg

うんまー!

シチュエーションもあるんだろうけど、
マジ、うんまーーーー!

ちなみに塩焼きはオーダーしてから焼いたらしく、
時間がかかったので、
先に出て来たお寿司は7貫あったんだよ。
と、大ビンビールで、
2000円。

お店のおばあさんとゆんたくしながら、
思い切りの賛辞を送ったのだが、
おばあさんはとってもうれしそうな顔をしながらも、
「よかった。また来てください」と言葉少な。

それがまたいいよね。

醒ヶ井養鱒場、
これまた極上。

また行かなければなりません。



醒ヶ井!!! その4

さて、駅前に戻ったけど、
日が暮れるまでにはまだまだ時間がある。

醒ヶ井と言えば養鱒場。
行ってみたい。
バスがあるってネットに書いてあった。

ところが駅前にあった道の駅ならぬ水の駅で訊いてみたら、
シーズンオフだからか、
「バスやってないんです」

「往復8キロですから歩いたら2時間ですかね」
歩けなくはないが遅くなっちゃうな。
「タクシーだとすぐですけど」
って、タクシーの姿なんかどこにもいない。
「レンタサイクルありますよ」
それな!

山の方へ入っていくのだし、
自転車はきついかと思ったけど、
4キロならなんとかなるか。

1000円するかなぁ?と借りに行った。
案の定1000円だったけど、
補償金の500円は返してくれるって。

こんな観光地で500円は安いねぇ。

え? しかも電動アシスト?
それなら登り坂も心配ないじゃん。

「気を付けていってらっしゃーい!」
はーい! 

養鱒場めざして、ぼくは走り出した。

さっき歩いた道とは逆方向で山に向かうのだが、
またまたこんな川沿いの林道。

IMG_0887.jpg

メッチャええやん!
サイコーやん!

ぼくはマックスハイテンションで、
心の叫びが全部口から声になって出ていた。

醒ヶ井!!! その3

秋も深まっている。
イチョウの黄金に目を見張る。



でも有名なのはこっち。

IMG_0884.jpg

了徳寺のイチョウは天然記念物。
何でも葉っぱの上に銀杏ができるんだって。

不思議だなと思いつつ、
ん? 
銀杏って、普通どこにできるんだっけ?

IMG_0872.jpg

あ、雨森報酬。
そうか、確か滋賀の人だったよね。

対馬へ行ったとき、
お墓参りしたっけ。
ぼくが歴史上の偉人だと思う数少ない人。

IMG_0878.jpg

街道沿いの宿場町を彷彿とさせる街並み。
わざとらしさがなくて素敵。

IMG_0882.jpg

清き流れが生活に息づいている。

こういうので新じゃがの皮を剥いたりするんだろうな。
何かわからないけど、入ってた。

清らかな流れと共存して暮らしている人たちって、
少なくとも永田町で生きるようなヤツらとは、
心根も違ってくるんだろうなぁって思った。

都会で薄汚れたぼくだって、
心が洗われた気分になったもん。

醒ヶ井!!! その2

やがてバイカモ(梅花藻)を発見。

本来は5月から9月ごろまで花を咲かせるのだが、
まだ花が咲いていたと、
先々週、浜路さんが教えてくれたのだ。

IMG_0856.jpg

もう11月も半ばだしね、
無理かもなぁと思ってたんだけど、
まだちらほら咲いていた。

いつか梅花藻を見てみたいって、
ずっとずっと憧れてた。

ささやかだったけど、
お初にお目にかかります!
光栄です!


IMG_0862.jpg

古いお醤油屋さんもあった。

そう、ここは中山道なんだよね。
中山道、醒ヶ井宿。

IMG_0864.jpg

古民家を利用した休憩所。

IMG_0866.jpg

これは今も営業している本陣です。

さらに歩を進めると、
あっ!

IMG_0863.jpg

梅花藻、まだこんなに咲いてたぁ!
感無量・・・・。

醒ヶ井!!! その1

浜路さんから勧められた醒ヶ井へ行った来た。

大阪駅から京都を超えて滋賀県へ。
京都までは超満員だったけどだんだんすいてきて、
近江舞子を過ぎたころからは車窓の田園風景に旅情を覚え、
さらに米原から東海道線に乘ると、
いよいよ旅の気分が増してくる。

2時間余りかかって醒ヶ井にたどりついた。



予報を見て今日にしたんだけど、
もう最高の旅行日和だ。


駅から少し歩くと
いきなりこんな地蔵川。

IMG_0854.jpg

勝手に顔がにんまりとゆるみ、
えへへ、でへへと自然に声が出る。

正に大好物の佇まいなのだ。

IMG_0849.jpg

川沿いには情緒たっぷりの建物も。
これは昔の学校の玄関だったんだって。

IMG_0851.jpg

有名なヴぉリーズが設計に関わった郵便局は、
無料の資料館になっている。

IMG_0855.jpg

歴史的な街並みを売りにして、
それが何ともわざとらしくて鼻につく場所はいくつも見て来た。

でも、ここ醒ヶ井、
とっても自然なのだ。

素敵だ。

沖縄に新水族館!

沖縄の水族館と言えばちゅら海だけど、
2020年、豊見城市に新しい水族館が誕生するんだってね。

世界初の最新映像を駆使した新しいエンターテインメント水族館を
「かりゆし水族館(仮称)」として、
DMMが開業するんだって。

安易に喜んでいいのかどうか、
事情の方はわからないけど、
ちょっと楽しみだね。

水族館、好きだから。

ぼくは怖い

独裁色を濃くする政権と、
どんどん右傾化する大衆を背景に、
警察は恐ろしい戦前の姿を復活させるつもりなのか?

ふとそん妄想を抱かせるニュースだった。

日大フットボール部員の反則タックルに関してだ。

第三者委員会もフットボール連盟も、
指導者側の指示があったと認定してるのに、
警視庁はそれをひっくり返して、
指示はなかったと。

警察は裁判権も持ってしまったのか?

警察は犯罪事実があったのかどうかを立証する立場なのだから、
捜査の結果、
「指示があったという証拠は認められなかった」
ならわかる。

疑わしきは罰せずの原則がある。
限りなく灰色でも立証できなければ無罪である。
それは正しいと思う。

第三者委員会や連盟と違って、
犯罪を立件する機関なのだから。

しかし何を以って「支持がなかったと」まで踏み込むことができるのか?

それはつまり、
選手側の非を認定することになるのに。

「もし指示したのなら監督はプレイを見ているはずだが、
 当該のタックルプレイがあったとき、監督は見ていない。
 故に指示はしていない」

って、
素人が考えてもおかしいとわかる。

指示したからこそ見ていなかったという見方もできるでしょ。


何かすごく後味の悪いニュース。

警察が権力の手先となり、
自ら権力を保持して弱者を迫害する。

このニュースから、
そんな戦前の臭いを嗅いでしまうのは、
ぼくだけなんだろうか?

でも怖いよ、これ。
怖いよね?

何が違うの?

上野にいるパンダは、
他のパンダと違って東京パンダという、
より希少な別種なのだ。

そんな皮肉を何度か書いた。

例えば和歌山でもパンダは生まれているのに、
あまりにもマスコミの扱いが違うからだ。


上野のパンダの赤ちゃんが親離れすることになったって、
たったそれだけのことで昨日から大騒ぎ。

ここまでになると、
最早皮肉を言ってるレベルじゃなくて、
はっきり批判しなくてはならないと思う。

同じパンダなのにこれだけ扱いが違ったら・・・・

とパンダの人権ならぬパンダ権には言及しないでおくけど、

パンダをめぐって上野のスタッフも、
アドベンチャーワールドのスタッフも、
同じように懸命の営みを続けているのだろう。

それなのに東京地方しかマスコミに取り上げられない。

これは明らかに東京至上主義的、
中央集権的な差別ではなのか?

たかがパンダのことだけど、
ぼくは赦しがたい報道姿勢だと思う。

最後のJKデート?

今日はJKとデートだった。

大学が決まったっていうので、
お祝いにステーキランチを食べて、
紅茶、コーヒーのおかわりを繰り返しながら、
夕方まで3時間半近く居座った。

恋愛話を聞いたり、
携帯の画像加工アプリで遊んだり、

IMG_0844.jpg

45歳の年齢差を超えて、
じいさんには懐かしかったり新しかったり、
のんびりと楽しんだ。

本日の援交代3780円。

いつも思うが、
JKに遊んでもらえるなんて幸せなじいさんだよねぇ。

「でも私、もうすぐJKじゃなくなりますよ」

そうだねぇ、
最後の卒業生が現在中3だから、
またデートに誘ってくれるJKが現れるかな?


スポーツの秋

今日の長居公園はやたらに人が多かった。

メインスタジアムではセレッソ大阪U23の試合。
琉球FCのバスが到着してた。
J2かなJ3かな?
ぼくはよく知らないんだけど。

サブスタジアムでは高校サッカー大阪府大会。

サブグラウンドでは中学生陸上の大阪府大会。

外周道路では中学生陸上の駅伝。

IMG_0838.jpg

中学生たちのひたむきな姿に誘われて、
スタンドに入ってみた。

ぼくも中学生のときは陸上部だったから、
いつも緊張でガチガチになってた幼い自分を思い出す。

若いってやっぱりいいよねぇ。

みんながんばれー!

それにしてもぶっちぎりで優勝した田尻中学の女の子たち、
いい走りしてたなぁ。

今日の空みたいに爽やかだったよ。

ラストエンペラー

ところで神戸と言えば、
前にも書いたかもしれないけど、

実は大阪の色濃いぼくだが、
結婚するまで本籍は神戸にあり、
そしてなんと、
神戸で過ごした幼少のみぎりには金持ちのご子息だった。

なんでも兵庫県の民間人では
初めて自家用車を走らせた家だったのだそうだ。

幼い頃にはどこの家でも、
朝食のテーブルにはエッグスタンドが立っているもんだと思い込んでいた。

ぼくの母はプリンではなく、
プディングと言っていた。
きっと世間のこどもたちがそんなものを口にしたことのなかったころだ。

ま、ぼくが大阪で小学生時代を過ごしているうちに
全てをだまし取られて神戸の本家は消滅したもんで、
今はただの庶民なんだけどね。

世が世ならぼくは教員なんかやってなかったと思うのだ。

ま、でも、
お金なんかない方がよかったんだろうなぁ。

今は普通にそう思う。
お金欲しいけどぉ・・・・。


そして世は移り、
なんと代々女系であった河童家では、
現在ぼくが生存する唯一の男性となっており、
カッペとぼくがお亡くなりになった時点で、
河童家の名前も消滅するのである。

絶滅危惧種ではなく、
絶滅確定種なのである。

それがどうした?って、
別にどうもしないのであった。











そして神戸

今夜はのぶりんと神戸の三宮まで飲みに行った。

昨年、鳩間で仲良くなったユキさんが働いてるお店。

メッチャしゃれたbarである。

IMG_0832.jpg

それもそのはず、
有名な観光スポット北野の、
英国館という異人館の中にあるbarなのだ。

昼間は750円の入館料をとる、
異人館をそのまま贅沢に使ったbarなのだ。

IMG_0834.jpg

館内やお庭も見物できる。
(夜は入館無料)

異人館てか、異次元空間だねぇ。

英国館だけに、
シャーロック・ホームズの館。

IMG_0836.jpg

子どものころルパンとホームズにふけり、
将来は「怪盗になりたい」とは言えないので、
「探偵になる」と言ってたくらいだから、
ホームズ満載の館内も懐かしく感じたなぁ。

衣装があったんで、
なりきりシャーロック。

IMG_0837.jpg

って、なりきれねぇー!
ぼくじゃ様にならんわね。

でも、いつもの飲み屋とはひと味違う、
素敵な夜を過ごさせていただきました。


カウンターの中に立ち、
マスターとふたりで忙しく店を切り盛りするユキさんは、
文句なしにかっこよかった。

今度3人で飲みに行く約束をした。

やめろ!

2020オリンピックに何千億とか兆とか、
そんなことする前に、
福島原発を何とかしろ!
被災者を何とかしろ!

ぼくはそう訴えてきた。

五輪担当大臣の言うように、
1500円で済むなら文句は言わないけどね。

赤恥をさらしたその五輪担当大臣が、
国会の質疑で蓮舫議員のことをレンポウさんと間違い、
いどろもどろになったのは
事前に質問内容が知らされてなかったからだと言い訳してたけど、
事前通告はちゃんとあったそうだ。

そしてその訂正会見のとき、
またも蓮舫さんをレンポウさんと言ったそうだ。

受けるー!

ま、そういう政権党議員・だおこ大臣はいっぱいいるけどさ、
この人も相当オツムは・・・・。


さてさて、
こんな大臣を冠に据えた2020、
一体どんなことになるのやら。

今からでも遅くないよ。

相次ぐ被災でこれだけ苦しんでる人がいるのに、
そのほかにも数えきれないほどの「困窮者」を抱えているのに、
オリンピックなんかやってる場合じゃないでしょ!

やめませんか?

やめろ!って言いませんか?

空き家だらけ

ぼくの住む東住吉区は高齢化率が高いそうだ。

高級住宅街なんかとは程遠いけど、
市内の便利なところだし、地価もそれなりに高い。

そんなこととも関係があるのか、
うちの近所には、
町を歩いていても、
やたらに空き家、廃屋が目立つ。



きっとぼくが生まれる前からあった家なのだ。

IMG_0824.jpg


相続したくない、
相続できない、
相続の手続きさえできない、

いろんな理由はあるんだろうけど、
更地にするには高額の費用がかかり、
更地にしたら固定資産税は7倍にも跳ね上がるんだって。

そういうの何とかならないのかな?

9月の台風21号でも、
老朽化した空き家が被害の原因になるケースも少なくなかったし、
防犯上も問題があるだろう。

それに何より、
朽ち果てていく家屋は憐れを誘う。

何とかならないのかな・・・・。

暑いですね

立冬を過ぎたというのに
ここ数日やたらに気温が高い。

Tシャツ1枚でウォーキングに出ても、
キリキリ歩いてたら汗だくになる。

小春日和じゃなくて小夏日和だよ。

ま、ぼくは冬中こんなでも全然OKだけど、
異常気象が通常になってしまっている昨今、
季節通りに気候が推移してくれた方が安心できるよね。

寒いのは大嫌いだけど。

それでもトランプ

アメリカの中間選挙の結果が報じられている。

まだ開票は終わってないようだけど、
上院は共和党、下院は民主党が多数派になるらしい。

トランプがここまでやってきたことを見たら、
民主党が圧勝するのが当然だろうと、
素人のぼくなんかは思ってしまうんだけど、
そうじゃなくて競るんだねぇ。

分断と憎しみの政治を行ってきたのに、
それでも失墜はしない。

アメリカファーストって、
そんなに甘くひびく言葉なのかな?

自分勝手なぼくが言うのもなんだけど、
この国の大衆もホントに自分のことしか考えなくなった。

世界は、この国は、
この先どうなってしまうんだろうねぇ?

八瀬行ってみた その4

出町柳にもどってきたけど、
まだ陽も高い。

ちょっと世界遺産に寄ってみようか。

川沿いをのんびり気持ちよく歩いて、
加茂御祖(かもみおや)神社をめざす。

通称、下賀茂神社ですね。

IMG_0815.jpg

源氏物語にも描かれた糺の森(ただすのもり)を歩いて、

IMG_0812.jpg

「女性守護 日本第一美麗神」と書いてある、
河合神社にも寄ってみた。

こぢんまりと、こっちの方がよかったな。

IMG_0814.jpg

これは、
鴨長明が方丈記を書いた方丈庵。

知らなかった。
この方丈庵、
あちこち移動できるように組み立て式になってたんだって!

モンゴルのゲルみたいだ。

下賀茂神社なども遷宮のために、
規模は違うけど同じ造りになってるとか。

勉強になった。
満足して帰ろう。


次はどこへ行こうかな?

って、もう決めた。

八瀬を歩いてる間に、
友人からメールが入っていたのだ。

「一昨日行ってきましたが、醒ヶ井(さめがい)いいですよ」

おぉ、滋賀県の醒ヶ井。
どんなところかって、
それは行ったときにレポートしますね。

八瀬行ってみた その3

自然とふれあえる道を求めて、
あちこち探索してみる。

IMG_0791.jpg

ホント、瑠璃光院以外と駅前意外にほとんど人はいない。
あ、小さなつり橋が。

IMG_0793.jpg

素敵な小径もある。

でも、どこをどう行ってもすぐ行きどまっちゃう。
あとは車がブンブン飛ばしてる国道だけだ。
ちょっと残念だな。

IMG_0802.jpg

でもここはよかったよ。
ルイ・イカール美術館。

IMG_0795.jpg

ルイ・イカールって寡聞にして知らなかったけど、
アールデコの時代にパリで活躍した画家らしい。

IMG_0798.jpg

こんなにおしゃれでゆったりした空間、
初めてだった。

IMG_0799.jpg

しかも、無料!
ここはおすすめですねぇ。

瑠璃光院の付帯施設なんだって。
瑠璃光院の方は拝観料2000円もするんだったけど。


山に分け入る「活路」が見いだせず、
八瀬を後にすることにした。

悪くはなかったんだけど、
もっとし自然とふれあえると期待してたんだけどなぁ。

帰りの電車もおしゃれでした。

IMG_0803.jpg

八瀬行ってみた その2

液の前に高野川の清流。

IMG_0781.jpg

すぐ近くのケーブル駅まで歩いてみた。

IMG_0782.jpg

今日は比叡山に登るつもりはないので、
もみじの小径っていうのに入ってみる。

IMG_0783.jpg

なんと、こっちは全くの無人だ。
みんなどこへ行っちゃったの?
ま、ありがたいけど。

ラジオ塔ってのがあった。
昔はこれでみんなでラジオを聞いたらしい。

IMG_0784.jpg

水力発電所の跡もあった。
おもしろいな。

IMG_0785.jpg

さらにこんな、
何だか謎めいた建物も。

全く近寄ることはできないんだけど、
何だこれ?

IMG_0788.jpg

写メ撮って拡大してみたら、
「射場」とか書いてある。

まさか射的場じゃないよね。
猟師が集まった小屋なんだろうか?

IMG_0787.jpg

いきなり物珍しい遺物3連発でご機嫌だ。

いい道なんだけど、

IMG_0789.jpg

すぐに終わっちゃった。

じゃ、駅まで戻り、
有名らしい瑠璃光院へ行ってみよう。

IMG_0790.jpg

って、そうかぁ、みんなこっちに来てたんだ。

素晴らしい庭があるみたいだけど、
山門の前にはロープが張られ、
長蛇の列ができていた。

パス。

八瀬行ってみた その1

京都の八瀬へ行ってみようと思った。

同じ叡山電車でも、
貴船の川床料理で豪遊して鞍馬温泉へ
というコースにはよく行ったけど、

八瀬と言えば昔遊園地があって、
幼少のみぎり、
その八瀬遊園へ
行ったことがあったようななかったような、
もしかしたら初めてかもしれない。

京橋から京阪電車に乗る。
え?!  満員やん!

もうラッシュ時なんかとっくに過ぎてるのに、
ぼくは枚方から運よく座れたけど、
ギュウぎゅう詰めだ。
しかも、乗客がやたらに若くない?

そうか、京都は大学の町。
これは学生の通学ラッシュなのかぁ。


賀茂川と高野川の合流地点にある、
終点の出町柳に着いた。

ここで叡山電車に乗り換えるんだけど、
こぢんまりしてて好きな駅。

IMG_0778.jpg

しかし、
ここからの電車も満員だった。

沿線に大学がある。
あとはご多分にもれず中国人ばっかり。
それから若い日本人女性の旅行者も多い。

平日のこんな辺鄙なところ、
混んでることなんて全く予想してなかったけど、
やはり秋の京都はあなどれない。

15分ほどで、
昔は八瀬遊園という駅だったと思うけど、
八瀬叡山口駅に着く。

IMG_0780.jpg

人は多いけど、なかなかいい感じだねぇ。
期待が高まる。

亥年のネタ

もう年賀状を売り出してるんだよね。
憂鬱な季節だ。

毎年、
受けを狙ってネタに凝って来たけど、
干支が何周もまわってるんだから、
もう限界である。

あるいは、
オツムの方が活性を失ったのかもしれない。

気持ちは焦るけれど、
ネタなんかかけらも浮かんでこない。

どなたかこっそりネタください!



新・スズメのお宿計画 その5

ここのところ、
巣箱に入るスズメの姿を見かけない。

巣箱の中のパン屑も数日間残ったまま。

そもそも、
巣箱に出入りしていたボサノバの姿も見ないし、
やってくるスズメの数も減った。

いつも来るのは
ホソクビ、ポイントビューティーと名付けた2羽くらいだ。

ホソクビは毎日何度も、
ガラス扉の前で餌くれアピールしてるけどね。

うーん、
朝夕冷え込むようになったから餌不足で、
来客は増える時期だと思うんだけど。

テラスがスズメたちでにぎやかになってないと、
ちょっと寂しいよ。

巣箱は見捨てられたまま年越しかな?



熱戦決着

今、勝負がついた。

セ・リーグであれだけぶっちぎったカープが、
めちゃ白熱の好勝負だったとは言え、
短期決戦の流れがあるとは言え、
パ・リーグ2位のソフトバンクに歯が立たないのね。

それにしても、
ま、ちゃんと知らないけど、
カープもホークスも、
自前で育てた選手が多いよねぇ。

どちらもいいチームだと思う。
こういうチームが強いのいいことだ。


ところで、
この30年間で、
日本一になってない球団がふたつだけあるの知ってた?

もちろん、ひとつはあの情けないチームだけど、
もうひとつがカープって、
意外だよねぇ。

だから阪神ファンは、
ひとりぼっちになりたくないから、
密かに(?)ホークスを応援してたとか。


ホークスのおかげでカープと同じ立場になれたんだけど、
カープとタイガースの差は、
天地の差だわ。


ともあれ、両チーム、お疲れ様。
力の入ったレベルの高いゲーム、
楽しませてもらいました。

iPhoneⅩ

もう次の機種も出てるけど、
iPhone7からⅩに機種変更しました。

2週間前に手に入れてたんだけど、
ちょっと事情があって、
ようやく全面使用できるようになった。

iPhoneおなじみのホームボタンがなくなって、
まぁ、画面が広い。

IMG_0775.jpg

それにきれいだ。

顔認証のロック解除も便利。

OSもサクサク気持ちいい。

なかなか気に入ってます。

でも、ずっしり重いよ。


サンズイいります

先日、箕面を「旅」したことを書いた。

そのとき、
有名な大滝への道は台風被害で閉鎖中。
山側のハイキングコースを歩かねばならなかった。

その大滝への道が昨日復旧、開通したそうだ。
大阪ではニュースになっていた。

ぼくはこれも2か月前の台風21号の被害だと思っていたんだけど、
そうじゃなくて、
昨年の台風から1年ぶりの開通だったのだとか。

そうだったんだねぇ。

昨年、大阪市内ではさしたる台風被害もなかったから、
知らなかった。

本格的な紅葉シーズンを前に、
箕面ではいろんなイベントが企画されているらしい。

どうぞ皆さん、行ってみてくださいな。


ところで、
箕面の旅をアップしたとき、
役行者ゆかりの寺、リュウアンジを紹介したが、
そのときに龍安寺と誤記してしまった。

石庭で有名な京都のお寺と読みが違うだけの同名なんだ。
勝手にそう思ってたけど、
ぼくの完全な勘違いでした。

正しくは瀧安寺でした。

お詫びし、訂正いたします。

長い時間

長居公園の木々もずいぶん色づいてきた。
秋の風情。

でも一方でこんな光景も。



近畿を直撃した台風21号から2か月近く。
倒木の処理も進んできたけど、

IMG_0773.jpg

何か痛々しい。

数えきれないこの切り株たちは、
まだ生きてるんだろうか?

再生していくんだろうか?
それともやがて根っこごと掘り返されるんだろうか?

IMG_0772.jpg

こんなに太い木、
何十年生きて来たんだろう?

寝っこを掘り返して新しく植樹するにしても、
この切り株が再生するにしても、
元のような姿に戻るにはまた何十年もかかるだろう。

ぼくが生きてるうちには無理だな。

切り株たちを見ながら、
いろんなこと考えて、

秋の空は気持ちよく晴れ渡っていたのに、
何かちょっと心が沈んだ。

国防? 国暴?

今日、
辺野古の埋め立て工事が再開されたそうだ。


防衛省が国交省にすがるという茶番劇を経て、
国家権力がまた沖縄レイプを始めたわけだ。

わかっていたことではあったけれど、
改めて怒りがふつふつと湧いてくる。

アメリカに守ってもらわないといけないからって、
こんな下らない国、守る価値なんかないよ。

国家権力fが暴力をふるい、
それが簡単にスルーされる、
こんな下らない国なんか。

あきれたハロウィーン

もう11月、早いですねぇ。

さて、昨日はハロウィーンだったよね。
別にぼくなんかには全く関係のない日だけど、
びっくりするようなニュースがあった。

神戸の山口組が毎年お菓子を配ってるんだって。

そんなもん貰いに行くヤツおらんやろ。
地元の子ならそこが暴力団の事務所だって知ってるだろうし、
知らなくても親が近づくなと言ってるだろう。

ところがなんと、
親子連れがゾロゾロ行っていた。

子どもにはお菓子、大人には日用品。
平気で受け取ってテレビのインタビュー受けていた。

なんという浅ましさ!

そのお菓子代、
オレオレ詐欺とか覚せい剤とか、
犯罪でまかなわれてるんだよ。

そんなことも考えられないのだろうか?

あまりにも愚かすぎる・・・・。

| ホーム |


 BLOG TOP