FC2ブログ

プロフィール

河童

Author:河童
コメントをお待ちしています!

カテゴリ

あなたは何人目?

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

完全予想

やっぱり、と言うべきか。

第2戦に勝てなかった時点で、
ぼくに言わせればもう勝負は完全に見えていた。

だから3戦以降はほとんどテレビ中継を見てなかった。

見なくてもわかる。

50年近くもタイガースファンやってるんだから。

今回のシリーズの結果は毎朝の新聞で知った。
予想通り、今朝も予想通り・・・・。

ま、朝の新聞で、
予想を裏切ってくれてることを、
心のどこかでずっと期待してたんだけどねぇ。

やっぱりタイガースはぼくの手の中と言うか、
予想の中にきちんとあった。

あれは何年前?
13ゲーム差をひっくり返されることも予想してた。


いつか85年のように、
予想を裏切り続けてくれる日がくるのかな?

死ぬまでにそんな年があるといいね。
スポンサーサイト



Key

ぼくの頃にはそんなのなかったけど、
職場体験っていうの、
今日からウチの職場にもやってきた。

よく知っている中学生が来てた。

彼女はまだミドルティーンなのに、
ぼくなんかには想像もつかないほど、
ハードな人生を送っている。

ぼくだったら荒れるかぐれるか、
この世にいなかったかもしれない。


でも、彼女は今日、
みかんを差し入れしたら、
まだそんなハードじゃなかった頃と同じ、
とってもチャーミングな笑顔を見せてくれた。

あどけない笑顔に、
ホッとしたような胸が痛いような、
おかしな気分になった。

でも、
笑顔は素敵だった。

彼女に幸あれ。
心から。

今そこにいるクマ

クマが人家に!っていうニュースはよく耳にする。

もちろん当事者には気の毒と言うしかないんだけど、
結局のところ人災なんだなと、
申し訳ないけど全くの他人事である。


山里に住む友人からのメール。
留守宅にクマが来ていたらしい、と。

換気扇が外側から壊され、
その近くに置いてあった缶ビールのケースが
ぐしゃぐしゃになっていたのだとか。

しかも、
1本、飲まれてたって。

ええっ!

クマ酔わないのか?
酔ったクマって、
人間の「トラ」より怖いぞ。

まさかプルリング開けた訳じゃないだろうけど、
どうやって飲んだんだ?


ひとり家にいて、
外からガリガリやられたときのことを想像してみる。

こわーーーっ!
外をのぞく訳にもいかないし。


友人宅の被害で初めて、
別世界の話が身近になった。

どうも想像力が乏しくて情けない限り。

メル変

ちょっと故あって、
今朝、小一時間ほど、
小学生の女の子とふたり、
ブランコでゆれていた。

とってもいい天気で、
ポカポカ気持ちいい。

女の子はいろんなことを、
とっても素直に話してくれた。
楽しそうに。

ぼくも楽しかった。

メルヘンチックな光景かなとも思ったんだけど、
小さな公園に、
ぼくたちの他には
若いお父さんと幼児のふたりだけ。

ぼくたちは孫とじいさんかな?

そうだといいんだけど、
実は女の子にはちょっと訳あり。

学校へ行ってるはずの時間に、
おかしなおっさんと公園でブランコこいでる。

通報されなくてよかった。

宮里榮弘芸能館!

今、那覇の宮里榮弘芸能館から電話があって、
榮弘さん、瞳さんと少しゆんたくした。

しんどくてしんどくて、
本を読む以外何もする気にならなかったんだけど、
ちょっと元気出た。


ぼくの紹介で昨日、
友人御一行17名様が芸能館のお客となったのだ。

そのお礼の電話だった。

17名の大量動員。
と言っても、
食事付きのみ放題、
ステージ・チャージ込みで4000円だったっけ、
全く儲けにならない動員って言うか、
こっちが無理を聞いて貰ったようなこと。

それなのにわざわざご夫婦で
お礼の電話をかけてくださる。

こちらこそ頭が下がります。


皆さん、
那覇の夜は宮里榮弘芸能館です。
絶対です。

河童が責任を持って、
ご予約させていただきますから。

ふぅ・・・・。

ピンチである。

何かよくわからないけど、
完全に体調を壊してしまった。

何とか最低限の仕事だけはこなして帰宅。

どうしようもないな。

ワーッと行くかな?

ワーッと、
勢いで行ってまうしかないんよね。
競り勝てるチームじゃない。


クライマックスシリーズってどうなん?
2位から日本シリーズ出るってどうなん?

クジ運の悪さで勢いも止まるんちゃう?

いろいろ思てたけど、
おかげで今年は長いこと楽しませてもろてますわ。


勝てるとは思わんけど、
もうちょっと楽しましてください。

長いおつきあい

寒くなるのが許せなくて、
はかない抵抗で半袖シャツ1枚でいたら、
風邪ひいた。

もうかよ!

粘膜の弱いぼくは例年、
風邪をひいては春まで超ロングランという、
泥沼にはまりこむんだけど、
喉が痛くなってからもう1週間。

いよいよ熱も出てきて、
今日は青息吐息。

いつもの泥沼に早くもはまった。

おい、秋から春まで
2シーズンの風邪になるのかい?

大人の恥

どこやらの市長と
どこやらの団体の代表が面接して、
罵倒のしあいからつかみ合いになりかけたとか。

ぼくもニュースでチラッとそのシーンを見た。

「あんたは・・・・」
「おまえは・・・・」
「おまえ言うな・・・・」

笑った。
それから寒くなった。


今日、小学生に訊いてみた。
「あれ、見た?」

「うん、子どもみたいにケンカしてたな」

思想だとか心情だとか、
その他諸々はとりあえず置いておこう。

お願いだからさ、
子どもにも笑われるようなことはしないで!

あまりにも愚かし過ぎるよ。
小学生にさえ笑われてること、
知ってる?

ユニバーサルシンデレラ

先日、USJに行ってきたサッペたちの話によると、
夜のパレードにシンデレラやアリスやピーターパンが出てきたのだとか。

え?!
そんなん許されるのか?
TDLは黙ってるのか?

あぁ、でも、そうか。
シンデレラやアリスはディズニーのオリジナルじゃなかった。

原作者の許可を得て、
ディズニーのキャラさえ使わなければ、
何も問題はない訳だ。

けどさ、
どうよ?

問題ないからってシンデレラ出してくるか?

その心根が大きな問題だと思うけどなぁ・・・・。

N村K一先輩

先日、
先輩のN村K一さんとばったり会った。

もう退職して長くなるけど、
大好きな先輩。

ところが、
会うなり、
「お前メール送ってもいっこも返事もよこさんと!」
笑いながらだけどいきなり叱られた。

え?

心当たり全くないですよぉ!

「ウソつけ! HPにも送ったぞ」

え? え?
そんなまさかぁ。

ぼくはこう見えて律儀なタチで、
イヤなヤツからでもメールが来たら一応は返信するのに、
大好きな先輩からのメールに反応しないなんてことは
あり得ん!

あくの強い先輩だから(失礼)、
ウィンドウズが勝手に悪者と認識し、
迷惑メールとして処理してたのかな?


しばし立ち話で近況を交換し、
呑みに行きましょねぇ!と別れて、
帰って早速メールを送ったら、
ん? 送れない!
デリバリーエラーが出る。

アドレス変わっちゃったのかな?

しゃあない、電話しょうか?
でも、お互い電話なんかし合ったことないし、
ちょっと照れるな。
葉書書こか。
葉書って家にあったかな?

そう考えてみると、
メールというツールは便利なだけじゃなくて、
電話でも手紙でもない、
独自の位置を築いてるんだと、
改めて感じた。


で、
N村K一先輩、
はかない望みですけど、
もしもこれ読みはったらメールください!!!

優勝電話

「死んだ子」と、
うちでは言っている。

上の娘のチッペのことである。

ぼくはしないけど、
カッペやサッペがメールしても、
殆ど返信はない。

連絡がつかないらしい。

あっちから連絡があるのは、
自分に利益があるときだけ。

例えば誕生日に何が欲しいとか。


そんなチッペからさっき電話が入った。

「お父さん、今、どこ?」

は?

「道頓堀とか行ってないのん?」

あぁ!
阪神が勝ったから電話くれたんや。

そういえば彼女はぼくが阪神ファンにしたんだ。
子どもの頃にはタイガース子どもの会に入り、
一緒に甲子園で騒いでたっけ。


阪神が勝ったことより、
そのことで娘が電話してくれたこと、
うれしかった。

そう言えばあれは05年?
03年だったっけ、
優勝したとき、
どう喜んでいいのかわからず、
ふたりでとりあえず道頓堀行ったよね。


タイガース、チッペ、
出来の悪い子ほど可愛いっていうことか。

それが出来の悪い親の喜びだね。


これでいい阪神タイガース

こんな展開?

てか、
この展開でしかタイガースは勝てないよね。

とりあえず、
久々に、
楽しませて貰いました。

気持ちよかったよね。

多分、阪神ファンはみんな、
これで満足した。

日本シリーズは4連敗でもいいって。

だから4連敗するよ、きっと。

これだから酒は

今日は昼から、
子持ちのママふたりと飲んだ。

ふたりともアラサーのとびきり美女で、
それより何より、
飲み助。

それが大事。

かつては呑み友だちだったんだけど、
出産、授乳と禁酒期間があって、
3人そろい踏みは3年ぶりだったのかな。

変わらぬ色香。

でも、
3人寄れば文殊の知恵、
じゃなくて、
おっさんである。

1秒たりとも沈黙はなく、
ひたすら喋り続けて3時間。

ひとりの美女は帰り、
もうひとりの美女に誘われて、
ホテルへ。

じゃなくて、
立ち飲みへ。

そこでまた3時間半?

隣りの中年夫婦と知り合って盛り上がり、
その隣りのおじさんと、
その隣りの24歳の、
さっき彼女と別れてきたという男性と、
最後には
逆隣りのおっさんと若い女性のカップルと、
総勢8名になって、
ワイワイ、さんざん飲みまくった。

彼女と別れてホヤホヤの彼は、
ひとりしみじみ飲んでいたが、
いつしかみんなが、
それは別れて正解だったという結論を出し、
とっても元気にはしゃいでた。

逆隣りの48歳のおっさんと24歳のカップルは、
もうすぐ結婚するんだって、
みんなで乾杯!

あんたみたいなきれいな人が、
なんでこんなおっさんと結婚するん?

遠慮も何もない。

まるで何かのドラマのシーンみたいに、
思い切り人情酒場だった。

大阪だね。

まるで沖縄にいるみたいだったけど、
泥臭くて慎みがない分だけ、
沖縄とは少し味わいが違う。

24歳から61歳までが
どこの誰とも知らず、
名乗り合うこともせず、
自分のナマを語り
また会おうって、
恐らく会えるはずもないのに、
陽気に握手しながら別れる。

こういうのはいいな。

へべれけになって店を出て、
彼女とふたり駅に向かってたら、
先に店を出ていた中年夫婦の姿を交差点で見つけ、
襲いかかった。
「こらぁ! こんなとこで何しとんねん!」

早くも再会しちゃったね。

写メ撮って、
ハグして、
もう一度、さよなら。

一期一会。

でも、
またいつか会える気がする。

そんな気分がぼくを幸せにしてくれる。

阪神半疑タイガース

え?

タイガース逆転したの?

テレビ見たら0-2で負けてたから、
そうそううまい話もないわなって、
別のことしてた。

今、ネットで見たら、
なんと、勝ってるやんかぁ!

日本シリーズに王手?
ここに来て巨人に3連勝?

あり得ん。

いや、実は昨夜、
ここまでは読んでいた。

元関西六大学野球の投手である、
サッペのダンナ(但し、4年間ベンチに入れず)と、
そういう読みはしてた。

総てがタイガースの流れになっている。
巨人は悪い流れに飲み込まれている。

あり得るよ。
これはあり得るよ。

でも、
王手まで行って、
そこから4連敗っていうのがオチ。

それが昨夜のぼくの結論。

信じちゃいけないタイガース。

でも、
ここまで来たら、
期待しちゃうよねぇ。

そこを裏切るのがタイガースなんだけど、
さてさて。

ま、寒くなってきたこの季節に、
楽しませてくれてはいますよね。

頼むわっ!

ありのままは隠したけれど

今日、ひょんなことから、
小学生の音楽の授業をさせられた。

合奏の指導だよぉ。

いやぁ、
音楽は大好きだし、
下手くそながらいろんな楽器は弾くけど、
単純な三味線の工工四や、
バンジョーのタブ譜は読めても、
五線の楽譜は読めない。

いや、読めるんだけど、
暗号解読みたいに時間がかかる。

ピアノも弾けないことはないんだけど、
せいぜい小学校低学年レベルで、
ハ長調以外の曲を弾いたら、
例えば子どもが横で喧嘩しててもわからない。

鉄琴や木琴、
笛やオルガンなどなど、
沢山のパートの子たちが、
「河童先生、ここどう弾くん?」
「このリズムどんなん?」

あいや、まいった。
冷や汗冷や汗。

でも、大人はそれくらいできるのだという子どもたちの幻想に救われて、
馬脚を現すことなく、
何とか乗り切ることができた。

てか、
口先三寸だけは人並み以上なんで、
適当に励ましたり勇気づけたりしてたら、
子どもたちが勝手にうまくなっていく。

最後には難しいLet It Goを、
何とか最後まで演奏してた。

すごーっ!

二分音符と四分音符の違いもわからないくせに、
CDと一緒に演奏してるうちに、
感覚的につかんじゃうんだね。

子どもって、すごいわ。

もう拍手拍手。

メッチャ楽しかったぁ!!!

ありがと、5年生諸君!

信じない

ん?

ちょっとタイガース・・・・。

あかんあかん。
騙されたらあかんでぇ・・・・。

Let It Go

『アナと雪の女王』がとっても退屈だったんで、
大ヒットした(らしい)テーマ曲も、
一体どこがいいんだか理解に苦しんでたんだけど、

仕事の関係で何度も何度も繰り返し、
この曲を聴くことになった。
インストゥルメンタルだけど。

でもこれだけ繰り返し聴いていると、
もしかしたらインストだからかもしれないけど、
悪くない曲かも・・・・と。

ま、要するに、
感性が鈍ってるんだな。

昔は一度聴けば心に飛び込んで来て、
すぐにメロディーラインをとらえてたけど、
トシのせいで
心に届くまでに随分時間がかかるようになったってことかな。

ま、それが今の、
ありのままの河童であります。

太陽の塔



今日は歩きの多い仕事だった。

万博公園。

50年前、この塔は随分奇妙だったけど、
見慣れたのか岡本太郎がわかるとこまで成長したのか、
今は違和感がない。

何度見ても、
威風堂々、
いい感じである。


しかしざっと23000歩。
これだけ歩くと少々こたえるな。

歳、とった。

50年たっても、
太陽の塔は歳をとらないけれど。

77777

HPのアクセスが77777に近づいてきましたねぇ。

TOPでは紹介してませんが、
もしも踏まれた方は、
ご連絡下さいね。

何かプレゼントを考えます!

3人風呂

先日からサッペ一家が滞在している。

今夜、
サッペの口車に乗せられた息子ふたりが、
つまり孫ふたりが、
「おじいちゃんとお風呂に入る」って、
おい、ふたりとも?

でも、少しは大きくなったこーちゃんも、
もちろん兄貴のそーちゃんも、
泣かずにご機嫌で入り、
お兄ちゃんが出たあとも、
弟は延長を申し入れてきて、
ふたりで入ってたら、
お母さんまで入ってきた。

娘のヌードって、
あんまり見たくはないんだけどさ。


ともあれ、
孫ふたりと何事もなく3人で入ったのは、
初めてだねぇ。

よかったよかった。

台風19号

さすがに大阪にも、
雨が降って、台風っぽい風が吹いている。

まぁ、また大したことはないんだろうけど。


一方、鳩間島。

今年、直撃は免れているものの、
前の台風のときからずっと、
もう10日ほど、
いや、10月に入ってほとんど船は欠航している。

ま、多分貨客船は動いてるんだろうから、
食料が途絶えることはないんだろうけど、
不便だろうなぁ。

お見舞いがてら、
春の宿の予約しとこうかな。

「え? 来年の3月?
 もうちょっと近づいてからにして」

なんて言われそうだけど。

インターナショナルHP!

青年協力隊としてグァテマラに飛んだメグから、
昨日の『鈴木先生が大切』にコメントが届いてた。

彼女が生活するのは、
日の出とともに起きて日没とともに眠り、
手で洗濯をするような山村らしい。
ネットに侵されていない穏やかな場所なんだろう。

メグは日曜だけ町に出てオンラインになるんだけど、
いや、地球のあっち側からアクセスしてくれてるって、
うれしいね。

パリにも熱心な愛読者がいてくれるから、
記事を訂正しとかないとな。

「日本全国に数名の愛読者」じゃなくて、
「地球上に数名の愛読者」だ。

超零細HPのくせに、
なかなか立派なもんである。

若い女性の刺激

26歳の女性が3人、
遊びに来てくれた。

26歳なんだから立派な女性なんだけど、
ぼくにすれば26歳の「子」たち。

だって彼女たちと知り合ったのは、
彼女たちが10歳、
ぼくが40過ぎの頃だったから。

3人のうち1人は9月のエイサー祭りで踊ってたからそのとき以来だったけど、
あとのふたりとは彼女たちの成人式で会って以来。

二十歳って、まだ子どもだったのに、
ようやく大人になってきたかな。

昔話に花が咲いて4時間あまりがあっという間に過ぎた。

トモ、ユリ、マリ、
楽しかったよ、来てくれてありがと!


彼女たちとゆんたくしてて、
40代初めの頃の自分をいっぱい思い出させて貰った。

あれからざっと15年。

今の方がよくなったこともあるけど、
15年前の自分、
びっくりするほどビビッドだったんだ。

もうすっかり忘れてしまってた。

もっと生きることとか仕事とかに本気だったんだな。

いつの間にか、
早くも余生に入っているテイの自分に気づいて、
それはちょっとショックだったな。

それで発憤するほどぼくは単純でも立派でもないけれど、
少々刺激になったかな。

とりあえず、
少しはがんばろっと!

落選の弁

ぼくの友人に、
ぼくの娘と同じくらいの歳のくせに、
自分は17回輪廻転生を経ており、
あんたは2回目だから自分の方がはるかに人間的に上だと、
アホなことを言うやつがいる。

ま、当たってないこともないから放置してるんだけど、
ぼくが何百回輪廻転生したって巡ってこない、
ノーベル賞受賞の栄誉を残念ながら失ったみたいだ。

憲法第9条が受賞できなかったのは極めて残念だけど、
マララさんの会見を見ていて、
それならこっちの方がとは思わなかった。

ただ、気になるのは、
私たちが受賞対象になっていること、
第9条が世界の表舞台に上がっていること、
つまり現政権にとって極めて都合の悪い事態を、
日本のマスコミはあまりにも些末に扱っていなかったか?
っていうこと。

政権の差し金とは思いたくない。
マスコミの自主規制とはもっと思いたくないけど、
村上春樹が候補に挙がっていることは知っていても、
自分たちが候補に挙がっていることを知らない人はいっぱいいた。

それって、おかしくない???

オリンピックの誘致じゃないんだから、
国民の盛り上がりが左右する話じゃないと思うし、
それならぼくは東京オリンピックに賛成した覚えなんかないんだけど、
マスコミはこぞって国民の総意であるかのように扱っていた。

日本人にとって、
第9条の方がオリンピックなんかよりずっと大切でしょ!


ともあれ、
マララさんとサティアティさんと、
世界の子どもたちに祝福を。

あなたの受賞は素敵なことだと思います。

ただ、
それなら釜ケ崎の荘保さんもノーベル賞に値するよ。

でも、
彼女のことを世界は知らない。


結局のところ、
当たり前のことなんだろうけど、
ノーベル賞もミスコンと大差ないか。


そのようなことを、
受賞を逃した私としての所感としたい。

「鈴木先生」が大切

友だちと飲んで、
11時40分に帰ってきた。

そしたらまだ起きてたカッペと出会って、
「あら!!」だった。

次の言葉は夫婦間の呼吸で省略されたけど、
想像するなら、
「こんな時間にどうしたん?」
だったと思う。

つまり、
ぼくが飲みに行ってその日に帰ってくるということが、
あり得ないことなのだ。


今日は、
なかまから「鈴木先生」と呼ばれる若い友だちと飲んだ。

1年ぶりだ。

うれしいことが3つあった。

一個目。

メッチャ楽しかったのに、
清く正しくその日に帰ったこと。

二個目。

そいつが結婚してパパになるって知ったこと。
しかも、
そのふたりを出会わせたのは、
言ってみればぼくだったってこと。

三個目。

彼はいつだって、
自分がこの仕事をしている原点は、
河童さんと一緒に組んだ2年間だったって言ってくれるんだけど、
今夜はその2年間の裏話をしていて、
ぼくの娘よりも若い彼が、
本気でぼくに挑んでくれたいたのだと知ったこと。


うれしくてたまらない彼の言葉の数々を、
真に受けるほどバカじゃないけど、
真に受けたいので、
ありがたく真に受けた。


ぼくにはこういうヤツが必要だ。

夏が終わり秋になって、
これから冬に向かう。

ぼくがどんどん落ち込んでいく季節には、
特にこういうヤツが欲しい。

いくらぼくがバカだからって、
ただのお世辞や社交辞令で喜びはしないけど、
彼の言葉は欲しい。


「あのさ、年に1回は会お!
 できたら秋か冬に頼むわ」


かつての若い同僚、
ぼくの数少ない良さを分かってくれている元同僚、
全国で数名しかいない、
このページを日々丁寧に読んでくれている元同僚、
ついでに言うとツムツム仲間の元同僚と、
しみじみ飲む喜び。

今夜は最高!!!

だったさぁ~。


あぁ、
もう一個、
うれしいこと忘れてた。

彼となら、
ちゃんと12時までに帰れた。

つまり、
いっつもぼくが2時や3時、朝まで飲んだくれるのは、
みんなはぼくのせいにするけど、
実はそれは相手のせいだったのだとわかったこと。


「鈴木先生」、好きだよ!


絶滅危惧空間

沖縄の銭湯というのは、
ファンの間では有名な存在だ。

番台がないとか、
脱衣場と浴場の仕切りがないとか、
湯船が浴場の中央にあるとか、
蛇口が高い位置にあるので立って洗うとか・・・・

その佇まいは内地のそれとは次元を異にしていて、
それはそれは魅力的な空間なのである。

なんて見てきたようなことを言っているが、
ぼくは一度もお邪魔したことがない。

いつか行こう、
いつか味わおうと思っていたのだが、
何と夕刊に、
沖縄県内の銭湯はとうとう1軒だけになったと。

ふぇぇ!

その銭湯も高齢のおばあが切り盛りしてるというし、
これはもうレッドデータどころではない。
ヤンバルクイナやイリオモテヤマネコどころではない。

沖縄に「スパ」は続々誕生していても、
銭湯が新設されるなんてことは考えられない。

おばあには失礼な言い方だが、
最早秒読み段階ではないか。

いつも沖縄本島に寄るときには、
那覇のいきつけの飲み屋さんを回るだけだが、
そんなことしてる場合じゃないんじゃないのか?

最後の銭湯は沖縄市にあるという。
昔で言うコザだ。
那覇からはちょっと遠い。

でも、行っておくべきではないか?
あいにく春は石垣往復便をおさえてしまったが、
夏には足を延ばすべきではないか?

真剣に最後の空間をリサーチしなければと思った。

名将?

タイガースを優勝させてくれた人だけど、
その後楽天の監督に転じ、
この度引退したあの人がぼくは嫌いだ。

彼が中日に入団したときから知ってるけどさ。

いつの間にか「名将」みたいに言われてるけど、
何から何までえらそうなんだよね。


ラストゲーム後の会見。

「今年最下位に甘んじた責任はすべて自分にある」
ならいいけれど、
「すべて自分が長く現場をはなれたことにある」ってどうよ?

つまり自分がずっといたらこうはなっていなかったってこと。
その間のリーダーがいけなかったと。
結局自分がえらいんでしょ?

中日の監督時代、
優勝したら来年もあの人が監督になるから、
今年は優勝しないでおこうって、
選手たちは言ったそうな。

ウソかホントか知らないけどね。

ま、長い間、お疲れ様でした。
お身体をお大事に。

秋と言えば

何なんだろう?

あちこちから「会いたい」「飲みたい」の連絡が相次ぎ、
ぼくの今月から来月への週末は予定だらけになった。

友だちがほとんどいないから、
週末はこもりっきりが普通なのに、
異常な事態である。

この季節には、
みんな飲む相手が枯渇するのだろうか?

ぼくと言えば夏、
そういうイメージが周囲には色濃くあるのに、
この季節にはふとぼくを思い出させるような、
何かがあるのだろうか?

もしそうだとしたらそれはきっと、
爽やかな風や美しい名月、
知的なノーベル賞であるに違いない。

そういうことなら会ってやる。
飲んでやるぞ!

新・山下跳び

もうすぐ日本でオリンピックが開かれてから50年。

ぼくは体操の山下選手の跳馬を見て感動し、
将来は体操選手になってオリンピックに出たいと、
山下選手のように金メダルをとりたいと、
作文に書いた。

小3だったな。


今、横のテレビで世界体操やってる。

50年後の体操。

どんだけ回るねん。
どんだけひねるねん。

ぼくが憧れた山下選手の「新・山下跳びなんか、
赤ん坊みたいな技でしかないんだろうけど、
それでも、、
鮮烈だったなぁ・・・・。

予約できません

半年後の旅のエアを予約した話をしたけど、
そのとき、
来年の3月28日までは発売してるんだけど、
29日以降は売ってなかった。

ANAの場合なんだけどね。

たまたまそれを検索したのが9月28日だったので、
そうか、明日まで待てばいいんだと思ってたけど、
翌日も、その翌日も、
その後もずっと、
3月28日までしか売り出してない。

どういうことなんだ?
予約可能日が2ヶ月前から半年前になったんじゃなかったの?


疑問に友人が答えてくれた。

春に10月の予約をしようとしたときに同じ「現象」に遭遇したのだそうで、
往路の便はおさえられても、
復路の便は売り出してない。

そのときは結局、
復路の便は従来通りの2ヶ月前発売だったのだそうだ。

そっかぁ。
ぼくは復路を3月29日から28日にかえて予約をすませたんだけど、
3月29日の便は1月29日発売ってことなのか。

何でそんな中途半端なことするのか全く理解できないし、
その疑問はまだ解けてないんだけど、
とりあえず対処法が間違ってなかったことはわかった。

それにしても、
ちょっと不親切じゃないの?

そんなことちゃんと広報しようよ!

身分制度容認

昨日、どっかのお嬢様と大きな神社の息子とが、
結婚したらしい。

それはおめでとう。

でも、
誰かと誰かがただ結婚したというだけで、
テレビや新聞が大々的に、
「様」つきで報じる。

申し訳ないけど正直、キモイと思って、
チャンネルをかえた。

この国に「身分制度」はなかったはずなんだけどなぁ・・・・。

台風休校

結局台風18号は、
極端に眠りの浅いぼくを起こすこともなく、
夜中の間に大阪を通り過ぎた。

申し訳程度の雨と風だったようだ。

でも大阪市内の学校は休校だって。

子どもたちが登校するような時間には、
もう薄日さえ射していて、
風なんか全く吹いてなかったし、
子どもたちにはうれしいオマケ休みだったんだろうな。


ぼくが子どもだった頃、
台風休校なんか経験したことはなかった。

暴風警報が出てるかどうか、
それで休校が決まるんだそうだけど、
気象庁も学校も何かあったら責任問われるから、
やたらに警報出すし、
やたらに休校する。

ま、文句を言うつもりはないけど、
ぼくの子どもの頃もそうだったらよかったのにな。

安全神話

台風18号が九州に近づいているらしい。
今回も沖縄・八重山を直撃することはなかったんだけど、
鳩間航路は3日間欠航している。

あちこちで天気は荒れていて、
鹿児島はもちろん関東でも大雨が降ってるみたいだけど、
大阪は風も全く吹かなければ雨らしい雨も降ってない。

今日は運動会というところも多かっただろうけど、
充分やれたよね。


大阪はホント、どうなってるんだろ?
実は大きなバリアーで覆われているという
都市伝説もあるらしいよ。
御嶽山は大変だろうにね。

あなたの地域も無事でありますように。

我が敵CG

初代『猿の惑星』、
あれが登場したのは70年代だったかな?

強烈なラストシーンは今でも映画史に残ってるんじゃないかな?

少なくともぼくのラストシーン史上では、
ベスト3に入るくらい衝撃を受けた。

ので、
近頃映画とは全くご無沙汰してるんだけど、
テレビで『猿の惑星 創世記』っていうのをやってたんで、
つい録画して観た。

げっそりした。

なんだ?これ!

ストーリーじゃない。
映像の話だ。

紙芝居か!!!

ぼくは何度も言っているので、
もう飽きた方もおられるかもしれないが、
CG。

どんなにワクワクする物語でも、
あの陳腐なCG画像を観たら、
全部さめる。

映画はCGがダメにした。

しらけるぅ~!


今夜は『アバター』だって。

大ヒットしたことは知ってるし、
観とかなあかんかなと思ったけど、
あのCG満載そうな映像を思い浮かべたら、

スルー。


かつて映画に惚れ込んで、
年に100本も200本も観ていたおっさんが言う。

CGが映画を映画じゃなくしてしまった。
映画の魅力をすべてぶちこわしてしまった。

決して懐古趣味じゃないと思うよ。
CG映像を映画だと思って育った若い子たちは、
不孝だと思う。

さよなら、映画。

ぼくも候補

ノーベル賞の季節だけど、
受賞者の予想ランキングなんてのがあるらしい。

それによると「憲法第9条を持つ日本国民」が
平和賞のランキングトップに躍り出たそうだ。

ノミネートというのか申請というのか、
自分たちがノーベル賞の候補になっているのは知ってたけど、
所詮はひとつのポエムと言うか、
現実的に受賞なんてことはあり得ないものだと思ってた。


物騒な画策を続ける政権には、
受賞などとっても迷惑な話で、
またよからぬ動きをするかもしれない。

でも、この賞は、
是非ともいただきたいと思った。

祈ろう。

不思議なこと

何でこんなことになるのか、
全くわからない。

今日はぼくについていた実習生さんの最後の日。

若い美女とゆっくり飲むはずが、
気づいたら8人いた。

お疲れ様。
がんばって。

って見送ったのが10時頃。


そこまではよかったんだけど、
若いヤツと3人で次の店に行って、
11時48分まで時計見てたんだけど、
帰ったら2時だった。


なんで こういうことになるのか?
ぼくは固い意志で、
0時までには帰るつもりだったのに。


一緒にいた2人は、
ぼくがそうしたという。

訳わからん。

なんでこんなことになったんだ?

虫のしらせ

秋なんだけど、
何か足りないなと思ってたら、
ねえ、虫が鳴いてないよ。

これってうちの辺だけ?
それとももっと広範囲な事象?

秋の虫に鳴かれると寂しくなるので、
鳴かない方がいいと言えばいいんだけど、
いいのかな?

近未来

春の鳩間のことなんて、
どうするかまだ考えてもいなかったのに、
彼女の意志が固いようだったので、
エアの予約入れた。

そりゃ格安だよ。
だって、半年後のことなんだよぉ。

大丈夫かいな、ぼくの身体・・・・。

昭和39年

50年前の今日、
初めて新幹線が走ったのだとか。

その日のこと覚えている。
はっきりと。

ぼくは小学校の3年生だった。

当時在籍した神奈川県のY小学校では、
学校を挙げて見物に行った。

学校から2,30分歩いた場所だったと思うけど、
そこから見られるのは、
はるか遠くの山と山の間を走り抜ける10秒ほどの間だったと思う。

わーっ!と言ってるうちに新幹線はトンネルに消えていった。

それでも新幹線の開通は
何かとてつもないことだという風潮があって、
ぼくたちは無理矢理感動させられていた。

学校にもどったら、
みんなで新幹線新聞を書いた。

運動会の練習では、
「オリンピック音頭」踊らされてたな。

うなぎ

晩ご飯はうなぎだった。

いつお目にかかれるかわからない状況下、
ありがたくいただいてみると、
美味しいぞ。

聞けば、
友だちの伝手で専門店から手に入れたモノだとか。

「高いんやろね」
「このごろスーパーのうなぎでも2000円するからね」

怖いので値段は訊けなかった。


うなぎ様、
どうぞご健勝で、
できましたら度々お会いできますように。

| ホーム |


 BLOG TOP