FC2ブログ

プロフィール

河童

Author:河童
コメントをお待ちしています!

カテゴリ

あなたは何人目?

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

新インフル イズ カミン トゥ タウン

新型インフルエンザって、
全く他人事やってんけど、
だんだん近づいてきて、
いきなりど真ん中に放り込まれた感じ。
もしかしたらぼくももう感染してるかもわからん。

これがエボラ出血熱とかとんでもない病気やったら
自分も含めてパニックになってるんやろなぁ。
あっちこっちで人が血ぃ吹きながら倒れ出すって、
もろに『20世紀少年』やがな。

しかし、
コミックと違って現実世界。
死者が続出してる訳じゃないけども、
これで関西の経済は本当に破綻してしまうかもしれんし、
ホンマに首くくらなアカン人もいっぱいおると思う。

ぼくも他人事やったからえらそうなこと言えんけど、
政府も東京マスコミも、
相変わらず地方のことは他人事やねぇ。

14年前、
「もしこんな地震が首都圏で起こっていたらと思うとゾッとします」
なんて
思わずとんでもない本音を吐いたアナウンサーがおったけど、
それとおんなじニュアンスが、
コメントのあちこちに顔を出している。

そんな状況に腹を立ててメールをくれる首都圏の友人は、
やっぱり八重山つながりのヤツ。

ともあれ、
みなさん、お大事に。



スポンサーサイト



南沙織

彼女が大ブームだった頃、
ぼくは高校生だった。

当時の高校生で少しでも知性のあるヤツには、
(ウソウソ!)
少しでもひねくれてたヤツには、
アイドル歌手に騒ぐなどという
恥ずかしい行為は赦されなかった。
ぼくは隠れ切支丹のように、
「隠れシンシアン」だった。

彼女の引退から30年余り。
もうシンシアというクリスチャンネームどころか、
彼女の名前さえ知らない人ばっかりだよねぇ。

先日、ひょんなことから
you tubeで彼女に再会してしまった。
かーーわーーいーーーーっ!!!

はまった。
40年ぶりにまた恋をした。
って、
この歳になると危ないロリコンでんなぁ。

大丈夫。
ただただ可愛いと思うだけで・・・・
って言い訳はともかく、
あ、懐かしい!と思った人はどうぞ。
誰それ?と思った人もどうぞ。
     ↓
http://www.youtube.com/watch?v=9pb0DwpVH7g

ひと月早い父の日

昨日は、
名古屋から1日だけ帰ってきていたチッペと、
近所の店へお好み焼きを食べに行った。
チッペが子どもの頃によく行った店だ。

あれこれ語り合いながら、
昼間からのんびり呑んで
ふたりともほろ酔いのいい気分になった。
そろそろチッペも結婚しそうやなぁ。

夕方、
チッペは名古屋に戻っていき、
外出していたカッペとサッペが帰ってきた。
サッペは早くも初の里帰り中。

夜、サッペに誘われて散歩に出た。
これまたあれこれと語り合いながら、
夜の長居公園を歩いた。

ふたりの娘とそれぞれにデートした1日。
同じ娘でも全く違うもんやなぁ。
改めてそんなあたりまえのことを
しみじみ感じた1日。

幸せな父親だと思う。

謎の納棺夫日記

えっ?
『納棺夫日記』?

あの、
話題作『おくりびと』のもとになった本だよね?
その『納棺夫日記』が本棚の奥にあった。

文庫本なんかは二重に並べてあるものだから、
たまたま前列の本を動かしてみたら
後列に『納棺夫日記』がいたという訳。
そこに多分、十数年は眠っていた。

そう言えば新聞の書評を読んで購入したような・・・・。
けど内容なんか全く覚えてないし、
『おくりびと』が話題になったときにも思い出すことはなかった。

同じ本に接してもモックンとは随分違うんだねぇ、
儲け損なったと自嘲しながら、
表紙を開いてまたも、えっ!

そこには筆者のサインと落款!
これって結構レア?
ネットオークションもの?
って、そんな話とちゃうがな!

サインをもらった経験なんて、
53年の生涯でも2回だけ。
『ねむの木の詩』の試写会場で出会った憧れの宮城まり子さんと、
たまたま居酒屋で同席した現役横綱時代の北の湖さんと。
どちらも30年以上も前の話。

読んだことを忘れて同じ本を買ったことは何度かあるけど、
サインまで入ってるのを覚えてないってどういうこと?

まだおくられるまでにはちょっと間があると思うんだけど、
アルコールによる脳の損傷はかなりやばいな。

| ホーム |


 BLOG TOP