FC2ブログ

プロフィール

河童

Author:河童
コメントをお待ちしています!

カテゴリ

あなたは何人目?

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

誕生日おめでとう???

とっても幼い友人たちから招待を受けた。

一体何事なんだろう?と思って会場へ行ってみたら、
テープカットがあり、
中に入るといきなり
クラッカーの集中砲火を浴びた。

な、何?
痛いぞ!

「誕生日おめでとー!!!!」
「うわぁ、ありがとー!」

って、
ぼく、3月26日生まれなんですけどぉ。
今日、1月31日だったよね?

「いいやん、ちょっと早いけど」
「思いついたら3月まで待ち切れへんかってん」

って、
アホか?

いや、
かわいーーーっ!
かわいすぎる!!!!


いろんな出し物もあって、
プレゼントもいっぱいもらって、
それがエビスビールだったりスーパードライだったり。
手作り童話だったり。


何なんだこの子たち・・・・。



ぼくはこれまでに、
数え切れないほどの誕生祝いをしてもらってきたし、
幸せなことに
ドラマのようなサプライズ祝いも何度か体験してきたけれど、
これほどのサプライズはなかった。

だって、
まだ1月なんだよ。
びっくりするしかないじゃないか。

「3月まで待ち切れへんかったから」

あまりの幼さに苦笑いしながら、
不覚にもウルウルしてしまった。

まいりました!


ぼくは今年は、
1月31日生まれだったことにする!

愛をありがとう!
やさしさをありがとう!!!!

あなたたちと出会えてよかった。
とっても幸せだったよぉ!
スポンサーサイト



眠れぬ夜のお供は

ぼくはひどい不眠症で、
自分では最早睡眠障害だと思ってる。

薬をのまないと寝られないけど、
毎日のことだから薬の量はふやしたくないし、
のんでもなかなか眠れないのが日常。

ところが一昨夜、
スマホでベートーベンの5番を聞きながら寝てみたら、
何と、第2楽章くらいで眠ってた。

ぼくの大好きなのは第4楽章なんだけど。

でも、20分もたたずに眠れるなんて、
あり得ん!
もしかしたら「皇帝」には催眠効果があるんじゃないのか?


全く偶然に、
昨日の新聞の読者投稿欄に、
不眠症だったが「カルメン」で眠れるようになったと。

「カルメン」?
いきなり出だしからやかましいぞ。
闘牛士のように猛々しく起きあがってしまうんじゃないのか?

でも、やっぱりクラッシックには催眠効果があるのかも。
そう期待して、
ここはもうひと晩「皇帝」だろう。

結果、
第4楽章まできちんと聞けてしまった。
仕方ないからチャイコの5番聞いたら、
これも最後まで聞いてしまった。

かくなる上はバッハの「レクイエム」しかない。
死んだように眠れるんじゃないか?
魂鎮めてくれバッハ!

しかし半分くらい聞いたけど眠れず、
レクイエム退屈なので聞くのやめた。

結局はとんでもなく眠れない夜になってしまい、
今日はしんどかったさぁ。


さて、今夜はどうする?
一か八かでもう一度クラッシックスリープ?

じゃ、
ドボルザークかシベリウスか、
いやモーツアルトかシュトラウスか、
待てよスメタナがいいかも・・・・。

って、そんなこと考えてたら、
ベッドにも入ることさえでけへんわ。

突然モテキの恐怖

HPのブログにはジャンクメールが来るけれど、
ネット上でそれ以外に、
特に何か困ったメールが届くことはなかった。

ところが先日、
携帯で無料音楽配信アプリをDLして、
無料会員登録した途端、
ぼくは突然モテキに入った。

「会ってください」
「連絡を待ってます」
「よかったらおつきあいしてください」
 ・・・・・。

いやぁ、ぼくもこの歳になってやっと。
ちゃうわ!

どうやらどこかの出会い系サイトに勝手に登録されたみたいだ。

メールは総て無視してたけど、
しつこい。

「どうして返事くれないの?」
「いきなり誘ったから怒ったのかな?」
○○駅前で待ってますから」

って、
具体的な最寄り駅まで出てくるじゃないか!

てか、
総て無視とか言うて読んどるやないか、俺!

いえ、興味とかじゃないですって。
動向を知りたかっただけですから。


ま、「無視」してたらそのうち・・・・
と思ってたけど、
だんだん人数が増えてくる。

これは気持ち悪い。
登録を削除しようとしたけど、
これがなかなかできないような仕組みになっている。

どころか、
そういうアクションを見せたら、
よけいに相手に情報を与えてしまいそうな仕組み。


苦労して、
こちらの素性を明かさないようにしながら、
怖々、
「削除しないと訴えるぞ」と怒りのメールを送った。

そしたら、
管理者からごめんなさいの返信が届いた。

「アドレスなどは総て削除させていただきます。
 今後一切メールを送ることはありません。
 もしそういうことがありましたら・・・・」

予想外に長文で丁寧なレスがすぐに来た。
ほっ。


なんで俺のアドレスとかが流出しとんねん?

疑問は残ったし、
もっと訊きたいことはあったけど、
もう関わり合いにならないことにした。


これで大丈夫だとは思うけど、
特に女性の皆さん、
気をつけてくださいよ。

ぼくが登録したアプリは、
5ツ星評価の、
ぼくでも名前を聞いたことのあるアプリだったんだから。

パズル熱

Fパズルを本日制覇した。

って、
ちょっと(かなり)、
友人のアシストをもらっちゃったんだけどね。

で、
どうしよう。
知人から借りていたパズルはこれで終わり。

次のをネットで探そうかな?

とりあえず、
スマホでシルエットパズルのアプリとった。

泡盛博物館100アクセス突破!

金曜夜の大量動員により、
我が河童泡盛博物館も7年近くかかって、
来館者100名を突破致しました。

記念すべき100人目の来館者は、
エミリー様。

おめでとうございます。

あれこれ試飲会で
瑞泉の黒糖梅酒がとってもお気に召したようでしたので、
春に八重山へ行ったとき、
それを買ってきて記念品にすることにしました。

エミリー様、
今しばらくお待ち下さいませ。

因みに、
最多来館者は、
その金曜日に10回目の来館を果たしたメグ様。
第2位は9回のヒメ様。
エミリー様は初のご来館での栄冠?でした。

当博物館では、
お客様にお気軽に、
稀少な泡盛の数々を、
だいたい自由に試飲していただくシステムが、
ご好評をいただいております。

どうかあたなも一度ご来館くださいませ。
今後ともよろしくお願いいたします!

から騒ぎ!

昨夜は8人の若い同僚が遊びに来てくれた。
ひとりだけ同世代のおばさん混ざってたけど。

20140124_191716-.jpg


昔はよくやったものだけど、
久々だったな、
我が家での宴会。
カッペも加わって10人のホームパーティー。

ひれ酒も知らないヤツが多くて、
初体験させてあげたり、
ぞうきんの絞り方で激論したり。

とにかく20代~30過ぎ7人VS還暦前3人なのである。

泡盛博物館では、
いろいろと逸品を大サービスし、
ギター、バンジョー、マンドリン、三味線、パーランクー、
みんな好き勝手に弾いて騒いだ。

20140124_212651-.jpg

最後はリンダと5時過ぎまで。


いやぁ、呑んだ呑んだ。
メッチャ楽しかった。


ところで、
転勤した「鈴木先生」、
昨夜は参加してもらえなくて残念。

毎日これを読んでくれてるそうで、
ありがとう!

で、重大発表があるって話を聞いたけど、
何かなぁ?

パズルF

シルエットパズルと言うらしいけど、
知人に借りた木製パズルにはまってる。

木でできたピースを組み合わせて、
指定された形をつくるヤツ。

旅館のテーブルとかにあるよね。

ぼくは頭が固いというか、
固定観念にとらわらやすいというか、
パズル向きの頭脳は持ち合わせてないんだけど、
長い苦悩の末に、
最後のピースがピタッとはまったときには、
ひとりでやってるのに、
思わず何か叫んでいる。

快感!

知人は3種類持っていて、
2つは完全クリアできたんだけど、
今、挑戦してるのは
「パズルF」といって有名なものらしい。

む、むずい!

しかし、
24問中17問まで来た。
(1個は友人に解決して貰ったんだけど)

あと7問をクリアしたら、
次のパズルを自分で買ってしまうかも。


それにしても、
解くだけでこんなに苦労してるのに、
そんなパズルを作成してしまう人って、
一体どんな頭してるんだろうねぇ。



暴走

新聞を読むのが怖くなる。

次から次へと、
こんなにムチャクチャしていいのか?

沖縄のこと、
植民地か何かだと思ってるのか?

正に、暴走・・・・。

恐ろしい。

札束

政権党の幹事長が選挙期間中に、
「この人に入れてくれたら500億円あげます」
って、
そんな応援線説が赦されていいのか?
国家予算を使った贈賄じゃないのか?

で、
辺野古移設反対派が勝ったものだから、
「その話はなかったことに」。

ねぇ、
これは名護市民や沖縄県民だけの話じゃないよ。
これがあの人たちの正体なんだから、
この国のどこででも起こりうることだ。

こんな人たちに、
この国の政治をやらせておいていいのか?
ムチャクチャにされるで!

名護・・・・

名護市長選が行われている。

表には出てこない不穏な動きがあったり、
賛否をめぐって市民の間に軋轢が生じたり、
ぼくなんかには思いも及ばないような、
不愉快なことがいっぱいあったのだろう。

辺野古埋め立て賛成、反対、
どっちにしたって単純な話じゃないだろうし、
苦渋の選択である人が多いに違いない。

どうして沖縄だけが、
こんな重荷を背負わなければならないのだろう。

改めて、
やり場のない憤りを感じる。

春の鳩間

冬に行けなかったので、
春には鳩間へ行こう。

そう決めてたからちょくちょく格安チケットを探してた。

やっぱりピーチが安いなぁ。
2万台で石垣往復できちゃうよ。

でも往路は、
最寄りの駅から始発に乗っても、
ギリギリ搭乗できるかどうか。

LCCは初めてだし、
ギリはちょっと不安だな。

帰路はピーチにしてみようかな。
これは発着時刻もちょうどいいしな。

そんなことを考えながら、
ずっと優柔不断してた。

昨夜見てみたら、
おぉ、ピーチの値段跳ね上がってる。
それANA・JALの旅割とかよりずっと高いやん!

ANAの公式ページ見てみたら、
え?

先日見たときより、
1500円ほど下がってるやん!

LCCの方が高いとか、
大手の正規チケットが値下がりするとか、
そんなことがあるんだねぇ。

素人なんでようわからんけど、
潮時だと思って、
予約・購入した。

ということで
春の鳩間行きが決まった。

いつもそうなんだけど、
うれしいというより、
すべきことができると決まって
ホッとしたような感じ。

鳩間に電話しなくちゃな。

なめんなよ!

高校の時、
現国の先生がテスト用紙を配るとき、
べろーんって指先をなめて配った。

配られた用紙にはその唾液痕がまざまざと残っている。

その先生が妙齢の女性だったりしたらまだよかったんだろうけど、
とてもダンディーとは言えないオヤジだった。

ぼくは昔から何故か国語だけは成績がよかったんだけど、
そのべろーんによる精神的ダメージのせいで、
5点くらいは失ったかもしれない。

とにかくそのべろーんは強烈だったのだ。


しかし、
ふと気づいたら、
自分がなめている。

人様にお配りするようなものはなめてないと思うけど、
新聞を読むときなんか、
盛大になめている。
自分に配られるものじゃないにしても、
見ていて気持ちがいいとは考えられない。

若いときはそんなことしなかったぞ。

指をなめるって、
年寄りの専売特許みたいなもんだよねぇ。

肌の水分が失われるのか?
めくりにくいことに耐える根気がなくなるのか?
それとも、
人目を憚らなくなるのか?

よくわからないが、
とにかく近頃、
ぼくもなめる。

あの現国の先生と自分がダブる。
ぼくもダンディーなどとはほど遠い、
オヤジなんだから、
せめて人様に不快感を与えないよう、
重々気をつけなければと思う。

人生なめてはいけないのである。

それだけじゃないけれど

今日はまた別のJCたちと会った。
ばったりじゃなくて遊びに来てくれた。


セーナはカメラ持参で、
記念撮影するとき、
ぼくの膝に乗ってくれた。

彼女は幼い頃、
いっつもぼくの膝に乗ってたけど、
中学生になっても乗ってくれるんだねぇ。
何だかちょっとうれしかったよ。

アミは変わらず天然ボケで、
カメラのシャッター押すだけでボケをかましてる。

スーハは
「毎日ブログ読んでるよ」
って、やばいな。
中学生に読まれてるんやったら、
あんまりアホなこと書いてられへん。
R12指定のブログにしなければ。


彼女たちは吹奏楽部。

「河童さん、
 3月28日に演奏会あるねん。
 見に来て~!」

ごめーん。
行きたいけど、
その頃はきっと鳩間にいるよ。
是非、次の演奏会に誘ってくれ!



いろんな中学生がいる。

それは中学生に限った話じゃないし、
ぼくが言うのは個性という意味でもないんだけど、
ひとりひとりにそれぞれの道がある。

自分で選ぶことのできる道もあれば、
自力ではどうしようもないこともある。

彼女たちの背中を見送りながら、
いろんなことを考えていた。


ぼくは彼女たちより40年以上も長い時間を過ごしてきた。

少なくとも自分で選ぶことのできた部分で、
ぼくは最前の選択をしてきたのかな?
もっと違う道はあったんじゃないのかな・・・・。

そんな検証もやりなおしもできないけど、
昨日の朝会った少女や、
今日訪ねてくれた少女たちがいるから、
ぼくの人生悪くなかったなと思える。

ありがと。
やっぱりあなたたちの方がぼくを支えてくれている。

きみの笑顔が

朝、出勤する道で、
ある女の子と出会った。

ぼくが自転車で出勤する道には、
その時間、まばらに中学生がいるんだけど、
明るく挨拶をしてくれる顔見知りがいたり、
ただ不機嫌そうに通りすがるだけの子がいたり。

その子と、
朝の道で出会ったことはなかったから、
あっちから歩いてくるあの子は、
どっちかな?

そう思いながら近づいていったんだけど、
彼女はずっとぼくに焦点を合わせてる。
それはわかるんだけど、
みんなおんなじ制服だし、
眼鏡かけてないし、
顔がわからない。

至近距離に入ってようやく、
彼女が誰なのかわかった。
同時に彼女の笑顔が見えた。


年末、
まだ中学1年生でしかない彼女とそのきょうだいたちを、
あまりに苛酷なできごとが襲った。

彼女には幼い弟たちもいるんだけど、
ある意味では、
彼女が一番辛いのかもしれないと思った。

少しは世の中のことも見えてくる時期だし、
かといって世の中に立ち向かう術も知らない。
ただ泣いていればいい歳でもない。

ぼくは何とか彼女を支えたいと願ったけれど、
ぼくなんかにできることなんか何もなかった。


今朝、
元々とってもシャイな彼女は、
ひと言も声を発しなかった。

けど彼女は、
懐かしいとさえ思える笑顔を、
ぼくにずっと向けていてくれた。
それは多分、
ぼくとばったり会って、
喜んでくれていた顔だと思う。
多分だけど。

予想外の事態に接して
ぼくはまぬけた声をかける。

どや? 元気にしてるか?
またメールくれよ!

って、
もうちょっと気の利いたこと言えんのか!

たった1秒ほどのすれ違いだった。

でも、
彼女は笑顔でぼくを包んでくれた。
彼女のために何もできなかったぼくを、
懐かしい笑顔で包んでくれた。


ぼくは1日中、
とっても元気だった。

うれしかったんだけどさぁ、
ぼくが彼女に支えてもらってどうする!


お詫びと訂正

大阪デイゴ情報の友人から、
ご指摘あり。

大阪のアメリカデイゴは、
確かに今、
色があせたような感じで、
花枝もひょろっとしてるらしいけど、
それは冬だからかもしれないし、
夏には見応えがあるのだそうだ、とのこと。

また、
このアメリカデイゴは長崎県の木に指定されているとのことで、
前回アメリカデイゴに対して「しょぼい」などと書きましたが、
長崎県民の皆さんに対しても、
アメリカデイゴに対しても、
失礼千万。

あぁ、
とっても配慮のない表現をしてしまいました。

心からお詫び申し上げ、
訂正させていただきます。

ごめんなさい!


成人式

img064-.jpg

とある地域の成人式に参加してきた。

今年度、29人の成人を祝うこの催しは、
飲食費も地元の人たちが廃品回収などで資金を集めるという、
完璧な手作り成人式。

今年で6回目になり、
ぼくはそのうち4回参加させてもらってるけど、
今日も若い成人たちと祝杯を挙げながら、
こっちがホクホクして元気もらった。

世間では成人の日の成人の振る舞いについて
いろいろ言われてるけど、
ここで会う子、いや成人たちは、
いつも素敵だ。


どうか地域の支えに感謝しつつ、
自分の頭で考え、
自分の脚で歩ける人になってください。

おめでとう!

寂しい

朝、
そーちゃんとこーちゃんとサッペが門司に帰る。
チッペもそーちゃん目当てに帰ってきてたんだけど、
一緒に家を出る
カッペは送っていく。

6人家族から一気にひとりになった。

いやぁ、
にぎやかだっただけに、
この喪失感はかなりのものだった。

正直、
落ち込むほど寂しかった。

また来てね~!

大阪デイゴは

大阪デイゴの情報をくれた友人から、
お詫びのメール。

簡単に言えばあれは誤情報で、
大阪南部の街路樹として植えられているのは、
アメリカデイゴだったとか。

同じデイゴだけど、
沖縄の県花のデイゴとは違って寒さに強く、
あの沖縄のデイゴとは花の色も形も違う。

ま、言ってしまえば「しょぼい」らしい。


あー、残念!
がっかりした。

かと言えばそうでもなかった。

むしろ、
ホッと安心したような気分。

それは多分、
大好きな沖縄のものが、
大阪くんだりに普通にあるという、
違和感から解放されたっていうことだと思う。

やっぱり沖縄のデイゴは、
沖縄にあるからいいのであって、
大阪なんぞにあってはいかん。

デイゴの紅が見たければ、
沖縄まで足を運ぶべきなのだ。


ということで、
ぼくは納得したんだけど、
大阪デイゴに夢を抱いた方には、
友人になりかわり、
誤情報をお詫び申し上げます。

よかったら一緒に、
沖縄のデイゴを見に行きましょう!

3人風呂

今日もこーちゃんをお風呂に入れた。

って、やっぱりまだ独力じゃ無理みたいで、
こーちゃんは泣き出したが、
そーちゃんのアシストでことなきを得た。

という訳で今夜も男3人風呂。

バスタイム読書ができないのは寂しいけど、
3人風呂なんてできるのも束の間だから、
貴重だね。

ラ クカラーチャ

メグのグァテマラ行きが正式に決まった。

今夜はふたりで祝杯を挙げたんだけど、
ときどき行くウチナンチューのお店。

開店前に店を開けてくれたのはいいけど、
「とりあえずお茶でも飲んで」って、
あったかいさんぴん茶が出てくる。

とりあえず生でも呑ましてよ、
と思ったけど、
寒かったし、
いいね、あったかいさんぴん茶。


「何? どっか行っちゃうの?」
「うん、こいつ春からグァテマラへ行くの」
「グァテマラ? フルーツ?」
って、そらグァバじゃないのかマスター!

その横から、
いつもはおとなしい奥さんが、
「グァテマラですか?
 ジャイカか何かですか?」
と乗ってきて、
お祝いだと言って生ビールやらブリカマやら、
お店からプレゼントしてくれた。

ありがと!


ところでぼくは、
メグがあっちで子どもに日本語でも教えるのかと思ってたんだけど、
あちらの学校の先生に教え方を教えに行く仕事だと、
今日、初めて聞いた。

何やて?
お前が先生に教えるって!

それって、
グァテマラをバカにしてるんじゃないのか?
そんなんにお前を送るって日本の恥じゃないのか?
国際紛争になるんじゃないのか?

心配しつつ、
グァテマラの首都を訊いてみたら、
グァテマラシティーだと言う。

スペイン語圏のくせに
グァテマラシティーって、
ま、メキシコシティーもおんなじだけど、
国自体にやる気が感じられない。

って、
グァテマラの関係の人が読むことはないと思うけど、
もしいたらごめんなさい。

でも、
メグにはぴったりな国じゃないかと思った。

ぼくは多少、
少しだけ、
片言、
いえ、数語だけ、
スペイン語を知っているので、
メグに教えておいた。

かつてアメリカのサンディエゴに行ったとき、
アメリカのくせに町中の標識は全部スペイン語で、
ダウンタウンの安宿に交渉に行っても英語は全く通じなかった。

でも、
とりあえず、
アミーゴ!アミーゴ!で何とかなった。

そのような経験から、
この言葉だけは覚えておけ。

クカラーチャ。

沖縄ではトービーラー。

日本語で、
ゴキブリ。

知らないということ

年末の県知事の仰天会見を見たとき、
暗い気持ちになりながら、
反射的に思ったことがある。

これでまた、
「内地」の人間がアホなことを言い出すんじゃないか?


今日の夕刊の投書欄を読んで、
哀しいかな、
ぼくの想像が当たっていたことを知った。

「まず、沖縄の人間がはっきり基地反対の意志を示すべきではないか」

って、あんたは何様?
沖縄の基地問題は自己責任ってか?

福島に原発があるのも、
在日朝鮮人が日本に住んでいるのも、
全部当事者の責任か?


知らないっていうことはホントに怖い。

いえ、ぼくだって、
たまたま沖縄のことは多少知っているだけで、
他のことは全く知らないんだけど、
知らないという自覚もなく、
知ってる気になって発言してしまう人って、
ホントに怖い。

そういう人間が、
権力者にとっては一番美味しいんだよね。

そんな人間だけにはなりたくない。

寒ビール

寒い。
とっても寒い。

もういやだ。


夏、
仕事から帰って部屋に辿り着き、
缶ビールをカァーーッとあおるのが楽しみだったけど、
こんなに寒かったら、
凍えて帰ってそんなこと・・・・、
している。

帰ったらとりあえず呑むという夏の悪癖を、
まるで使命のように遵守し続けている。

それなら燗酒にしたらとのご意見もあろうが、
そんなこと疲れて帰ってきてるのにめんどくさい。

じゃ、焼酎か泡盛を常温でというムキもあろうが、
それだと晩ご飯までにできあがってしまう。

とにかく帰ったら、
手軽にアルコールを摂取したい。

って、要するに、
沖縄で言うところの「びーちゃー」、
つまり飲んだくれなのである。

因みに沖縄では、
度外れた飲んだくれのことを
「やぶれびーちゃー」と言う。

既に破れて久しい。

大阪デイゴ

友人から、
大阪にデイゴの街路樹があるという情報を得た。
夏には満開になるのだと。

え?!
デイゴって大阪でも生きてるのか?

教えて貰った場所は
大阪府でも和歌山に近い南寄りだけど、
ぼくの住んでいる大阪市内と
そうそう気温が変わる訳でもない。

今日だってこんなに寒いんだぞ。
零度になるんだぞ。

大丈夫なのかデイゴ?

調べてみたらやっぱり、
日本では沖縄が北限って書いてあるじゃないか。

掟破りのデイゴじゃないのか?
これは夏になったら見に行かなければならない。
自転車飛ばすにはちょっと遠いけど。


しかし、
街路樹というのだから公共事業なんだろうし、
最初に植樹するとき、
成功する確信はあったんだろうか?
一体何年前に誰がそんなこと考えたのか、
興味深い。

ぼく同様、
やたらに沖縄好きな人が、
クビを覚悟で上司を騙して企画を通した、
なんて謂われがあったらおもしろいな。

ぼくにはそんな度胸はないけど。


ぼくのオッティー



ブログ初登場ってことで、
こーちゃん行きます。

昨年8月10日、
鳩間の日に生まれたこーちゃん。

頭の天辺に毛が生えてなくて、
両脇にばっかり生えるもんだから落ち武者みたいで、
ぼくはオッティーって呼んでたんだけど、
ようやく天辺にも毛が生えてきた。

今、可愛さ全開!

そーちゃん共々よろしく!


因みにオッティーって、
落ち武者のオチと、
マリーン・オッティーとをかけている。

マリーン・オッティーって、
女子短距離界では
世界的に有名なアスリートなんだよ。

長年超一流でいながら世界一になれない、
ブロンズメダルコレクターとして有名なんだけど、
ぼくは好きなんだな。

男同士

今夜はカッペが新年会に出かけたので、
孫守りの比重は重くなり、
そーちゃんとお風呂に入ることになったんだけど、
サッペったら、
「こーちゃんも入れてくれる?」

って、
前にこーちゃんと入ったときはギャン泣きされたやんか。
あのときは参ったで。

でも、
今日はお大好きな兄ちゃんが一緒。
こーちゃんもかなりぼくを認知してきたようだし、
終始ご機嫌さんで、
頭からシャワーかけても泣かなかった。
長いお風呂になった。

3人で湯船につかったら、
何かほのぼのといいもんだねぇ。

3人風呂って、
チッペ・サッペが小さかった頃以来だろうか?

きっといい光景だったのだと思う。
サッペが写真撮りに来てた。

年賀状はお早めに

午前中、
そーちゃんたちと公園へ行くついでに勝ってきた年賀葉書2枚。

夕方、
そーちゃんとポストまで出しに行って、
帰ってきて郵便受けを見たら、
また年賀状の束。

へぇ。
日曜日も配達するんだ。
ありがたいけど、
大変だね日本郵便。

そして、
恐る恐る束を繰っていくと、
あぁ・・・・。

また1枚、
出してない友人からお年賀が。

うれしいお年賀だったけど、
出すならもうちょっと早う出さんかい!

あんたのお姉ちゃんからお年賀は、
昨日着いてたがな。

同居してる姉妹なら一緒に書かんかい!


うーん、
悪いけどあと1枚、、
これも明日買いに行くことにしよっと。

のどかなお皿の上で

さっき、
そーちゃんたちと一緒に公園まで遊びに行ってきた。

そこはお皿公園と言って、
コンクリートの山が天辺からお皿型にえぐられていて、
自由に滑り降りるタイプの遊具がある。

今日もたくさんの小さな子たちが、
登ったり滑ったり転んだりして遊んでる。

そーちゃんも加わった。

で、腹這いで滑り落ちたとき、
下にいた同い年くらいの女の子の足をすくう形になり、
女の子はそーちゃんの上に転んだ。

次の瞬間、
その子は起きあがるや否や、
何が起こったのかわからないそーちゃんの背中を
何度もグーで叩いて怒った。

あまりに鮮やかな報復攻撃にあ然。

そばに高年の母親がいたのでぼくが詫び、
それからそーちゃんも「ごめんなさい」と。

母親はそれには全く応えず、
自分の子を慰めている。

「いいのよ、あれは叩いてもいいの」

また、あ然。

あの鮮やかな報復攻撃は、
この母親が育んだものなのだろう。

この母親に育てられるこの子は
この先どんな人間になっていくのだろう?
あまりいい将来は想像できないな。

でも母親のこの先は容易に想像できる。
先生や周りの保護者に迷惑をかけ続ける、
モンスターになるのだろう。

こういう親が、
ホントに増えてきたよなぁ。
いやだねぇ・・・・。

年賀葉書

全国2500万の河童の年賀状ファンの皆さん、
今年の「作品」は如何でしたでしょうか?

実はお送りした賀状には、
一カ所ミスがあったんですけど、
お気づきになりました?

大量印刷してから気づいたんで、
この日記に掲載した画像は修正済みなんですけど。


さて、
年賀葉書を何枚用意しておくかというのは
大変読みの難しい問題で、
多すぎても少なくても困る。

今年はいい読みだったんですよね。
ほぼ完璧な読みだと喜んでたら、
昨日配達分でたった1枚、足りなかった。
うー悔しい。

1枚印刷ミスをしたのがあったから、
それさえなければパーフェクトだったのに・・・・。


しかし、1枚足りないってのはどうだ?

今日は「郵便局」も休みだし、
どこで無地の年賀葉書を買えばいいんだ?

本局に行けば買えるんだろうけどちょっと遠くて、
天気も悪いし、
昨夜呑みすぎたので、
腰が重くて上がらない。

夕方、
やさしいカッペがコンビニを回って、
1枚ゲットしてきてくれた。

ありがとう!

って、
カッペが帰ってきたときに今日の配達分が届いていて、
恐る恐る見ていくと、
あぁ!

出してない人からまた2枚来てた。

うーん、
もう暗かったし、
「明日買いに行くか・・・・」

百人一首

32万分の5人目がチッペだった。

チッペは帰省の予定などなかったんだけど、
そーちゃん・こーちゃんが来るならと食いついてきて、
茨城にあるタッキーの実家から、
急遽、飛んで帰って・・・・来るつもりだったのに、
新幹線大混乱のおかげで飛べなかった。

着いたのは9時を回ってた。

でも、
お姉ちゃん(チッペはおばちゃんとは呼ばせない)が大好きなそーちゃんも、
頑張って起きて待ってた。

それからまた呑み会が始まり、
そーちゃんが寝た後は、
正月らしく百人一首大会に。

実はぼくは百人一首の百首を全部暗記しているのがプチ自慢である。

チッペは小学生の頃から百人一首の猛者で、
低学年の頃はぼくが楽勝していたが、
やがて手も足も出なくなった。

河童家では百人一首大会が正月の恒例行事だったのである。



昨夜も、「やろう!」とチッペが提案。
意外にもしんちゃんが乗った。

河童父娘に挑むなど身の程も知らぬヤツ。

と、思ったが、
何としんちゃんも小学生だったか高校生だったかのときに、
北九州大会だったか何だったかに出場した猛者だったらしい。

まずはチッペvsしんちゃん。
読み手はぼく。

チッペの圧勝だった。
チッペはこれを味わいたかったんだろう。

満足したのか、
ぼくにしんちゃんと戦えと言う。

しかし言い訳をすればぼくは既に泥酔してた。
上の句を聞いても下の句がなかなか出てこないし、
トシのせいで、
目が遅い。

しんちゃん優勢。
やばい!

何とか追い上げて、
最後の1枚は
「大江山~」
「はいっ!!!」
とカルタクイーンを気取って札を飛ばす。

その1枚で、
1枚差で、
勝ったぁ!

実は、
読み上げる片手間にぼくたちが見つけられない札をとっていたチッペが、
かなり迫ってきてたんだけど。


そんな訳で、
3時前まで大騒ぎをした、
河童家のめでたいお正月なのであった。

いやいや、楽しかったねぇ。

32万分の4

今朝の新聞の1面トップになるほど、
昨日、新幹線は大混乱したようだけど、
その影響を喰らった32万人のうちの4人が、
サッペ一家だった。

北九州から大阪まで、
幼子ふたりを抱えての、
文字通り足の踏み場もない超満員列車って、
想像するだに恐ろしい。

予定を大幅に遅れて、
そーちゃん・こーちゃん到着。
父母の愛に守られたふたりは元気だった。


遅いお昼を終えたら一緒に公園へ遊びに行き、
昨日からの約束通り、
そーちゃんとお風呂に入った。

夫婦ふたりも悪くはないんだけど、
やっぱり正月はにぎやかなのがいいねぇ。

ご苦労様。
ようこそ、大阪へ!


キーボードその後

そうそう、
年末はいろいろあって、
キーボードのその後を書くの忘れてた。

結論から言うと、
あのキーボードくんが完治することはなかった。

ほとんど快復したんだけど、
やっぱりEのキーがダメなままだった。

人間なら、
よくぞここまでと言うか、
「障害」があったってちゃんと社会貢献できるんだけど、
完全でないキーボードなど、
気の毒だけど生きていく道はないのであった。

ということで、
年末、新しいワイヤレスキーボードを購入した次第。

でももちろん、
あのキーボードくんは納戸にしまってあるよ。

いつかひっぱりだしてきて試してみたとき、
もしかしたら、おぉ!!!ってことも
あるかもしれないからね。

そんなことになったら感動しちゃうんだろうな。

それまではゆっくりしてくれ、
キーボードくん。


1日1歩3日で3歩

普段いつもスマホをポケットに入れてる訳じゃないし、
今まで使わなかったんだけど、
年末にスマホで万歩計してみた。

家でもやっぱり持ち歩いてる訳じゃないし、
ホントはもっとあるいてるんだけど、
とりあえず3日間とも、
2000歩にも届かなかった。

そんなに歩いてませんか・・・・。


ひとり宮古島の離島で年を越したことは数年前にあるけど、
カッペとふたりきりの元旦ってのは初めてかな。

昼から酒というのは
休みの日にしょっちゅうやってる飲み助だけど、
さすがに朝からっていうのはない。

朝から呑めるのがお正月の唯一いいとこだけど、
他にすることもないよね。

出してない人から届いた年賀状、
20枚ほどを書いて投函したら、
あとは特にすることもない。

父母の眠る近くのお寺まで新年の挨拶に出かけて、
歩数を見たら、
7000歩。

もうちょっと歩こか。

ふたりで長居公園まで散歩を続行し、
1万歩超えた。

「目標達成です」
なんてメッセージが来て、
誰がそんな目標を設定したか!
と、ツッコミながらもちょっとほめられた気分。

休みの間だけでも万歩しようかな。

船が出るぞ~!

毎朝、
石垣の安栄観光から運行状況のメールが届くんだけど、
元旦の今日、
石垣から鳩間に向かって、
12月14日以来の船が出たみたい。

18日間の欠航。

冬場の鳩間航路はすぐ欠航するけど、
18日間って記録的じゃないか?

郵便は西表からの郵便船が何とかするんだけど、
新聞は勿論、
いろんな生活物資が船で届くんだから、
鳩間の皆さんはとっても不自由したんだろうな。


八重山の島々を橋でつなぐという、
大胆と言いうか冗談と言うか、
そんな話は前からちらちら聞こえていて、
それはあかんやろ!って、
無責任な観光客は思うんだけど、
島で生活する人のことを考えたら、
とんでもない話ではないんだよね。
うーん・・・・。


それにしても、
18日も欠航して元旦に復活ってのは、
めでたいのか皮肉なのか、
溜まってた物資は届くんだろうけど、
お客も来ないし、
島の人も出ないよねぇ。

乗客はいたんだろうか?

ニューイヤー!

いい年明けをお迎えですか?
ぼくはのんびり過ごしてます。

正月の夜と言えば、
ウィーンフィルのニューイヤーコンサート。

大好きなので今、聞きながら書いてるんだけど、
今年はえらく舞台が華やかだな。

こんなの見たことない。
バラでデコられてるよ。

ちょっと違和感あるけど、
いやいや、
これもいいもんですな。

今年のマエストロはもうひとつだけど、
それでも、
厚みがある(気がする)。

って、
こんなのに喜んでるのは、
ぼくの場合いかにもプチブル趣味だと思うし、
こんな文化を育んだヨーロッパは、
どれだけ格差社会だったんだろうって、
いっつも思うんだけど、
詳しいこと分からないんでほっとこう。

コンサートの中継にはいつも
国立バレエ団の舞いがインサートされるけど、
今年はこれも見慣れないシーン。

チェックのミニスカート姿で踊ってる。

下世話なぼくは思わずAKBを連想する。

まさかウィーンにまで、
AKBの影響が及んでるんじゃないだろうな。


お、来たね。
『美しく青きドナウ』

すばらし。
オーストリア万歳!

って、ぼくは、
アメリカ人が作った、
映画『2001年宇宙の旅』のシーンを思い浮かべてる。

アーサー・C・クラークと
スタンリー・キューブリックも万歳!

あぁ、いいなぁ。

でもバレエのお姉さん、
午年なのにまだら牛みたいなドレスだよ。


もうすぐフィナーレだ。
『ラデツキー』が楽しみだね。

あけましておめでとうございます!

img063.jpg

あけましておめでとうございます!

clip_0001.jpg

clip_0001.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP