FC2ブログ

プロフィール

河童

Author:河童
コメントをお待ちしています!

カテゴリ

あなたは何人目?

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

爆弾発言

昨年の今頃、
AKBやらされたなぁ。

I want you~

ミスカート、ニーソにヅラで大島優子やったのだった。

センターだし、
毎晩youtubeで自主練したよなぁ。
もう1年たったのか。


その1年前の舞台があまりに不評だったからだろう。
今年は端役で許された。

ゴールデンボンバーのヒット曲を、
隅っこの方で。

これは気楽でよかったと思ってたら、
終わったあと、
「河童さん、途中でバテてた」
「脚が上がってなかった」
「動きが遅れてた」
「衣装に工夫がなかった」
 ・・・・・。

隅っこの端役にも、
観衆の厳しい目は注がれ、
手抜きは容赦なく指弾されるのだった。


反省するかわりに八つ当たりしてやる。

BOMBのBは発音しないから、
BOMBERはボマーじゃないのか?


2年後には還暦でセンター張ってやる!
スポンサーサイト



溶けない謎

チタン

素っ気ない、
いや、飾り気のない、
金属のコップである。

チッペが結婚式の引き出物にしたので、
晩酌に使っている。

何でもNASAのテクでつくられたものだそうで、
真空チタンタンブラーとか言う。

世間知らずのぼくには例によって初耳だったんだけど、
軽いし、口触りがいいし、
何より、
ロックで焼酎を飲んでても、
なかなか氷が溶けないことには驚いていた。


昨夜はカッペが呑み会に出て行った。

6時前だろうか、
ちゃんと晩ご飯の用意をして行ってくれた。

ぼくは7時半過ぎ、
ご飯を食べることにして、
温めたりしてる間に、
そうそう、
グラスに氷入れとこう。

テーブルにグラス取りに行ったら、
え?
何と至れり尽くせり、
もうグラスに氷が入ってるじゃないか。

それはやりすぎでしょう。
と思ったけど、
ふと、
中の氷を指で抑えつつ、
グラスを逆さまにしてみた。

ある程度予測できたから、
受け皿もなしにテーブルの上でそんなことしたんだけど・・・・。

恐らく氷が入れられてから2時間近くもたってるのに、
グラスからは一滴の水も出てこなかった。

すっげー!!!

ただただ単純に感心した。


因みに、
って、全く因みのない話だけど、
チッペが結婚した相手の妹さんのダンナさんは、
NASAにいるんだって。

ぼくはいつも、
なさけNASAの中にいる。

春あらら

ようやく寒さが和らいできたね。

2月もやっと反省したんだ。
って、もう2月終わりじゃないか。
反省が遅すぎるわ!


陽射しはとってもまぶしくなってきて、
やっと春だ!

今日は晴れた空に霞がかかってる。
春だねぇ。

「河童さん、
 これPM2.5と花粉ですよ」

え?!


世間知らずと言うか、
世の中の動きについていってないぼく。

春霞とか春うららとか、
そんな情緒のある話じゃなくて、
とっても危ない話だったんだ・・・・。

そう言えば、
インフルエンザも収まってきたというのに、
やたらにマスク姿の人が目についた。


あ~あ、
昔がよかったとは言いたくないし、
言う気もないけど、

いやなご時世だねぇ・・・・。
急に喉が痛くなったような気がした。

アンドロイド赦しがたい!

ひどいね。

最初に携帯を手にして、
それからいろいろ苦労してカスタマイズしてきたのが、
初期化されていると言うか、
初期にも戻ってないというか、
明らかにおかしくなっている。

PCなら、
復元ということができるけど、
スマホでそれができるのかできないのか、
わからないけど、
ぼくにはできず、
またカスタマイズを一から・・・・。

こんなこと赦されんだろ。

何も知らないぼくは、
ここまで半年、
苦労はしたけど不愉快な思いをしたことはなく、
機嫌よくお気に入りアイテムにしてきた。
楽しんできた。

一転、今日は朝から徹底的に不愉快で、
いまも不愉快なままである。

こういうことがぼくは赦せない。
一気にスマホが嫌いになった。

アンドロイドがこんなことするなら、
もうアンドロイドはやめようと思った。

とにかく不愉快。
ひたすら不愉快。

時間があったら、
ショップにどなりこむことはしなくても、
詳しく説明を受けて復元してもらうところだけど、
でもそんな時間ないよ。

機械はきちんと動いてほしい。
勝手な訳のわからないことはしないでほしい。

ちがうか?

こらアンドロイド!

早朝、
スマホの着信音に起こされた。

こんな時間になんだ?

それは携帯会社からの、
データ通信量がやばいですよ!という連絡だった。

なんで?
今月はそんなはずないよ。

寝ぼけまなこでよく見たら、
おい、
なに勝手なことしてるんだ!

アンドロイドOS更新プログラムが
バックグランドで勝手に進行してる。

1ギガ近くも通信しとるじゃないか!

そんなこと、
勝手にしていいのか?

今月は通信量が少なかったからいいようなもんの、
月末だからいいようなもんの、
通信量の多い月だったら制限を超えてしまうじゃないか!
勝手にこんなこと、
油断ならんじゃないか!


スマホを使い始めて半年。
すっかり使いこなしてるつもりだったし、
なかなかのユーザーだと思ってきたけど、
実は何もわかってない。

こんな理不尽なことが勝手に行われていいのか!
何かの設定をぼくがまちがってるのか?
こんな災害みたいなことがまた起こるのか?

何もわからない。

誰か、教えてください!

寒い鳩間?

鳩間に電話した。

若い陽子さんが元気に応対してくれて、
3月の宿をお願いした。

「お父さんはお変わりないですか?」
「はい、元気ですよ。変わりましょうねぇ」

で、建次さんとしばしゆんたくした。

大阪は寒くて寒くてどうしようもないと、
建次さんに言いつけてやった。

鳩間も、
さほどではないが例年より寒かったとか。

日本酒の好きな建次さん、
「ずっと熱燗呑んでるよぉ」

って、
今日の鳩間は最低19度最高23度。
極楽じゃないか!


ぼくが25日からだと言うと、
「もう1日早かったらよかったのにな。
 送別会があるんだよ」
「先生たちのですね」
「そうそう、修了式のあとにそのまま送別会しようってことでね」

ぼくも何度か送別会にお邪魔したことがあるけど、
先生への感謝のこもった、
とってもあったかい宴だ。

いやぁ、
1日違いって残念。


建次さんとゆんたくしてたら、
鳩間のいろんな景色が浮かんできた。

でも、
あと1ヶ月。

また、のんびりもぐって、
のんびり呑ませてもらおう。

「行」完結できず

「行」が突然終了した。

一応、
すべて味見はさせていただいたが、
まだ、沢山のチョコがPCデスクの上に積まれていた。

昨夜、
チッペが来たので、
ちょっとお手伝いをしてもらったところ、
今日、全部お持ち帰りしてくれた。

自力完結ができなかったのは申しわけないけど、
正直、ホッとしたかなぁ。


昔、手作りチョコって当たり外れが大きかった。
近頃は何が進歩したのかわからないけど、
どれもみんな美味しい。

でも、
毎日チョコはなぁ・・・・。


お心はしっかり味わいましたので、
お赦しくださいませ。

国辱

「勝ち目のない団体戦」
「大事なとこでこける」

そんなことを言った人は、
つい本音を言っちゃったんだね。

同じゲスな人間として、
わからなくはないし、
さんざん彼女を追いつめといたくせに、
正義感を振りかざして批判するマスコミもどうかと思うけど、
その人がオリンピック協会の会長だってびっくりするし、
とにかくとことん頭悪いんだろうね。


彼は首相だった頃、
アメリカまでクリントンに会いに行って、
How are you?
って言うところで、
Who are you?
って言ったそうだ。

いきなり日本の首相にそんなこと訊かれて、
クリントンさんもびっくりしただろうけど、
流石アメリカ人。

I'm Hillary's husband
って応えたそうだ。

そしたら、
自分はHow are you?
って言ったつもりの彼は、
それと対句の
me too
って言ったんだって。


国辱だよね。


国辱って、若い人にはわからないかもしれないから、
平たく言えば、
国際的に恥ずかしいよね。

彼も、
そしてそんな人を首相にしてたり、
オリンピック協会の会長にしたりしてるこの国も。

今、そこにある幸せ

結婚式後、まだ1週間もたってない花嫁とふたり、
今夜はのんびり呑むことになってた。

いやぁ、初浮気だねぇってメール送ったら、
お互い様でしょ、って返ってきた。

おぉ、
自分が「妻帯者」だこと忘れてた。

ともあれ、
若い美女とふたりのはずが、
メグやマサシが乱入してきて、
4人で盛り上がった。

って、
ぼくが乱入を誘ったんだけどね。


若い人たちと飲むのは
楽しいなぁ。

若い人と飲めるって、
いいなぁ。


ヒメとマサシは初対面で、
いつも呑み会ではメッチャおもろいマサシが、
今夜はもひとつだった。

それはきっとヒメの美しさに力が入ったからだと思う。
そんなことでどうするマサシ!
お前も「妻帯者」だろうが!

せっかく貴重な場に同席させてやったのに、
マサシには猛省を促したい。

マサシは、
ぼくにそんなこと言われて、
今夜は眠れないって言ってた。

そのマサシから、
河童さんの人とつながる力は凄いって言われた。

あは。
ありがと。
残念ながらぼくはほとんど友だちいないんだけど、
そんな友だち同士がつながるって、
お気に入りの3人と飲めるって、
ホント幸せだね。


ふと思う。

こんなこと、
いつまでも続かないんだよな。

髪のお告げ

「河童さん髪伸びたね」

今日、幼い女の子に言われた。

「うん、そろそろ切らないと」

「えーっ! でも長い方が・・・・」

彼女は、ぼくが髪を切るのに反対なようで、
けれど、
その理由をうまく表現できなくて口をつぐんだみたい。

「長いと目にかかったりしてうっとうしいから」

と、とりあえず受け流しながら、
彼女の言いたいことはわかった。

長い方が薄いのが目立たないのに。

というようなことを彼女は言いたかったんだと思う。
それを婉曲に表現する技能を、
まだ9歳の彼女は得ていなかったのだ。

けど、
ぼくを気遣うだけの心は既に持っている。

やさしいねぇ。

そして、
ぼくのこと好きでいてくれるから、
ちょっとでも「マシ」でいてほしいんだね。

ありがと。

今さらハゲてることなんかどうでもいいし、
長いのはうっとうしいんだけど、
あなたのために、
もう少し伸ばしておくことにするよ。

ありがと、めい。

がんばれ原田大二郎!

先日、
俳優の原田大二郎さんと会った。
って、ひと言ふた言喋っただけだったけど。

大阪では、
芸人さんはちょくちょく見かけるし、
飲み屋のカウンターの隣に座ってたりもするけど、
有名な俳優さんを間近に見ることは滅多にないから、
ちょっと得したような気になった。

近頃テレビでお見かけしないと思ってら、
ずいぶん老けはったな。
ぼくもしばらく気づかなかったよ。

でも、いい人そうだった。

ただ、
一緒にいた若い子たちは、
「誰?」「有名な人なん?」

ま、準主役系とは言え、
著名な原田大二郎さんを誰ひとり知らず、
その後、
携帯の画像見せても誰も知らず、
自慢できなくて残念だったのだった。

バレンタイン余話

12日にフライングのバレンタインクッキーもらったけど、
今日、えらくゆっくりめのバレンタインチョコが届いた。

舞に始まり、美月で終わる今年のバレンタインは長い。

てか、
バレンタイン当日を外すって、
ぼくなんかには関係ない話だけど、
本命チョコを渡すにはいい手かも。
ドサッと届けられる当日より、
印象に残るよね。

みづき、
ぼくなんかのこと覚えててくれてありがと!

これで、
阪神タイガースのバレンタイン第1位と個数で並んだ。

って、誰か知ってる?

新井兄貴なんだって。
ちょっと意外な気もするけど、
プロ野球のスター選手に届けられるチョコって、
案外少ないんだねぇ。


そんな自慢話(?)はともかくとして、
バレンタイン当日に、
ある男の子から手作りケーキもらった。
「お母さんから」って。

まぁ! ご丁寧に!と思って、
先日そのお母さんに会ったから、
お礼を言おうとしたら、
「あら、あの子、言わなかったんですね」

ん?

「あの子、河童さんが大好きで、
 自分であのケーキつくったんですよ。
 恥ずかしくて言えなかったんですね」

まぁ! 感激。


いろんな思いが詰まってるから、
ぼくの行も楽しいものになる。
おろそかにはできないね。

道徳教育

ある人が、
「道徳」の基本って、
自分の考えを人に押しつけないことだろうって書いてた。

うーん、なるほど!
確かに、
人間としてそれが基本かも。

その基本があれば、
この世の中の、
小さなものから戦争みたいな大きなものまで、
ほとんどのことが解決するような気がする。


自分の考えを人に押しつけないこと。

これが道徳の基本だとしたら、
「道徳教育」を自分の価値観で強引に進めようとしてる人たちや、
どこやらの元市長さんたちは、
極めて不道徳だよね。

納得だ。

行に突入

今年も、
今日から意を決して「行」を始めた。

PCデスクの上にチョコだのクッキーだのを積み上げて、
ちょっとずついただく。

甘いものの苦手なぼくには、
申し訳ないが「行」。

出来合の商品は総てサッペに任せたけど、
「手作り部門」はがんばって自力解決するぞ!

先日も書いたけど、
仕事を辞めたらバレンタインなんて
完全に他人事になるんだろうから、
この「行」はしたくても残りあと2回。

心して、
お心を味わいます。

人として

昨夜は友人の結婚式を終えてから、
二次会は失礼して、
ビオ夫妻とメグと4人で呑んだ。

披露宴も楽しかったけど、
こうしてこぢんまり呑むのも格別。

まぁ、ハナからめでたいし、
みんな鳩間つながり。

話が弾み、
はしごになり、
危うく終電を逃すところだった。


世界で6番目に治安が悪いというグアテマラへ
春から旅立つメグを案じて、
いわば全く他人のビオ妻さんが涙を浮かべた。

彼女もまた、
幼い娘さんふたりの母。

もちろん、
メグも感激してボロボロ。

ビオ妻さんとメグは
せいぜい5回かそこら一緒に呑んだだけだよ。

ぼくはメグを生涯の相棒だと思ってるけど、
ハンカチを差し出すことしかできなかった。

てか、
メグがあっちで例えば命を失うことになったとしても、
それはそれでいいのだと思ってた。

メグもそんなぼくに同意してくれてた。


でも、
それはぼくが男だからなのか、
冷たい人間だからなのか、
メグの旅立ちを懸命に応援してきた自分への言い訳なのか。

娘が長期留学に出るときもそうだったけど、
涙もろいぼくなのに、
メグの旅立ちを案じて涙することはできない。

ビオ妻さんは、
女性だからか、娘さんふたりの母だからか、
やさしい人だからか。

とにかく圧倒的なビオ妻さんの情に、
ぼくはただただうろたえるしかなく、
そして、
大きなものをもらった気がしたのだった。

感無量



きれいだったよ。
おめでとう!

愛はバラード

今日の夕方、
友人の結婚式がある。

ぼくはそういうのが苦手で、
ほとんどの場合失礼してしまうんだけど、

今日の「新婦」は鳩間で出会った人。
そして、
ぼくの生涯で出会った、
最も美しい女性かもしれない人。

どんなウェディング姿になるのか、
楽しみである。

ついでに言えば「新郎」は、
彼女に紹介される前に偶然出会っていて、
紹介されてから喋ってみたら、
高校の後輩だった人。
やさしいヤツだ。

「新婦」とはもう長いつきあいなんだけど、
そんな彼との出会いがあった時点でふたりはまだ恋人未満。

彼女の心が既に決まってることは知ってたんだけど、
彼はまだ返事をもらっていない。

彼とふたりで呑みに行って意気投合し、
彼女の心はもう決まってるよって、
言ってあげたかったんだけど、
それはヤボというもの。

「いい子やから、がんばりやぁ。大丈夫やって」
としか言うことはできなかった。


あれから数年。

ふたりの新たなスタート、
これはもう、
絶対祝福さぁ。

楽しみだな。


続・針供養

友人から興味深いメールが。

針供養は豆腐か蒟蒻か、
もしかしたら、
関西は蒟蒻、
関東が豆腐ではないかというのが、
彼女の仮説。

確かに彼女が紹介してくれたHPによると、
京都近郊の針供養は全部蒟蒻だ。

関東では豆腐が主流らしく、
名古屋はと言うと、
豆腐と蒟蒻が両方置いてあり、
好きな方に刺すのだとか。

如何にも、
中途半端、
失礼、もとい、
真ん中っぽい。

有名な話だけど、
「アホ」と「バカ」の分布、
あるいは関西弁イントネーションの分布は
かつての都、京都を中心に、
一定の範囲まで同心円状に拡がっている。

もしかしたら、
蒟蒻も京都発祥で、
関東も九州も豆腐だったりするのだろうか?

しかし、
京都と言えば豆腐じゃないのか?
南禅寺の湯豆腐美味いぞ。


というようなことで、
針供養もなかなか奥の深いテーマなのである。

雪合戦



昨日、あんなこと書いたら、
今朝はこんなことになっていた。

雪マトリョ、
消え去るどころか成長しとるやないかっ!


その後もずっと降り続き、
前回と違って昼間の雪だったし、
前回より積雪が多かったから、
ちょっとした雪国気分を味わった。

で、
前回、雪マトリョだったんだから、
今回は雪合戦でしょ。

悪ガキどもの雪合戦に敢然と参戦した。
これまた何年ぶりだったろう?

いやぁ、
正に童心。

てか、
小学生って、
遠慮がないってか、
興奮したら限度というものを知らない。

集中攻撃を浴び、
こっちも本気になり、
58歳前の我を忘れて応戦した。

こうなったら大人げもクソもない。

結果、
ボコボコ、いや、ボトボトにされた。

マジ、楽しかった。


でも、
言っておく。

冬が大嫌いだなどと言いながら、
結構楽しんでいるではないかというムキもあろうが、
依然、断じて冬は嫌いである。

てか、
もう充分楽しんだから、
明日からもう寒いのはいらない。
今日で冬は終わりなさい。

残雪

雪マトリョはその後、
だんだんやせてきて、

IMG_3961-.jpg

一昨日、首が落ち、
(画像中央下に首あり)

IMG_3962-.jpg

今日の夕方はこんなになってた。

_MG_3964-.jpg

いやぁ、
とっても長持ちしたねぇ。

じゃない!

もう1週間じゃないか。
ここは大阪じゃないか。

雪が1週間も残っていていいのか?
それだけ寒いってことじゃないのか?

寒いぞ。
寒すぎるぞ2月!

もうええかげんにしてくれ!

カーリング

カーリングって、
スポーツなのか?

っていう感じで、
今まで真剣に見たことなかったんだけど、
ロシアとの闘いが白熱してたので、
つい見入ってしまった。

いやぁ、
面白いねぇ。
ドキドキするねぇ。

ナイスゲーム!
日本チームおめでとう!


それにしても、
ロシアチームきれかったな。

ロシアには美女が多いっていうけど、
ホントきれかったねぇ。

けど、
ニコリともしないんで、
人造人間みったいだった。

大逆転勝利だったら、
彼女たち笑顔になったのかな?

勝っても人造人間のままだったのかな?

そこに興味があったので、
ロシアの勝利もちょっと見てみたかった。

残りわずかなバレンタイン

ちょっとフライングだけどって、
手作りクッキーもらった。

ありがと。

そっかぁ、
明後日はバレンタインデイなんだね。

この歳になるともう他人事でしかないんだけど、
それでも義理や敬老や、
何より「ついで」で、
チョコだのクッキーだのをたくさんいただく。

退職したらそんなのもなくなるから、
いよいよ全く無縁になるんだろうな。

いつ退職するのかわからないけど、
最大でもあと2年余り。
バレンタインもあと3回。

カウントダウンだねぇ。

そう思うと、
おろそかにはできないな。

甘いものが苦手なぼく、
昨年、初めて、
「全部召し上がります」決心をしてがんばったけど、
今年もしっかりがんばろうと思います。

若い人たちは、
しっかり楽しんでね。

豆腐・蒟蒻供養

友人からメールをもらった。

彼女は針供養と言えば豆腐しか知らなかったとか。

多分、
彼女はぼくよりずっと物知りなので、
たいてい全国どこでも豆腐なのだろう。

とすると大阪、
刺し心地を楽しんでるのは大阪だけなのか?

問題だぞ大阪。
ひったくりが多いとか
下品だとか、
いろいろ不人気な上に、
針供養まで全国に背を向けて刺し心地なのか?

哀しいぞ大阪!


調べてみた。
ウィキペディアによると、
豆腐あるいは蒟蒻なのだそうで、

よかった。

刺し心地本意は大阪だけじゃなかったんだ。


ま、
針を供養すると言いつつ、
豆腐にせよ蒟蒻にせよ、
刺される立場を無視してるのは同じである。

誰が豆腐や蒟蒻の供養をしてくれるのか!?

もしかしたらだけど得しちゃうんじゃないの情報

今、ぼくの部屋にはプリンターがない。

職場で個人的に使ってたプリンターが壊れて、
自室にあったのとすげ替えた訳。

考えてみたら、
自宅のプリンターって、
極力仕事は持ち帰らないタチだし、
そんなに使わないんだよね。

年賀状の時期以外となると、
ポツリポツリ。

いざとなったら、
カッペのプリンターがあるし・・・・。


でも、
部屋にプリンターがないって、
何か不安なんだよね。

使用頻度は少なくても、
結構マニアックな使い方してたから。


で、
ネットで型オチの安いのを買おうと思って調べてたんだけど、
型オチって、
中古しか売ってないんだねぇ。

少なくともE社に関しては、
プリンターなんて寿命の短い消費財だから、
中古はどうも。

前に使ってたのよりレベルを下げるといくらでも安くなるけど、
こういうのってなかなか後戻りはしにくい。

もう絶対E社のは買わないって決めてたけど、
前の機種の予備インクが5セット近くも残ってて、
それを無駄にしないためにはまたE社?

しかも、
インクカートリッジにもいろいろ種類があるので、
予備インクを活かそうとしたら、
プリンターの機種が限定される。

これお買い得!っていうE社のプリンターを見つけても、
インクが違ったりする。

うーん、
予備インクを活かすべきか、
そのことは除外してお買い得にするか。

それならやっぱりE社はやめてC社にしようか・・・・。

いろいろ迷いながらネット情報を見てるうちに、
いろいろ細かいとこまで勉強できてしまって、
解像度がどうとか給紙はどうだとか、
選択肢は増える一方。

めんどくさくなって、
やめた。
とりあえず、棚上げ。


ということで、
皆さんの中にE社のプリンター使ってる人いません?

まず、
カートリッジ35番のシリーズは1セット半、
全く不要になってます。

それと50番のシリーズは、
ぼくがそれに対応したプリンターを買わない限り、
ほぼ5セット残ってます。

どちらも純正品じゃないけど、
よかったらもらってください。

50番の予備がはけるようだったら、
自室の新しいプリンター選びはずっと楽になるし、
よかったら、
是非助けると思って。

気遣いなんか全く無用だけど、
手渡しのできる方。


さて、
今年の年賀状作成シーズンには不可欠だけど、
それまでに、
ぼくの部屋にプリンターは設置されるのだろうか?

されるとしたら、
どんなプリンターなんだろうか?

全くわからんな。




針供養

昨日、大阪北野の天神さん(天満宮)で、
「お針祭」があった。

ニードルなど消耗品としか考えていない欧米人と比べて、
日本には全国に「針供養」の習わしがある。

こういうところが日本の値打ちなんだよ。
大切なことが何もわかってない政治屋さんたち。

って、そんなことはどっちでもいい。


北野天満宮では使い古した針を、
こんにゃくに刺して感謝の意を表すのだそうだ。

知ったようなことを言っておきながら、
何も知らないんで、
全国どこでもコンニャクなのか?

なんでコンニャク?


硬い布を縫ってきた針に、
最後はやわらかな感触を、
っていうことなんだって。

おぉ、なるほど。
素晴らしい!
心がこもってる!

って、
なんでコンニャクなんだ?

それなら絹こし豆腐の方がいいんじゃないのか?
もっとやわらかいぞ。
針の立場にしたら、
砂でも綿でも何でもいい気がするぞ。

でも、
コンニャク。

それって、
もしかしたらもしかしらもしかしたら、だけど、
刺し心地がいいからなんじゃないの?

ヌカに釘のような豆腐じゃなくて、
コンニャクだったら、
プスッって、気持ちよさそうな気がする。

ぼくも針を刺すなら、
豆腐より是非ともコンニャクに刺してみたい。


でも、それって、
針に感謝すると言いながら、
刺し心地を楽しんでるんじゃないのか?

もっと考えたら、
供養してもらえる針はいいが、
山ほどの針に刺されて、
針ネズミになるコンニャクの立場はどうなんだ?

痛いぞ。

もともと芋として平和に暮らしていたのに、
すりつぶされたり、固められたりした挙げ句に、
さんざんだぞ。

コンニャクである我が身は、
一体誰が供養してくれるんだ?!

これでは理不尽な政治屋と変わらないではないか!

などと大いなる疑問を抱きつつ、
コンニャクの立場に我が身をなぞらえながらも、
つい笑ってしまったのであった。

寒いタイガース

毎度のことながら
首をかしげるほかない補強策。

戦力アップが期待できないところへ、
若手は伸びない、
4番候補が来日しない、
インフルエンザが流行して
故障者まで出た。

タイガースのキャンプは出だしから、
ボロボロやねぇ。

ま、
やるまえから優勝チームは
ガチガチに決まってるし、
ペナントレースも全くおもしろみがないけど、
あんまり惨めな戦い方はしてほしくないなぁ。


弱いタイガースでいい。
せめて気持ちのある戦い方をしてほしいなぁ。

それも望みうすだろうけど・・・・。

雪マトリョ

昨夜、
11時を回るとテラスは真っ白。
2センチほどつもってた。

こんな風につもるのは、
HPの写真館見てみたら、
2008年以来かな。

_MG_3937-.jpg


オリンピックより珍しいんだからと、
雪見酒してたら酔っちゃったかも?

最初は部屋の前のテラスや屋上で
写真撮ってたんだけど、
気がついたらテラスで懸命に雪だるまつくってた。

パジャマに素手素足のおっさんが、
深夜、懸命に雪をかき集めてる。

向かいのマンションから見てる人がいたら、
さぞかしシュールな光景だったと思う。

ぼくだって雪だるまの作り方くらい知ってるけど、
雪だるまをつくろうという
明確な意志があった訳じゃなくて、
ただ発作的に、
テラスのテーブルに
かき集めた雪を積んでいっただけなんで、
できあがったモノはとても雪だるまなどとは言えない代物で、
敢えて言えば雪マトリョーシカ?


おぉ、タイムリーじゃないか。
正に今、
ロシアではオリンピックの開会式やってる!

_MG_3952-.jpg

明日の朝、
屋上に上がろう。

屋上なら雪玉を転がすスペースもあるし、
もっとちゃんとした、
古式ゆかしい雪だるまをつくろう!

楽しみ~!


しかし、

雪は夜更け過ぎに、
 雨へと変わってた~


目覚めたら雪は跡形もなく、
不細工な雪マトリョだけがぽつんとたたずんでいるのだった。

あら?

今ブログをアップしてテラスを見たら、
雪つもってる。

大阪市内では初冠雪だな。

どうしてくれるんだ2月!

あれだけ言っておいたのに、
反省してないのか?


って、
寒いのは大嫌いだけど、
テラスが白く染まってるのを見たら、
ちょっとウキウキする。

外へ出て雪玉をつくってしまいそうだ。
つくると思う。


大阪で、
これだけ冬の嫌いなぼくがこれなんだから、
沖縄の子たち、
雪がつもるの見たいんだろうな。

迷走パズルの国

長く苦しんできた、
「猫と十二支パズル」20題を、
今日、コンプリートした。

これはとっても不可能と思ってた残り2題を、
知人に託したところ、
どちらも5分で解けたと言う。

ウッそーと思ってやりなおしてみたら、
ぼくも、
どちらも5分ほどで解けた。

今までの数時間にわたる苦悩は何だったんだ?


ちょっとした呪縛から解放されたら、
うそのように簡単な話。

これが
シルエットパズルの魅力で、
固定観念や思い込みの落とし穴を痛感する。

そこからの解放感が、
パズルの魅力なんだろうね。


さてと、
これで人から借りてた「宿題」4つ、
計40問ほどが全部終わったし、

解放感とともに訪れるそこはかとない寂しさ。

次は・・・・。
自分で買うしかないな。
買うと思う。


ねぇみんな、
話は変わるけど、
ちょっとだけ発想を変えてみない?
えらそうに言えないけどさ、
下らない思い込みから解放されたら、
きっとこの国も劇的に変わると思うよ。

如何?

デジタルクライシス

先日紹介した、
HPを開設した友人に郵送したいものがあったので、
今朝、
自宅PCで住所を確認しようとしてソフトを起こしたら、

え?

何?

ぼくの住所録ソフトのファイルから、
彼女の記録カードだけが
きれいに消え去っていた。

訳わからん。
彼女のだけ。

ま、住所を覚えてたから無事発送したんだけど、
私の記憶にまちがいがなかったら、
多分着くだろう。

そのあと、
職場に持ち込んでいるノートPCで書類つくってたら、

え?

何?

「や」と入力しても、
「yあ」になる。

ミスタッチかと思って、
何度やり直しても「yあ」。

何これ?

先日、
自宅PCのキーボードが壊れた話は書いたけど、
あのときはキーボードを買い換えたらすんだ。

しかしノートPCのキーボードは買い換えられんぞ!
焦ったけど、
FEPをATOKからMs IMEに変えてみたら、
ちゃんと「や」が入力できる。

FEPの故障とかあるのか?!

とりあえずMs IMEで仕事続けてたら、
今度は突然、
マウスポインタがどっか行った。

どこをどうしても、
ポインタは行方不明のまま。
どうしようもない。

これは再起動で復帰したんだけど、
2台のPCにおける立て続け3連発の不具合。

これだから怖いんだよね。
ぼくたち素人の全くあずかり知らない世界だから。


ぼくの職場でもガンガンIT化が進んでいて、
ぼくたちの個人情報も総てIT化されてしまったけど、
そのうち大変なことが起こるんじゃないか?

ずっと前から、
そんなテーマの小説や映画が登場してるけど、
昨今のニュースを見ても、
だんだん現実味を帯びてきてるよね。


皆さんは大丈夫ですか?
ぼくが言うのも何ですけど、
訳のわからない世界に依存し過ぎてません?

もっと大きな罪

まだホントのところはわからないけど、
報道によると、
「音楽家」Sさんは酷いね。

ぼくは現代音楽にあんまり興味がないので、
って、クラッシックもド素人だけど、
それでも何度か聴いたことがあったよ。

ヒロシマやフクシマや、
ひいてはしょうがい者まで食い物にしてたのだとしたら、
それはとんでもない詐欺師だし、
赦せない話だろうけど、
この国の政治屋たちはもっととんでもないことをしてる。

もっと臆面もなく堂々と。

ヤツらに比べたら、
大抵のことには鷹揚になってしまう。

やっぱり哀しい国だね。



かっぽう着ブームに思う

かっぽう着が流行ってるんだって。

そんな記事を新聞で見て、
ためいき・・・・。

どうしてこの国の民は、
こんなにバカなんだろう・・・・。


素人には全くわからんが、
小保方さんは凄いんだと思う。

山中さんのときも、
心のどっかで「いいのか?こんなこと?」
って思いながらも、
大いに拍手を送った。

今回も同じ。

全く知らない人だけど、
山中さんも小保方さんもいい人だと思う。

伝統的なかっぽう着が流行ることにも
全く異存はない。

けどそれがかっぽう着ならいいんだけど、
投票行動その他諸々、
政治に関わることにもあからさまに出るんだよね。

それは洒落にならない。

何かがあったらすぐそれに群がるこの国民性、
嘆いてもしゃあないんかな?

でも、
だからかつて、
戦争が起こったんじゃないのか?
だから今、
日本の政治がこんなことになってるんじゃないのか?

山中さんや小保方さんって、
極めてオリジナリティーに優れた人だよね。
そこを真似ることはできないのか?


ぼくは、
政治屋より何より、
この国民性が、
怖い・・・・。

我がLEVI'S

40年以上も、
ジーパンはLEVI'Sだった。

因みにぼくは、
葬式とか特別なことがない限り、
365日ジーパンである。

あ、いや、
真夏は短パンになるけど、
スーツのズボンを除けば、
ジーパン以外にパンツを持ってない。
全部LEVI'Sだ。


ジーパンが似合うとよく言われる。
職場でベストジーニスト呼ばわりされたこともあるが、
それはぼくの脚がとっても細くて長いからで、
じゃなく、
それしかはいてないからであって、
ぼくが他のパンツをはいたら見慣れないだけの話である。

40年以上も履き続けてたら、
ジーパンの方から似合ってもくるんだろう。


でも、
昔は2~3000円で買えたLEVI'Sが、
今は下手すると1万超えるらしい。

らしい、っていうのは
いつもカッペが買ってきてくれるからだけど、
びっくりしてしまう。
安いからジーパンだったのだ。


で、給料は下がる一方だし、
家計が苦しいからだろう。

先日、
カッペが補給のために買ってきてくれたジーパンは、
ユ・ニ・ク・ロ!

えええーーーっ!

かなり抵抗感があって、
しばらく放置してあったんだけど、
カッペに悪いし、
仕方なく履いてみた。


え?!
履きやすい。
楽。

ユニクロ凄い!


けど・・・・、

これ、ジーパンじゃない。

ジーパンって、
最初に履くときはごわごわ履き心地悪くて、
重たくて・・・・。


ぼくはやっぱり、
LEVI'Sが好きだ。

ビールが発泡酒になったときにはすぐ順応したんだけど、
このユニクロの履き心地のよさは、
何だかとっても都落ちした気分になって、
哀しい。

ま、稼ぎが悪いんだから仕方ないか。

手持ちのLEVI'Sを大切に履こう。

私のピート

先日、
ピート・シーガーが亡くなった。
94歳だったそうだ。

みんな知らないよね。

ぼくも詳しくは知らない。
でも、その名前だけは
ぼくの中で神格化されている。

ウッディー・ガスリーと並ぶフォークソングの神様。
あらゆる権力と闘い続けた人。
そしてとってもやさしい人。

今、エコやリベラルと言われる人たちが声高に叫ぶことを、
もう半世紀以上も前に彼はすべて語ってた。


ぼくはたった1枚だけ、
彼のレコードを持ってたはずなんだけど、
わずかなレコードコレクションをあさってみても、
見あたらない。

誰かに貸したまま、
何十年もたってしまったんだろうか。

ぼくのレコードコレクションの中にも、
借りっぱのレコードがたくさんあった。

もしかしたら、
ぼくはそのアルバムを誰かから長い間借りていて、
もう返したのだったかもしれない。


70年代を経験した人だったら、
誰でも聞いたことのある有名な曲がいくつかあるけど、
ぼくはあまり知られていない、
「虹の民」という曲が大好きだった。

頭上に広がるひとつの青空 岸を洗うひとつの海
 青くて丸いひとつの地球 これ以上を誰が求めるだろう
 愛しているからこそ もう一度伝えてみよう
 私の虹の民に 消えてしまう日が近づいていると
 もう一度伝えてみよう


彼のことを何も知らないぼくが言うことだから、
とってもいい加減なんだけど、
「私の民」と言いながら、
彼の歌声には傲慢さなんかかけらもなくて、
大きく包んでくれるような温かみだけがあった。

もしかしたら彼の「my rainbow race」って、
「私と同じ人々」っていう意味だったのかも知れない。

あなたと同じ人にはとてもなれなかったけど、
あなたに憧れている。
ずっと・・・・。

ふざけるな立春!

な、何なんだ、この寒さは!

真冬に逆戻りって、
真冬より寒いじゃないか!

自転車を走らせる帰り道、
耳がちぎれるかと思った。


こんなことだから2月は信用できない。

俗にニッパチなどと言うが、
こんなに非道な2月と、
夢のような8月をなんで世間は一緒にするか!
8月に失礼だろうが!

明日はもっと冷え込むとか言う。
もうええ加減にせんか?

この場をお借りして、
2月には猛省を促したい。

『ミレニアム4』

この欄でも何度かとりあげてきた、
今や伝説的名作となっている『ミレニアム』。

作者のラーソンは三部作を遺し、
その大成功を見ることもなく、
若くして急逝した。


ぼくはミレニアム1,2を読んで興奮し、
3を読むのがもったいなくて、
ずっと大切にとってあったんだけど、
昨日、読了した。

これが最後かと思うと大切に読みたくて、
年末から2をもう一度読み返してから読んだ。

また興奮させられた。
凄い才能。
でも、これで終わりなんだなぁ・・・・。


ちょっと待って!
ミレニアム4が草稿の形で遺されてるんだって!
そんな大事なこと、
はよ言わんかい!

ただ、
印税やら映画化権やら、
莫大な金額になったであろうラーソンの遺産相続をめぐって、
事実婚をしていた女性と、
ラーソンの親族とが争っているのだとか。

それについてはぼくなんかの関知するところじゃないけれど、
その争いに決着がつかないことには、
4の草稿が作品に昇華することはないよね。

3が日本で出版されたのは2012年初頭の話だけど、
その後どうなったんだろう?

ともあれ、
4を読める日が来ることを、
心から願う。

それほどまでに『ミレニアム』はすばらしい。

主人公リスベット・サランデルは、
あまりにも非現実的な女性なのに、
読者にはとても実在感のある存在で、
しかも魅力的過ぎる。

サリー カムバ~ック!

あ然

市長が辞職?

OK、ありがとう。
永遠にどこかへ消えてくれ!

じゃなくて、
出直し市長選に立候補して民意を問う。
他の立候補者は出ない見通し。

って、
はぁ?

訳わからん。
わかる人おる?

市長選実施費用には6億かかるんだって。
それって、
誰の払った金やねん!

投票行動に割かれる市民の時間を換算したら、
もっと途方もない金額になるだろう。


「わがままを言わせてください」だって?

これまで、
「一切のわがままや甘えを赦さない」と言ってきた人が?
文化の助成金を好き勝手にカットしてきた人が?


ぼくは異常だと思う。
あの人の頭の中の、
どこに大阪市民が存在するの?

全くどこにもないでしょ。
ぼくたちはあんたのおもちゃじゃないんだよ。


選挙権を得て以来38年近く、
一度も棄権したことがないぼくだけど、
この市長選には絶対行かない。
アホらしくて行けない。

って、
対立候補が出ないんだから、
無投票当選になるのか。

全くわけわからん。

信じられない。

あり得ない話だ。

2月

2月は嫌いだ。

一番寒いイメージがある。
なーにが立春だ!


でも今日はあったかかったねぇ。

1時間ほどウォーキングしてきたけど、
少し汗ばむほど。

太陽の光もとってもまぶしい。

なんだ2月。
やればできるじゃないか2月!
それでいいんだぞ2月!
そんなお前が好きだ。

って、何?
明日から真冬に逆戻りだって?

やっぱり2月は嫌いだ。

独居老人

九州の門司に住む、
こーちゃんがインフルエンザ。
サッペもインフルエンザに倒れた。
しんちゃんまで、
酷い歯肉炎で食事もできないと。

で、カッペが急行したのは水曜のこと。

お金がないって言ってたのに、
えらく物いりだ。

他人事みたいだけど、
おばあちゃんは大変である。

ぐうたらじいさんも、
水曜からずっと独居老人となり、
大変である。

生命維持装置のカッペがいなくなると、
途端にぼくの体調も悪くなり、
めんどくさくて、
買い物に行くのにも延々迷うほど。


あちらでは
きっとそーちゃんももらってるだろうし、
まだインフルエンザ騒ぎは続くんだろうけど、
カッペも仕事があるし、
今日、帰ってくるらしい。

とりあえず
ぼくの方は安泰となる。

正直、ホッとしている。

うつろいゆく季によせて

友人がHPを開いた。

彼女は日本画家で、
花を描いている。

HPの立ち上げには、
ぼくも少しだけ協力させてもらったので、
大いに応援してるんだけど、
苦労を重ねて、
とても丁寧につくられたHPです。

「うつろいゆく季によせて」
http://kuratamiwa.com/
で検索してください。

当HPのリンクの欄からもアクセスできます。
どうぞよろしく。

ぼくは彼女の絵が好きなんだけど、
ホッとひと息つかせてくれる作品をお楽しみください。
motif欄もオススメですよ。

| ホーム |


 BLOG TOP